トルコでの講習

エスキシェヒールの2日目は、こんなかわいい家の3階で講習会。
隣の部屋は、ラッピング、階下には、和とじ本や貝の根付のお教室。
エスキ4
展示の手際もよく、YさんSさんKさんと4人のチームワークもばっちり。
エスキ展示
ベリー3粒のストラップを講習しましたが、
きちんと時間で入れ替えなどできる訳もなく、門前に列ができても、持ち時間はなくなり、
最後まで待っていてくださった方には、デモンストレーションして我慢していただきました。
いざ材料を配ろうとしたら、トルコ用に90セット用意したベリーがすでになくなり、
あわてて、さやえんどうも編んでみせて、さやえんどうの材料を配り、フーッ
・・・もう何がなんだかてんてこ舞い。
ベリー3人
エスキ2
「ビーズの縁飾り」の本は、エスキシェヒールの図書館に寄付してきましたが、
その後、どなたか借りて編んでくださっているでしょうか。
エスキ3


スポンサーサイト

  1. 2011/02/28(月) 00:31:42|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

さやえんどう-2

去年の7月、文化交流の旅で、トルコのエスキシェヒールに行きました。

私が作るビーズの縁飾りは、日本の伝統文化ではなく、本来はトルコのもの。
書道や茶道、生け花などに混ざって講習して良いものか悩みましたが・・・

Vol.1で、ステッチで作った”唐辛子”を、クロッシェで作れないかと試行錯誤。
その中で、同時に生まれた”さやえんどう”。
日本生まれのオリジナルということで、まあいいか!という、
いつもながらの軽いノリ。・・・これが、民間交流の良いところです。

エスキシェヒール講習
とても熱心に見てくださり、楽しんで作っていただきました。
さやえんどう、トルコ さやえんどう、トルコ2



  1. 2011/02/24(木) 20:25:50|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

さやえんどう&唐辛子

2月の講習は、「ビーズの縁飾りVol.3」から”さやえんどう”のエコバッグでした。
2時間の講習時間内に、ほぼ、みなさんめでたく完成。
2010041703435602b[1]

以前”さやえんどう”の講習を受けてくださった2人には、
”ピリピリ唐辛子”を編んでいただきました。
”唐辛子”、編み方は”さやえんどう”と似ていますが、
SSさんがくださったコメントにあるように、2人とも意外に苦戦を。

豆は丸大ビーズで、ビーズ間にくさり編みが1目入ります。
これが糸の遊びとなって、ビーズ1個分の糸に長編み5目を入れるのは楽。
でも唐辛子は、{ビーズを入れるくさり}を連続7回編むので、
糸の遊びが全くありません。しかもビーズは丸小!
ビーズと糸の隙間にレース針を2回刺し入れるためには、多少ゆるめに編むのがコツ。
(あまりゆるいと、しまりのない唐辛子になるので、その兼ね合いを手で覚えてください)

唐辛子
               (biberは、唐辛子のトルコ語)

第3土曜日、アートブックショップ池袋での講習会レポートは、
こちらをご覧ください。
http://bloglivedoor.jp/artbookshopikebukuro/





  1. 2011/02/21(月) 21:00:37|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

冬の星座&すずらん-2

昨夜のプランタン講習には、期待通り、
SSさんが”冬の星座”のミニスカーフを着けてきてくれました。
スカーフはグレーで、ビーズは銀色。前述のYKさんとは色違いです。
冬の星座Sさん
さすが、若い方のコーディネイト!

裏話になりますが、”冬の星座”モチーフの、製作中の通り名は”蛍”でした。
本の中の、縁飾りを付けるアイテムは、ほとんどCRKのCさんが、
苦労して探してきます。
ページを組み立てるのもCさんが中心。(その後、みんなで何度も話し合いを重ねますが)
このモチーフは、秋冬物のベストに付け、冬のページに載ることになり、
名前の変更を余儀なくされて、蛍から星座に。

ちなみに、クマさんデザインの、”夏色のスカビオサ”や”虹のかけら”も
後付けネーミング。製作中の通り名は・・・
イメージを著しく壊すといけないので、ここでは言えません。
(クマさんが言いそうな事、当ててみてください)
なお、クマさんは冬眠しているのではなく、訳あって粘土と格闘中。
ブログを楽しみにしている方、もうちょっとだけ、お待ちくださいね。

”すずらん”を試作したときは、緑色の糸で白いビーズ。
誰が見ても、初めからデザインネームはすずらん。
AKさんは、春らしい色の”すずらん”を作ってくれました。
すずらんAKさん
お人柄通りの優しい色合い・・・ですよね!


  1. 2011/02/19(土) 23:01:54|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

冬の星座&すずらん

火曜日は、池袋コミュニティカレッジの定期講習でした。
先月の講習メイン作品は、”冬の星座”のミニスカーフ。
YKさんが、完成品を持ってきてくれました。
冬の星座Kさん
”フランボアーズ”や”小鳥”と同様、2辺だけに編みつけます。
初心者用の”フランボアーズ”材料と同じで、やはり4号レース針で編みますが、
見た目も編み方も、ちょっぴり複雑。

そして、サイドメニューに、”すずらん”を講習。
各自、好きな色の40番糸と丸大ビーズを用意してきていただき、
教室での時間内に、5cmくらい練習。

ダークブラウンのカーディガンにぐるっと縫い付けて、
見事な作品に仕上げてきてくれました! ステキですよねー。
すずらんKさん
袖口には、同じ材料で”野辺の花”の縁飾り。

