トルコの靴下

トルコは編み物も盛んな国。
珍しいアンティークの靴下です。
トルコ靴下

石本さんのコレクションは刺しゅうとオヤに留まりません。
所狭しと飾られる(たぶん)絵皿やチャイセットなど、
小道具もお楽しみください。

スポンサーサイト

  1. 2012/10/29(月) 09:18:07|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

メキッキオヤ

メキッキとはタティングのことです。
メキッキ茶
メキッキ黒
石本さんが集められたオヤの中からメキッキだけを選んで
CRK・Eさんが展示会用にサンプラーを作ってくれました。
実物はもっとかわいいですよ。
タティングレースのご趣味があるお友達もお誘いください。


  1. 2012/10/25(木) 09:07:41|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

10月の講習

池袋のサンイデーは相変わらずの盛況で、嬉しい限りです。
DSCF4867.jpg

今回は、オリーブのブレスレット。
なんといっても、ミックスビーズが素敵な色合いです。
麻のエスコードの風合いも秋らしい。
その作りかけと来月のアイテム、デイジーのペンケースです。
DSCF4873.jpg
立体のオリーブに比べたら、デイジーはとても簡単です。
初めての方も是非どうぞ。

DSCF4869.jpg
Hさんが前々回の”こんぺいとう”のスカーフをしてきてくれました。
黒に金って、ゴージャスではありませんか?
急に肌寒くなってきたのでこれから出番が増えそう。





  1. 2012/10/22(月) 09:43:25|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トゥーオヤでもミッケ!

展示会の準備も大詰め。
石本夫妻とCRK・Cさんとで、いかに陳列したらスカーフのオヤがよく見えるかを研究しました。
DSCF4860.jpg
モチーフ別に分類したスカーフで、左がアーモンド、右はトウガラシです。
トウガラシは、夫に対して不満があるという意思表示。
日本もかつてはそうでしたが、夫や目上に物が言えない時代のことです。
お嫁入りにはトウガラシオヤのスカーフは必需品でした。

結婚したい娘たちは、アーモンドのスカーフを被って、好きな男性の前に行くのだそうです。
トウガラシは納得ですが、アーモンドはどうしてでしょうか?
実が固い?良い香りを連想?花が可愛いから? 

トゥーオヤのグループを整理していたら、またみつけてしまいました。
DSCF4863.jpg
そう、不完全な人間の証明印。
ブルーのオヤをすべてつけてから、ピンクのモチーフを編みこんでいます。
ボンジュックオヤとちがい、まさに取ってつけたような、この方法なら簡単ですね。


  1. 2012/10/20(土) 08:28:44|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ビーズレース

先日来編んでいた白いビーズレースを、タピスリーに仕立てました。
ビーズレース
女子美の展示会の、ビーズの縁飾りコーナーで展示します。

一番苦心したのはコレ↓
DSCF4833.jpg
展示の分類整理のためにお借りしていた石本さんのコレクションの中で、モチーフに一目惚れ。
編み方に何度もアタックして挫折を繰り返し、ようやく心を開いてくれたモチーフです。
ビーズ3個を足して尖らせました。
もとになるスカーフは展示させていただきますので、探してみてください。
もっと細い糸とビーズで美しいですよー。

トルコの本に「アタチュルクの花」というモチーフ名で写真が載っていたものはコレ↓
DSCF4835.jpg
中心に小さなプラスチックのリングを入れ、七宝編みを多用します。
アタチュルクとはトルコの父という意味で、本名はムスタファ・ケマル。
敬愛するこの方については、またの機会に。

↓コレは私のオリジナルで編み方はカンタン。
DSCF4828.jpg
気の早い友人が、さっそく替え衿を作ると張り切っています。
縁飾りにしてはビーズをたくさん使うから、トーホービーズさんは喜んでくださるかしら?

このタピスリーで使用した糸は、オリムパス金票40番レース糸の白のみ。
ビーズは121番だと白く、122番だと生成りっぽく見えます。

タピスリーの裾には「ビーズの縁飾りVol.1」で紹介したフリンジを、ビーズ数を増やして銀色でつけました。
DSCF4831.jpg
これもビーズがたくさん必要ですが、糸通し丸小ビーズは680個入りの1パックで180円前後。
手芸作品の材料費としてはかなり安い部類でしょう。
ダイソーでもレース糸(トルコ製の40番)やビーズを売っているので、編んでみてください。
(ただし、レース針だけは100均はお勧めしません)

「ビーズの縁飾り」の本は、展示期間中、女子美の購買部で販売していただくことになりました。
お持ちでない方は、是非この機会にお買い求めくださいませ。


  1. 2012/10/18(木) 10:25:55|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

展示会のチラシ

チラシ表B
↑チラシが完成しました。
石本さんのコレクションが素晴らしいのは言うまでもありませんが、CRK・Cさんがデザインし、プロカメラマンの大滝さんが写真を撮ってくれたので、素敵なチラシになりました。
裏面は↓
チラシ裏B

