FC2ブログ

秋のきのこ

18日(木)はワサビ・エリシで作りました。
IMG_1119.jpg

『ビーズで楽しむオヤのアクセサリー』のために考えた”きのこ”モチーフ。
生み出すための試作に次ぐ試作の苦労はなんだったのか、と思うほど意外に簡単。
早い方はこのブローチを1時間かからずに作ってしまいます。

きのこができると、笑顔で「可愛い!」と言っていただけるので、苦労は充分報われています。
この反応を真近に見られるので、講習は嬉しい、楽しい!

作るのは簡単でも、多種類の材料を揃えるのは大変。
IMG_1128.jpg
(見えないけれど乳白色のニットリングも入っています)

特にこのブローチピンはトルコに行かないとない。(エミノニュの問屋さんで買ってきてしまったので、トルコにも今はないかも)
来週24日(水)10時半から、ワサビ・エリシのお教室はまだ空いていますよ〜。

なお、来月は11/15(木)
ヘリンボーンのブレスレット
ヘリンボーンブレスレット
『ビーズで楽しむオヤのアクセサリー』作品をシックにアレンジ。

11/28日(水)
”ミモザ”のブレスレット
IMG_1118.jpg
”ミモザ”は『ビーズの縁飾り2』に載せたモチーフ。
糸はメタリック風のパトラを使用して、2連のブレスレットにします。
以前、ヴォーグ学園で講習して、とても好評だったアイテムです。

お申し込みは
ワサビ・エリシのボンジュッックオヤ教室

19日(金)は阿佐ヶ谷自宅クラスでも作りました。
IMG_1123.jpg

本日、私のジャケットにも
IMG_1125.jpg

金曜夜のティータイムには十八番の阿佐ヶ谷アシュレ。
残ったので、今朝の私の朝食は↓
IMG_1126.jpg
ミックスナッツに松の実を足してトッピングしました。
お砂糖は入れなくても充分美味しいことがわかったので、ナチュラルな健康食です。


スポンサーサイト

  1. 2018/10/20(土) 19:08:59|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トルコオヤ旅−19

いよいよ帰国の日。飛行機は深夜便なので丸一日楽しめます。
ベヤジットで吸い込まれた路地
IMG_0998.jpg

オスマントルコ柄のシルクスカーフや現代風デザインのパシュミナなど、上質のスカーフ専門店で、次々とモデルになって説明してくれたTURANさん。
IMG_1004.jpg IMG_1006.jpg

ブルサの繭からとれるシルク糸を手織りしてる、染料は自然の植物から、など、なんとなく言いたいことが判るので、彼も上機嫌。説明も聞かないで高い!と帰ってしまう客が多いけれど、貴女は手づくりの大変さや良さが判ってくれる。だから特別に安くする、ですって。
「この手触りのよさ、巻いてみて。どお?幸せでしょ? 幸せはお金にかえられないよ」
特別かどうか判りませんが、日本と比較したら絶対に安いから、つい、お金と代えてしまいました。
東京も寒くなってきました。いよいよスカーフやストールの出番ですね!

朝から晩まで編んでいた清水さんの「アンネの日記」や、ネコと見るや笑顔で構う「クマのネコ遊び」なども書くつもりでしたが、明日から平常の講習が始まります。ひとまずトルコオヤ旅日記を終えます。
書ききれない、書いてはいけないハプニング等は、お目にかかったときの土産話に。
ブログを読んでくださっているみなさま、一緒に旅していただいてありがとうございました。



  1. 2018/10/17(水) 19:03:49|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トルコオヤ旅−18

新市街の中心地、タクシム広場
IMG_0978.jpg

その向かいに2012年から新しい巨大モスクを(今の政府が)建設中。
IMG_0977.jpg
広い敷地に35000人を収容する礼拝堂のほか、イスラム美術館や図書館などもできるという。
建設費は約77億円で、「必要ない・政教分離に反する」と批判する人、女性建築家による「女性に優しい(託児所がある等)新しいスタイルのモスクだ」と肯定する人に世論は二分されているらしい。
タクシムはバスやメトロ、ケーブルなどの発着所。完成したら新名所になることは確かでしょう。

イスティクラル通りを買い物やネコに構いながら歩き
テュネルに乗り
IMG_0932.jpg

フェリーにも乗り
IMG_0936.jpg
約20分でボスフォラス海峡を渡ります。

アジア側のカドキョイに
IMG_0938.jpg
以前にも智子さんやクマさんと行ったことのある手芸屋さんで刺しゅうの本を買い、スカーフと布地の店でそれぞれがまた荷物を増やしました。