明日は銀座プランタンでの講習会。
どなたか、完成品を持ってきてくださるでしょうか。楽しみです。
特に、”すずらん”は、糸やビーズの組み合わせも、
つけるアイテムもそれぞれ違うので、新しい発見ができそうです。



  1. 2011/02/17(木) 21:25:59|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

森の切り株-2

CRKデザインの事務所は、マンションの3階にあり、
自然光がよく入ります。
本格的なカメラがあり、人体があり、Cさんが居ます。

だから、作品を預けておくと・・・
Cさん、いつもご協力、ありがとうございます。

リネン1

親しくさせていただいている原宿のレースセンターで、
数年前に購入した、MI・YA・KO さんのリネンのブラウス。
好きで、よく着ていましたが、(暖かくなったら、また着ます)
「初めから縁飾りがついていたのかと思った」と、よく言われます。

リネン2
ネックまわりの青いテープは、初めからついていました。
それに合わせて、
オリムパス40番レース糸の813番に、トーホー丸小ビーズ917番を通し、
”森の切り株”を編み、テープに沿って縫い付けました。

リネン3

袖口にも切り株。ほらね!
リネン4




  1. 2011/02/14(月) 20:34:20|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

花盛りのボーダー

友人たちと、バザーのための手づくり会を、ほぼ月一で楽しんでいます。
今日がその日でしたが、奇しくも私の誕生日。
Oさん宅で、ピタリ賞ということで、みんながお祝いしてくれました。
いくつになっても、誕生日を祝ってもらうのは嬉しいものですねぇ。
ケーキ
はたと、ブログで公表するほどの年ではないことに気づき、
バームクーヘンで作ってくれたケーキの向きを変えましたが、ばれてる?

ボーダー
今日のMさんは、「ビーズの縁飾りVol.1」で紹介している
”花盛りのボーダー”をつけたカーディガンでお出まし。
写真が下手ですが、実物は、金色のビーズがきらきらしてきれい。

糸通しビーズの糸とレース糸を結んで、ビーズを全部レース糸に移したら、
編み方は簡単で、デザインは幅広く使えるモチーフとして、
私はよくこれをお勧めしています。
ビーズがよく映え、なにげなく使えて、私も活用。
白の六角ビーズと白糸でボーダーを編み、襟ぐりを飾った白いタンクトップが
特に気に入っています。

因みに、トルコでは、”ネズミの歯”という名前のモチーフ。(たしかに小さい歯並び)

Oさんが、同じモチーフで飾った傘を見せてくれました。
こちらは、ビーズ2色を使い、4個ずつ交互に通しています。
ボーダー2





  1. 2011/02/10(木) 20:20:47|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

セーターの縁飾り

私達がお世話になっている石本寛治さん・智恵子さんの
日本トルコ民間交流協会・創立18周年と、
石本氏が在トルコの日本大使館から贈られた「在外公館長賞」受賞の祝賀会が、
2月5日、盛大に行われました。

私は実行委員の一人として、裏方を担当。
”CRKのみんな”も、日本トルコ民間交流協会18年の歩みを
A3サイズ4枚にまとめたリーフレットを作ったり、
会場壁面にポスターや写真、オヤの展示をしたり、お手伝い。

おいしいトルコワインでの乾杯から始まり、
トルコ大使代理の方が、トルコ語でお祝いのスピーチを。
珍しいサズ(トルコの伝統楽器)の演奏や、
藤本すすむさんの作詞作曲による、石本さんに捧げる歌の披露、
文化交流の際のエピソードなど、楽しいスピーチもあり、
心温まるひとときでした。

私は残念ながら、写真を撮れなかったのですが、
CRKのブログで、その時の写真が見られるかも? クマさん!

-----
その数日前、友人の絵の展覧会に、同級生3人で行きました。
私と会うからと、2人とも自作の縁飾り服を着用。

Msセーター
「ビーズの縁飾りVol.1」から”木もれびの散歩道”を、
カーディガンの襟元に。
Mさんは、散歩道やベリーのラリエットをたくさん作り、
褒められるとプレゼントしてしまう気前の良さ。

Ksセーター
「ビーズの縁飾りVol.2」から”ミモザ”。袖口にもついていました。
Oさんは、昨年トルコで、私の講習のお手伝いをしてくれた友人。
ユニクロでセーターの色違いを数枚購入して縁飾りをつけ、
洗濯機でもザブザブ、惜しげなく着て楽しんでいるとか。


私ももちろん着て行きましたよ。名前がまだない新作です。
myブラウス



  1. 2011/02/07(月) 16:09:50|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大好きなイチゴ

もう、2月。朝晩は冷え冷えして、暖かな春が待ち遠しい毎日。
CRKのCさんにお願いして、春らしい写真を撮っていただきました。
イチゴびん2
何度も言いますが、透き通ったビーズは、光の下では特に美しいですねえ。

「ビーズの縁飾りVol.3」に掲載の”大好きなイチゴ”。
実の作り方は、Vol.1のベリーと同類ですが、ビーズの組み合わせを工夫。
イチゴの、逆三角形のような形にするために、
丸小ビーズの中に丸大ビーズを組み入れ、
つぶつぶを表現したくて、赤いビーズの中に黄緑も加えました。

イチゴは、エコールプランタン銀座で3月に講習予定。
”ビーズの縁飾り”の講習ですから、本来は長く作りたいところですが、
レース糸に4種のビーズを間違えないように通すだけで、
かなりの時間を要します。
2時間での講習は、イチゴ3個のブローチを作ります。
イチゴ2




  1. 2011/02/02(水) 11:26:25|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Profile

midori nishida

  • まとめ