会場となる女子美ガレリアニケは、丸ノ内線東高円寺駅下車、徒歩8分です。
ニケって、私は知りませんでしたが、ギリシャ神話に出てくる羽のついた勝利の女神。
NHK朝ドラを見ている方、”社長”が待ち受け画面に入れたアレです。
展示会に来てくだされば、トルコの貴重なアンティーク刺繍や大量の美しいオヤ、ビーズの縁飾り作品とサンプラーの他、中庭にあるニケの彫刻像も見られるかも。(見学コースにしても良いか、聞いてみましょうか)

来週の講習会にはチラシを配らせていただきますが、ご入り用の方には郵送します。ご連絡ください。


  1. 2012/10/14(日) 22:06:40|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ビーズとケーキ

阿佐ヶ谷・ビーズとケーキの会、名付けてABCday。
ケーキを作り、ビーズの縁飾りを編み、出来たケーキを食べる会が定着してきました。
「”さくら”の巾着を作る」「秋だから”ブドウ”のネックレスがいい」「クリスマス用にクリスマスカラーのネックレスを」・・・
私とクマさんで決めたモチーフを、準備した材料で一斉に作りましょうという、外の講習会とは違って、勝手自由気まま。
長いおつきあいの学友なので笑って許しております
DSCF4822.jpg
↑前回、私が作ったネックレスが気に入って材料と見本を宿題に持ち帰られたMさんの作品。アッパレ!
クリスマスカラーは、3モチーフほどを4、5タイプ試作。どんなものができるか、とても楽しみ。
(私も作りたくなってしまってウズウズ)
ブドウはレース編みとは違うビーズステッチなので、最初は戸惑いますが、でき上がりの可愛さにハマるかもしれません。確かにこの季節ならではと、私も今日はさっそくつけました。

今回のケーキは「木の実のケーキ」。
アーモンド粉やクルミが入り、コーヒー、ラム酒、レモン汁を入れた大人の味のパウンドケーキです。
DSCF4825.jpg

もっぱらメールと電話で講習(?)のMMさんは、”みかんの実と花”のラリエットを作り、完成写真をメールで送ってくれました。
マスコミみかん
こうして自由に楽しんでくれる人が増えてきて、私も刺激を受けるし嬉しいです。




  1. 2012/10/12(金) 12:48:13|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トルココーヒー

昨日は、開催が迫っている展示会のために、また作戦会議と準備。
トルコからの留学生Bさんが手伝いに来てくれました。
オヤのモチーフ名のトルコ語スペルをチェックしていただいて、大助かりでした。
DSCF4817.jpg
(可愛いでしょう?)
休憩に・・・お土産のトルココーヒーを、石本さんが展示小道具として持っていらしたジェズベ(ミルクパンのような)で、本格的に淹れてもらいました。

1人につき、コーヒー粉と砂糖をスプーン軽く山にして1杯ずつと1カップの水を入れ、弱火でコトコト煮出します。沸騰して泡がたくさんできたら、泡の部分をスプーンですくってカップに入れます。
再び沸騰させ、なるべくカップ(デミタスカップで代用)に泡が多く入るように注ぎます。

※「arucoトルコ」情報によると、エスプレッソは、トルココーヒーを作るのが面倒になったヴェネチア人が考えたそうです。
(ガッテン、ガッテン)

粉が沈んでから静かに飲みます。
トルコで初めて飲んだときは凄く苦く懲りたので、もっぱらチャイを飲んでいたのですが、Bさんの淹れてくれたコーヒーはとても美味しかったです。ありがとう!!

※砂糖を最初から入れるため、トルコで頼むときは「多め」「中くらい」「少なめ」「砂糖なし」を注文時に告げます。普通のコーヒーが欲しければ、「ネスカフェ」と頼みます。

DSCF4821.jpg
飲み干したら、カップの上にソーサーをふたのように乗せてひっくり返し、カップを伏せます。
しばらく置いてから、コーヒーかすの作る模様で吉凶を占うのがトルココーヒーのもう1つのお楽しみ。
交替でにわか占い師になり、プラス志向で楽しみました。



  1. 2012/10/08(月) 23:25:23|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オリーブのブレスレット

涼しくなったと思ったら、急に暑くなり、また涼しくなり・・・
気温の変化についていくのが大変ですね。

10月の講習、西武池袋サンイデーは、第3土曜日・20日の1:30’からです。
オリーブ
秋らしい色のオリーブを作る丸小ビーズは、6種類をミックスします。
私の秘密兵器(?)を貸し出したので、北海道に里帰りしているクマさんが、今頃せっせと「オリーブのための特製ミックスビーズ」を作っているはず。ガーガー音をたててグルグル廻るビーズスピナーの傍で、ネコが目を回していないといいけれど。
「ビーズスピナー」って?とお思いの方は、サン・びーどるさんの動画で見てください。
http://www.sun-beadle.com/supplies/beadspinner.html

