ペットボトルカバー

最近、私が外出時に持参するペットボトルには青いカバー。
清水さんが編んでくださったものです。
ペットボトル
それを見て「部活に持って行きたい」と高校生の孫娘、「ジムに持って行く」と隣に住む義姉が言うので、好きな色を伝えて編んでいただきました。
上の写真の3つは、友人にお嫁入りが決まっています。

新宿にあるトルコ文化センターで1月から始まった清水芳子さんのニット教室。
先月は人気のリフ編みでしたが、今月のアイテムはペットボトルカバー。
短いサイズのペットボトルカバーや、小さなポーチ、小もの入れを編んでも良いそうです。
可愛いチューリップ柄を編み込むとのこと。チューリップはトルコの国花なのです。

28053122_1229932390473366_1804448861_n.jpg

28001016_1229932257140046_1030451538_n.jpg
トルコ文化センター(03-5909-4023)は、まだ席に余裕があります。

*****
清水さんから「ライブハウスでニットカフェ」のお知らせ。
日時:2月19日(月)14:30〜16:30
場所:曙橋コタン
参加費:2,500円(1ドリンク付き)
編物よろず相談、編みかけ持ち込みOK ですが、特にない場合はビーズを編み込んだ人気のペットボトルカバー(材料費¥1,000)を作ります。5号かぎ針をご持参ください。
申し込み先:清水芳子
si-my.1284@ozzio.jp

28054437_1229934647139807_249828032_n.jpg

曙橋コタンは↓
20180214195505.jpg
ランチもおいしいですよ!

スポンサーサイト

  1. 2018/02/14(水) 21:06:10|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

さくら染展のお知らせ

昨年末、アトリエYARNの七字良枝先生からオヤのワークショップオファーをいただきました。
先生がが好んで作られる大自然の植物からいただく草木染の、優しく美しい色にはいつも癒されています。
媒染の違いによってバリエーションを作ったり、染める素材によって色の違いを見せたり。
その研究熱心さと丁寧な手仕事に加えて、展示会やワークショップを開催されるなどのアクティブな行動力には、常日頃敬服しています。
先生とは10年来のお友達。コラボできれば幸いと承諾しました。

以前、先生のブログで、桜の花が咲く前の枝を煮出して色を採る過程を知りました。
桜は咲いて良し、散って良し、格別日本人の心を揺さぶりますが、咲く前の枝にあの美しい色素が含まれているのですね。

さっそく、さくら染のシルク糸を送っていただきました。
20180212_132411.jpg
優しいきれいな色!!
でも、いつも私たちが使っているレース糸よりも太く、撚りが甘い。
正直、「はて、どうしたものか」と悩みました。
花のモチーフも考えましたが大味になりそう。
ミニスカーフのワンコーナーにビーズを編みつけるのはいかが?と提案しました。
このアイテムは私たちの講習会やヴォーグのプレミアムで好評。作って愛用されている方がたくさんいらしゃるので実績があります。
快く、シルクのミニスカーフをライムの葉で染めてくださいました。
糸の太さから考えると丸大ビーズなのですが、軽やかさを重視したいので、内角金ビーズを編み込みました。
さくら染め展七宝レース
当日はさくら染のミニスカーフとお好きな色を選べるようになるとのこと。

こうして参加することが決まった展示会は↓
656fdd85.jpg
私たちは4月1日(日)13:00〜15:00に行います。
講習費:¥5,500(スカーフ・材料込み)
8号レース針使用。

もちろんさくら染の体験ワークショップもあります。
fd3a07ea.jpg

さくら染の糸を使ったヘアーピン編み、組紐、シーティング編みのワークショップも開かれます。
先着順だそうです。詳しくは七字良枝さんのブログ
atelier-yarn.livedoor.biz
をご覧ください。

お問い合わせ、お申し込みはアトリエYARNまでお願いします。
TEL  0480-23-1496
E-メール info@atelier-yarn.com



  1. 2018/02/12(月) 16:01:59|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2月は蟄居

