人間の仕業

以前のブログで、ブルーのトゥーオヤの中にとってつけたような「わざと間違える」ピンクモチーフをご紹介しました。
DSCF4863.jpg

展示会で、前半は比較的すいていたので・・・
「完全なものを作れるのは神様だけです」という神への畏敬の印に、わざと間違える、という説明をすると、皆様が興味をもって見てくださいました。

「ここにもあります!」とお客様がみつけてくださったりして。
DSCF5221.jpg

DSCF5252.jpg

DSCF5200.jpg

”トルコに行ったけれど、オヤは見なかったから、もう一度行かなきゃ・・・”
”どこに行ったら売ってます?”
”コンヤでは被っていたけど、売ってはいなかったわね。”
”先日、NHKBSの恋する雑貨、見ました?”
”トルコに行ってみたいわあ。”
などなど、面識のない方達同士でもおしゃべりが始まって、和気あいあい。
あんなに賑やかな展示会も珍しいのでは?

昨日、ひっそりとしたガレリアニケにご挨拶に行きました。
美術館員の方達、警備員の方達には大変お世話になりました。
場所が分かりにくかったという皆様の声が、今後きっと反映されることでしょう。
WSは想定外の希望者数で、反省点が多々ありましたが、芳名帳を見せていただいたら、342人でした!



スポンサーサイト

  1. 2012/11/28(水) 21:38:13|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トルコとくしゃみ

22日からトルコの友人を案内しています。
トルコ語以外にも、いろいろ勉強になっています。
DSCF5306.jpg
東京駅はリニューアルされたし、新宿南口は、ちょうどクリスマスのイルミネーションが美しい。

DSCF5313.jpg
箱根のポーラ美術館も行きました。紅葉がとてもきれいで、
「もみじ狩り」という美しい言葉を教えました。「高所恐怖症」など、余計なことも教えましたが。

寒い日で、私がハックション(トルコではハプシュン)すると、
「チョックヤシャ」とすぐに言ってくれます。「長生きしてね」の意味です。
言われた当方は、「センデギョルン」「スィズデベラベル」などと間髪入れずに答えます。
「(私の長生きを)一緒に見てね」「あなたも一緒に」の意味。
面白いことに、トルコでは、赤の他人でもくしゃみに対して声をかける習慣があります。
日本では決して声をかけないでしょう?
親しい人ならせいぜい「あら?お風邪?」くらい?
トルコの人は、声をかけないのが信じられないとか。よほど冷たい人間に思われるらしいですよ。

ギリシャのオリンピア競技場に行った時、外国人向けの英語のガイドさんが解説している最中に、だれかがくしゃみをしました。「ブレスユー!」とガイドさん。「サンキュウ!」とくしゃみの主。
そして何事もなかったように、解説を続けていました。
みんな、条件反射のように当たり前の様子。もしかしたら、日本が変なのかも?
でも、トルコだったら、ガイドさんだけなく、あちこちから「チョックヤシャ!」がとんでくるはずです。
習慣の違いって面白いですね。

今日は浅草。やはり外国の方が喜ぶ場所。日本的なお土産をたくさん購入されていました。
次回、お土産にはこんなものを持って行けば喜ばれるのかと、参考になりました。
でも、日本人としては、なかなか選ぶのに勇気が要る品物。

DSCF5333.jpg

夜は、新宿の「イスタンブール」というトルコレストランで、
昨日来日されたベイパザールのもと市長さんだったご夫妻と、留学生の歓迎会がありました。
石本さんの文化交流はベイパザールで2005年から4年間続けて開かれ、そこから大きく輪が広がっています。
私とクマさんが参加したのは2006年。私の人生のターニングポイントです。
お世話になった人たちが集まって、おいしいトルコ料理やチャイをいただきながら、思い出話に花を咲かせました。



  1. 2012/11/25(日) 23:01:05|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

銀座の講習会

第三火曜日の夜は、銀座おとな塾の講習会です。
6回コース(1回ずつスポット参加もあり)の2回目。
DSCF5295.jpg
(銀色ビーズがキラキラして美しいのですが、写真の腕前が悪い)

前回は「ビーズをまとめ、ビーズとビーズの間にこま編みをする」がテーマ。
今回は「モチーフを反転させながら編む」
ということで”散歩道”のラリエットを作りました。
もちろん、2時間では全部は編めません。10〜20cmほど編んで手が慣れてきたら、ビーズ針を使ったフリンジを作ります。
あとは宿題。手が忘れないうちに編んでくださっていると良いのですが・・・