  1. 2018/10/15(月) 21:02:48|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トルコオヤ旅−17

お知らせ
10月の講習は
18日(木)ワサビ・エリシ 「きのこのブローチ」
19日(金)阿佐ヶ谷自宅教室
22日(月)ヴォーグ学園東京校 「ヘリンボーンのブレスレット」
23日(火)新宿トルコ文化センター 「ウェイブのラリエット」
24日(水)ワサビ・エリシ 「きのこのブローチ」
27日(土)ヴォーグ学園横浜校 「ヘリンボーンのブレスレット」
      新宿トルコ文化センター 「きのこのブローチ」

どちらも(自宅は除く)残席が少しあるようです。18日はあと1名。
ヴォーグ東京校の方は日にちを間違えないようにご注意ください。

糸やビーズを取り寄せ、小巻にしたり数えたり、、、こつこつと材料セットを作っています。
昨日はパーツなどの足りないものを購入しに浅草橋へ。
用事が済むと自然とギャラリーtに足が向いてしまいます。

ギャラリーでは本日から1週間開催されるイベントの準備中でした。
(株)マガジンランド主催の「手しごとを楽しむ」
8705904107532.jpg

投票箱が見えます。
8705904073726.jpg

羊毛フェルト、刺しゅう、編み物、ソーイング、クラフトなどの部門に応募された作品群の中から、1次審査を通過したものが展示されています。
私たちのような手づくり好きの一般来場者が公平に審査投票し、最終日(20日)に結果発表、表彰される仕組みとか。
かわいい、アイデア溢れた作品を拝見するのも刺激的で楽しみだけれど、私がちょっと気になったのは「お楽しみ福袋」。いろいろな手芸の道具や材料がミックスされているようです。見えないから買いたくなる。福袋って不思議。
「浅草橋にお出かけの折りには是非お立ちよりください」・・・ギャラリーtの木内さんより伝言です。

***オヤ旅−17***

イスタンブールでは、以前にも泊った旧市街のバリンブティックホテルに。
徒歩でグランバザールやブルーモスクに行け、すぐそばのベヤジット駅からトラム(トラムヴァイ)を使えばシルケジやエミノニュへも簡単。ガラタ橋を渡って新市街のカバタシまで行けます。
スーパーマーケット「ミグロス」は、「サー、サー、ヒュ!」と指を曲げて教えてもらいました。
サーはトルコ語で右。つまり右に行って次をまた右に。ヒュはトルコ語ではありませんが、坂をヒュッと上がればありました。
ミグロスで食料(ビールを含む)を購入し、5人が一部屋に集まってチャイを淹れ、炒ったひよこ豆やドライイチジクにクルミを挟んで食べだり、果物をむいたり。
食べてしゃべって笑って、まるで半世紀前(!)に経験した合宿のような夕食も良い思い出に。
炒ったひよこ豆はレブレビと言い、ビーズの縁飾り2で紹介した”こんぺいとう”のモチーフ名にもなっています。

グランバザール内のトルコランプの店
IMG_0843.jpg
今後の展示会ではここのランプが彩りを添えることでしょう。

隣のロクム屋さん
IMG_0848.jpg
お兄さんはさすが客あしらいが上手。
ランプ屋の外で待っていた私は椅子を勧められ(疲れていたから嬉しい)、チャイをいただき(喉が渇いていたのでご馳走さま)、次々と試食させられ(どれも美味しい)、と、思いのほかたくさん購入してしまいました。
まあ、ますます重くなったけれど、これも旅の楽しみ。


  1. 2018/10/13(土) 12:06:29|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トルコオヤ旅−16

アンネの幸せな笑顔が見たくて毛糸の問屋街に。
イスタンブール在住の智子さんは、お店から編みぐるみを頼まれるほどのニット好き&手芸好きなのでこの界隈はとても詳しい。

IMG_0837.jpg
2階の回廊の一周ぐるっと毛糸屋さん。

IMG_0818.jpg

スイカのような大玉は持ちきれないので小巻にしてもらう。
IMG_0831.jpg

クマさんが嬉しそうに触っている手触りの良いのは
IMG_0822.jpg

IMG_0824.jpg
本物の子ネコ

因に日本の”あみぐるみ”はトルコでもそのまま通用しています。
IMG_0826.jpg
アメリカ、フランス、ロシアなどではどうでしょうか。






  1. 2018/10/11(木) 10:42:20|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