東京もあれだけの雪で大混乱でしたから、雪国はさぞかしご苦労されていることと思います。
気をつけてお過ごしください。
私も転んだり風邪をひいたりしたら大変、と、できるだけ外出を控えようと思います。
幸い早期発見の0期の乳癌で、簡単に部分切除ですむ運びとなりました。
本当は講習を入れていない2月の前半にさっさと治してしまおうと心づもりしていたのですが、大病院相手ではそうもいかず、後半に組み入れられました。
すぐ手術!とならなかったのは幸いと思って、のんびり構えることにします。

ワサビ・エリシ、トルコ文化センター、阿佐ヶ谷教室は2月はお休みさせていただきます。
前回も書きましたが、24日のヴォーグ学園横浜校はクマさんがいるから大丈夫です。(東京校はもともとお休み)

3月には復帰できる目途がついたので、さっそくワサビ・エリシさんに申し込み受け付けを始めていただきました。
(03-6379-2590) 
3/15(木)、3/28(水)
どちらも以下のネックレスを作ります。
ご参加、お待ちしております。
20180207_102418-1.jpg

春に単発で依頼されている講習も受けています。
春らしい見本もできているので、発表許可がでたら、ブログでご紹介しますね。

最近の病院は心のケアもしてくれます。
「悩みや心配事はありませんか?」「食欲は落ちていませんか?」「眠れていますか?」「気晴らしの趣味はありますか?」など。
私はもちろんどれも大丈夫。気晴らしの趣味のない方がいらしたらオヤを教えてあげたい(笑)



  1. 2018/02/07(水) 14:01:41|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リフ編み人気

トルコの浴用タオル代わりのリフ。
編み方が面白いうえに、このフワフワとした編み地が暖かくて今の季節にピッタリ。
というわけで、人気沸騰中。

ヴォーグ学園のショップでリッチモアの毛糸を買うとつけていただける編み図で作られた方
20180115_104459.jpg

清水さんのリフ編み体験されて作られた方。毛糸は100均だそうです。
20180115_132523.jpg

私の自宅教室で清水さんから習われた方達も素敵なマフラー、ネックウォーマー、ティペットを作られてFBに次々とアップされています。

*****
一部の方達にはお話してご心配をおかけしている私の健康問題ですが、アチコチでいろいろ検査して次々とクリアー。
最小範囲の治療ですみそうです。
2月の、ペンディングしていただいている講習はまだ明言できないのですが、予定が組めるようになったら、すぐにお知らせします。
ただし、ヴォーグ学園はクマさんがいるので、大船に乗った気でどうぞご心配なく。
皆さまのあたたかいお言葉、応援、身にしみています。ありがとうございます。

検査入院中も編んでいました。
20180202_071633.jpg
これは背骨部分。2段目で変身します。
つくづく、手軽な楽しい趣味(仕事?)を持って幸せだと思っています。



  1. 2018/02/04(日) 16:45:07|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヴォーグ学園受け付け中

27日土曜日は朝からヴォーグ学園横浜校へ。
12月はお休みだったので、東京校より1アイテムずれて ”チューリップ”のフレームノートを作りました。
そのかわり、2月は東京校がお休み。
3月で足並みが揃い、4月から新学期が始まります。

ヴォーグ学園

トルコ人の講師によるオヤの講座(東京はイーネ・オヤ、横浜はトゥー・オヤ)も新設されましたよ。
本日22日から3月31日までにお申し込みの方は
「受講生10,000名達成記念 入学金無料キャンペーン」
の特典があるそうです。

私たちビーズの縁飾り研究会は、4月にアクセサリーの新刊本を出す予定。
4月からの講習は、その中から新モチーフを次々に講習する予定です。ご参加お待ちしています。

横浜でクマさんと昼食兼打ち合わせをし、新宿に戻って4時半から新宿トルコ文化センター。
”冬の星座”の続きを編み、土曜クラスの方も完成です!!
20180127_182235.jpg

***チェキ!***
いつも素敵なコーディネート。『ビー縁3』”はじけるしゃぼん玉”をネックレスに。
20180127_120029.jpg

『ビー編み1』”フルーツボール”は簡単に作れてさりげなく使えます。
20180127_120120.jpg

『ビー縁2』”春のミモザ”をパトラの糸で編んだブレスレット。
20180127_182620.jpg
講習では銀色の糸、ピンク系ビーズを入れましたが、テラコッタ色の糸で、さざれ石やパーツを自由に入れて楽しまれていました。



  1. 2018/01/29(月) 10:50:09|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