次回、3回目(12月18日)のテーマは「立体を作る」。
ビーズを2色使って一番人気の”ベリー”を編みます。
スポット参加もOKです。

銀座はすっかりクリスマス。イルミネーションがとてもきれいです。
DSCF5289.jpg
ひときわ目映いブルガリ。


  1. 2012/11/21(水) 09:57:32|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

展示会は終了しました

女子美ガレリアニケで行われた展示会は、昨日無事に終了。
DSCF5278.jpg
白いビーズレースの作品がきれいな花を連れて帰宅しました。

新聞効果と、口コミで、うなぎ上りに入場者が増え、一時は通勤電車のような混雑に。
広島、名古屋、岩手など遠方からのお客様も。
皆様、ご来場、ありがとうございました。
トルコ大使館の方も、たくさんの方が熱心に楽しそうにご覧になっている様子に感激していらっしゃいました。

クマさんと私の無料体験講習は、はるかさん、さやかさん、洋子さん、朋子さんのご協力のおかげで、4日間で325人!!の方にご参加いただけました。おひとりずつ丁寧にお教えできなくて申し訳なかったのですが、編めなかった方は、CRKのブログ右側にあるYouTubeで復習なさってください。DMCの糸巻きを使いましたが、糸はオリムパス、ビーズはトーホー、巻いてビーズをセットしたのは、私たち。あの状態で売っているわけではありません(どこで買える?とのご質問があったので)。

昨日の池袋西武サンイデーでの講習会には、女子美で体験された方々がさっそくいらしてくださいました。
DSCF5272.jpg
体験で作ったしゃぼん玉が、ご愛用の携帯ケースにとめてありました。
展示会場のほうに、「こんなに長く編めました!」と見せに来てくださった方もいらしたとか。
楽しんでくださっているのが実感できて、嬉しいです。

昨日の講習はデイジーのペンケース。
DSCF5271.jpg

2時間半あるので、ビーズ通し針を使ってビーズを通すところから。
DSCF5274.jpg
モチーフが簡単なので、みなさま、片側は完成。
レース針を入れるのに便利だし、簡単に作れてかわいいからプレゼントにもいい、と好評でしたよ。



  1. 2012/11/18(日) 15:13:28|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

体験講習会

今朝、読売新聞と日経。日経は特に文化欄で石本さんを大きく扱われたので、反響も大です。
会期中、体験希望者は100人くらいを予想し、 テーブルまわりに座っていただいて、
との考えは甘く、月曜の初日から75人!!
急遽、隣のホールを借りて25人ずつ講習。30分で入れ替え制に。
DSCF5264.jpg
できるだけ多くの方に楽しさを味わっていただきたいとの思いで始めたこと。
その点では、大大成功と言えます。なんと今日1日で90人でしたもの。
編み終わった方は、「楽しかった」と、とても嬉しそうにしてくださいます。中にはまだ不安げな方もいますが、「時間切れでごめんなさい」です。
楽屋裏は大騒ぎ。毎晩、糸を小巻にし、ビーズを通してセットを作っています。
糸巻きが足りず、めでたく編み終わった方から台紙を取り上げているほど。
昨日と今日はホールも他の教室も借りられず、写真右上の玄関内のたたきに椅子を置いてワークショップ。
たぶん、明日もこのスタイルでしょう。
いただいたお花は満開ですが、毎日、いろいろな方が来てくださって、私の脳も満開、爆発寸前です。
講習会はあと1日。展示会はあと3日。



  1. 2012/11/14(水) 19:52:26|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

中間報告

展示会は1週間が経過しました。
DSCF5246.jpg

11/8日の朝日新聞、
スキャン 23 のコピー
本日10日の産經新聞(スキャンが何度やっても曲がってしまう。お疲れ・・・)
スキャン 27 のコピー
大きく取り上げていただいたおかげもあって、木、金、土は大盛況でした。

CRKのYさんもデモンストレーションサービス
DSCF5261.jpg

タティングレースの先生をなさっている方
DSCF5245.jpg
講習会に来てくださっている生徒さん
DSCF5256.jpg
「ビーズの縁飾り」本の作品を手伝ってくれたYさん
DSCF5257.jpg
女子美関係の方、女子美の生徒さん、石本さんのお友達、DMCの方、グラフィック社の方、サンイデーの方、日本トルコ婦人会の方、・・・友人知人もたくさんご来場くださっています。
明日は休廊、私も休養します。



  1. 2012/11/10(土) 23:50:01|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

展示会3日め

ビーズの縁飾りゾーンのウエディングコーナー。
DSCF5213.jpg
久しぶりに日の目を見たドレス、注目されて嬉しそうです。

DSCF5238.jpg
出版した本。海外版も並べると、たくさん出したような気分に。
モニターでは、ユーチューブで編み方を流しています。(CRKのブログにも貼ってあります)

短かい縁飾りや糸玉などをCRKの展示用引き出しにディスプレイ。
DSCF5240.jpg
引き出しごと欲しい!!という声があります。(私も!)