ブレスレットには、イスタンブルの手芸問屋さんで購入してきたチャームをつけます。エンジェルは30個にしよう、ハートは40個ほしい・・・と数えながら各引き出しからトレイに分けて取り出し、レジに持っていったら、全部をザーッと一緒にして秤にかけました。個数ではなく、グラムでいくら(もう忘れましたが)の計算でした。トルコも私もいい加減。

オータムカラーで、ネックレスにしても素敵だと思います。どうぞお楽しみに。

第3火曜日19時からの「銀座おとな塾」は今月16日からスタートします。
先月はスカーフで体験していただきましたが、10月からは6回コースで、なるべくたくさんの種類の縁飾りをマスターしていただこうと思っています。人数とペースにもよりますが、1回に、できたら2〜3種類を目標に。

「ビーズがかわいい刺繍ステッチ・モチーフ&パターン集」を見て刺繍したカードケースに、”タイニースカラップ”をつけました。
DSCF4795.jpg
以前講習したように、何色かのビーズを通したほうが可愛いけれど、経験者はおわかりでしょうが、ビーズの数を間違えないように糸に通すのに時間がかかります。通しておけば、編むのは簡単。
今回はタイムリミットがあったため、1色で超特急で編みました。
ベリーダンスを踊ってるような刺繍のワンポイントが引き立って、かえってよかったかも。
トルコから来日したばかりの留学生のBさんにsuicaを入れて、昨晩プレゼントしました。
1年間、お守りのように持ってくれると嬉しいです。



  1. 2012/10/04(木) 08:48:27|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

被災地・石巻

縁があって、大きな津波被害を受けた石巻を支援する友人たちの仲間入りをしています。
DSCF4770.jpg
精力的にボランティア活動を続けておられる星さんに案内していただきました。
日和山から
日和山から。
多くの方々が雪の降る中ここに避難し、津波の襲来を悲鳴をあげながら見ていた場所。震災以前の写真が掲示してありましたが、草の空き地は全て住宅でした。
家は流されたのに、土地という(売れない)資産があるために生活保護が受けられなくて、生活に困窮している方達がいっぱいだそうです。

DSCF4766.jpg
北上川を望む。津波が海から川を逆流しました。
がれきの山が見えます。(市内には、がれきの山と廃車の山がたくさんあります。)
DSCF4767.jpg
白い丸い建物が石ノ森漫画館。写真の中央に自由の女神像。
DSCF4786.jpg
痛々しい姿ですが、立ったまま残っているのが奇跡的。

DSCF4780.jpg
こんな薄っぺらで低い壁と土嚢で、とりあえず川との境にはなっていますが、
今回の台風17号でも1万人以上の人々が避難を余儀なくされました。
1年半以上経っているのに、このまま放置とは!!! 
もしかして、行政の手当はこれで終わり?

門脇小学校
テレビで見たことのある門脇小学校。
土曜日は大雨注意報が出ていたのに、この青空。歓迎の意でしょうか。
とにかく多くの方に実際に訪れて現実を見てほしいとのこと。
現地で食べたり買ったりすれば、いくらかでも支援につながりますし。
(石巻焼きそば、おいしかったですよ〜)

女川町
女川町。
地盤沈下のために、満水時には道路が水につかり、魚や鴨が道路まで泳いできます。

DSCF4779.jpg
このビルは、横倒し。水の驚異的な力をみせつけています。

「おちゃっこ鹿妻」では、被災された女性達が集まって手作りし、販売をするようになりました。
DSCF4790.jpg
かわいい和の小物やティッシュケースなどを作っておられました。
集まっておしゃべりしながら手作りし、ほんのわずかですが収入にもなり、
「だんだんみんなの笑顔が戻ってきている」と、星さん。
同窓会のバザーでも売りたいと思って、豆をたくさん購入してきました(各¥400)。

いただいた材料から作るので、何でも嬉しい、と事前に伺っていたので、
布、刺しゅう糸、ミシン糸、テープ、レース、ファスナー、ボタン、ボンド、糸通し器、いつか作ろうと思って買っておいたバッグの持ち手など、思いつくままにトランクに詰めて持って行きました。とても喜んでいただきました。
もちろん、「ビーズの縁飾り」も見ていただきたいのでプレゼント。興味をもって見てくださりそう。

ストラップパーツや鈴、品物を入れるセロファンの袋などは購入しておられるので、問屋さんに行く機会があったら多めに買って送ろうと思います。
もし、ご不要な手芸材料や道具などお持ちでしたら、私のメール=下記にご連絡いただければ、送り先などをお知らせします。
minishi@jcom.home.ne.jp
ご協力をお願いいたします。
「おちゃっこ鹿妻」の商品を買いたい、売りたい、その他ご提案があればお聞かせください。
ここなら私も少しは役にたてるかな?と実感しました。今後も応援していきたいです。



  1. 2012/10/01(月) 10:45:35|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