可愛いガーランドはいつも一番人気。
DSCF5243.jpg
針でビーズを拾いながら”雪原に輝く星”を作り、円錐にした布につけたもの。
作者、たかこさんの根気に脱帽です。

見にきてくださったお客様のネックレスを、講習会のノリで、写させていただきました。
DSCF5224.jpg
トルコで買われたものだそうです。細い糸で編み目が揃っていて、とてもきれい。
これ、”はじけるしゃぼん玉”を編んだ方は、作れますよね。ね!

サンイデーによく参加してくださるMさんのブレスレット。
DSCF5226.jpg
クリスマスカラーの色合わせでは、パパティアとは呼べませんが編み方は同じです。
いろいろなモチーフをクリスマスカラーで作ると面白そう。
サンイデーに置かせていただいたチラシを見て、訪ねていらした方も。

今日はたくさんの方々が見にきてくださいました。ありがとうございました。
杉並区の広報や日経新聞、朝日新聞多摩版などのお知らせ記事に目をとめられた方も多いようです。
手仕事の好きな方、オヤが気になっている方には、小さくても記事がちゃんと目に飛び込むみたい。
今日は、産經新聞社の取材を受けました。





  1. 2012/11/07(水) 21:52:29|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

展示会報告1

いよいよオープン!!
DSCF5196.jpg
日本トルコ婦人クラブの阿部さま、みなさま、
きれいなお花を、ありがとうございました!
長い展示なので、終わりのほうではきっと満開になることでしょう。

最初のゾーンはスッキリ、博物館のよう。
繊細で見事な刺しゅうは、是非、実物をご覧ください。
100年以上も、よくも色美しく残っていたものと感心させられます。
DSCF5198.jpg
ハンカチに囲まれた小道具はチャイセット。チャイダンルックの下段でお湯を沸かし、上段には茶葉を入れて蒸します。沸騰したら下のお湯を上のポットに入れ、濃いめに出してチャイグラスに注ぎます。
お好みでお湯を入れて濃さを調節。小さめの角砂糖を2、3個添えるのがトルコのチャイ。

ボンジュックオヤつきのカーテンをくぐれば、オヤバザールの世界が拡がります。
DSCF5191.jpg
タイムリーに放映されたNHKBSプレミアム、「恋する雑貨、トルコのオヤを訪ねて」をご覧になった方もいらっしゃいました。オヤの認知度アップを実感します。
この島は技法別で、メキッキオヤ、トゥーオヤ、フィルケテオヤを飾ってあります。

ビーズの縁飾りは、さらに奥。続きは次回に。

実は、無料体験に期待の声が多く、ドキドキ。
しゃぼん玉7個、またはベリー1粒ができる小さなセットを用意しています。
8名ほどの方を2時間教える講習ではなく、15〜20分くらいで交替して、より多くの方に縁飾りを作る楽しさを体験していただきたいからです。初めての方はご理解を、経験者の方は助け合いのご協力をお願いいたします。

初日にこんなにお客様がいらっしゃるのは初めてです、とガレリアニケの学芸員Yさん。
大量の美しい手工芸に触れて、みなさまが笑顔でお帰りになりました。
「また来ます」、とおっしゃる方も。11日を除く17日までですから、どうぞ何度でも足をお運びください。

幸いなことに近いので、私は毎日通う予定です。会場でお待ちしております。


  1. 2012/11/05(月) 19:59:08|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

展示会チラミセ

本日は女子美ガレリアニケでの展示会搬入日。
アイロンをかけたり紙筒を作ったり、お手伝いしてくださった方々のおかげで、オヤのパートはだいたい展示できました。
DSCF5179.jpg

明日は名札を置いたり、セイフティー対策をします。
ビーズの縁飾りコーナーも展示しなければ・・・
とにかく数が多いので、見応えありますよ〜。
トルコの刺繍が50点も見られる機会は稀少。
石本さんは、日経新聞社の取材を受けていらっしゃいました。
来週には始まります。記事が間に合うといいけれど。



  1. 2012/11/01(木) 21:09:23|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