ヒマワリ

5月の講習で、可愛い”プチトマト”がたくさんできました。
ミニトマト02

先月の”バラ”や、ホビーショーの”チョウチョ”を見せてくださった方も。
楽しく編んでくださっているのが実感できて、私たちも嬉しいです。

来月は”ヒマワリ”。
DSCF6065.jpg
ヒマワリはトルコ語では アイ チチェイ。直訳すると月の花。丸くて黄色いからでしょうね。
日本では日、トルコでは月、というと、両国の国旗を思わせます。

何につけても可愛いですが、講習はカトラリーケースの縁飾りにしました。
もちろん、編みかけのビー縁セットを入れたり、ステーショナリー入れにしても。
DSCF6032.jpg
「ビーズの縁飾り」本には載せていないオリジナルデザインですが、葉は3巻の”赤い実を食べた小鳥”で作りました。実物は、池袋西武7階サンイデーのレジ近くに飾っていただいています。ついでがあればご覧ください。
ただ今回も、トマトの講習が始まる時点でヒマワリ予約は満席になってしまいました。

秋から、場所は異なりますが、クマさんと2カ所で講習を増やす予定にしています。
7月頃発表できると思いますので、よろしくお願いいたします。

明日から、いよいよトルコに旅立ちます。
お花や折り紙の先生もみつかり、木目込みの先生の双葉さんも行ってくださるので、私は気楽な立場。日本文化の紹介と親善のお手伝いに徹してきます。通訳のお手伝いをしてくださる日本語を学ぶアンカラ大学の学生さんたちとの交流も楽しみです。(ブルチンも3年前のコレがきっかけ)
空き時間やその後の旅行で、オヤや手工芸関係の報告話がたくさんできるように、元気でいろいろ見てきますね。
6月3日に帰国なので、それまでブログはお休みします。
行ってまいりま〜〜す!!

スポンサーサイト

  1. 2013/05/20(月) 12:01:14|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

舟遊び

今週は講習会ウィークですが、合間にしっかり遊びを入れて、日本橋のたもとから、高速道路下をクルーズ。
いくつもの橋をくぐり、日本橋川、神田川、隅田川を巡ってきました。

DSCF6277.jpg
川から見上げる聖橋とお茶の水駅。川岸の新緑に癒されます。

DSCF6278.jpg
地下鉄丸ノ内線より下を通る不思議。

DSCF6284.jpg
ビーズやパーツなどを買うために、浅草橋の地上はよく行きますが、川の道は屋形船銀座。
波をたてないように、ゆっくり走るのがマナーだそうです。

DSCF6301.jpg
兜の形をデザインしたという美しい橋。(名前が出て来ない・・・)

DSCF6296.jpg
隅田川に入り、絶景のビューポイントで船を止めてくれました。
優しい船長さん、ありがとう! きっとリピーターになります!

5月は、25,26
6月は、2,8,15,16,22,23,29,30に催行されます。お問い合わせは03-5679-7311

5月の爽やかな風に吹かれ、優雅な舟遊びで癒された後のティータイム。
♪3時のおやつは文明堂♪
DSCF6315.jpg



  1. 2013/05/16(木) 18:46:38|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

スパンコール

明日の銀座おとな塾は、トルコで購入したスパンコールで縁飾りを編みます。
DSCF6248.jpg

スパンコールはスパングルと言うこともありますが、トルコ語ではプル「pul」と言います。
郵便切手をポスタブルというように、小さいシールやゲームの札、うろこなどもプルと言うようです。
小さくて、薄くて、ヒラヒラしているものの総称なのでしょう。
ベリーダンスの衣装に使われるコインパーツも種類がたくさんあります。
これもプルというのでしょうか。次回に確かめてきますね。
ホビーショーの講習用には、クマさんが上手にアレンジしてくれました。
ブレスレット-トウガラシ

↓以前に購入したものです。(活用できていませんが)
DSCF6251.jpg

来週はもうトルコ。
日本ではみかけないプルの使い方を習ってこられたら、と思っています。


  1. 2013/05/13(月) 22:03:35|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

三角ポーチ

4月28日のブログに載せた三角ポーチに縁飾り。
DSCF6245.jpg
ファスナーチャームはお決まりのナザールボンジュウです。

モチーフは、「ビーズの縁飾りVol.1」の”花盛りのボーダー”。
これはビーズ1色使いで、くさり編みとこま編みだけ。
ひっくり返したりつなげたりしないので、入門モチーフとしてお勧めしています。

トルコでは”ネズミの歯”。確かにビーズのイメージはそうかもしれませんが、衣服に飾ろうというのに嬉しくない名前。
本のためにネーミングを考えていたときは、赤いビーズと赤い糸で作っていました。
浮かんだのは、真っ赤に色づいたドウダンツツジの垣根。
垣根というと和のイメージが強いので、植え込みと縁取りという意味のある”ボーダー”に。
英語版では、意を汲んで” A Floral Hedge " にしてくれました。

ビーズ4個をまとめ、くさり3目し、ビーズの間にこま編み。このループを3回作ったらビーズ4個をまとめます。
これを繰り返して1段目を作ります。
(もし2008年に雄鶏社から出た初版本をお持ちの方は、ビーズ4個とビーズ4個の間に鎖2目が余分に入っているミスがあります。m( _ _ )m 2版めから直しているし、もちろんグラフィック社のは大丈夫です。)

DSCF6242.jpg
ビーズを通したレース糸の糸玉が、机の上や膝の上からころがり落ちた経験があると思います。
このポーチの中に入れたら、悩み解決。とても安定感があるので、中で糸がコロコロしても大丈夫。
モチーフは変えるかもしれませんが、このポーチはいずれ講習会のアイテムにしましょうね。
(なんて言うと、また、私がせっせと縫わなければ・・・)
講習会で、みなさまの前に置かれた三角ポーチの中から糸がでている楽しい光景が、今から目に浮かんでいます。



  1. 2013/05/10(金) 11:42:48|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

針の持ち方

アメリカInterweave社の雑誌CROCHET12年夏号より
DSCF6191.jpg
右上は「ペンホールド」、左下は「ナイフホールド」
日本人はペンホールドが多く、外国の方はナイフホールドが一般的です。トルコはみんなこれでした。
右下は「アメリカ式」
これを紹介している著者は、この持ち方を勧めています。編みすぎて手を痛めた時に、chiropractor(脊椎指圧師)と一緒に身につけた持ち方だとか。手首、腕、肘のストレスを軽減するそうです。

私たちの講習会で見ると、10人中6、7人はペンホールドです。
ペンホールドには、平たい柄で、多少クッション性があると持ちやすいですが、手の大きさ、力の入れ具合など、人それぞれ。
ナイフホールドは、丸い柄でもフラットな柄でも大丈夫。人差し指で上から目を押さえる方と、親指で下から押さえる方がいます。

池袋サンイデーでのバラの講習会で、みなさまの持ち方を撮らせていただきました。
DSCF6161.jpgDSCF6163.jpg
DSCF6164.jpgDSCF6166.jpg
DSCF6169.jpgDSCF6170.jpg
どのレース針が持ちやすいかいろいろ試して、編みやすい、疲れにくいレース針と持ち方でお楽しみいただきたいです。私も、疲れたらアメリカ式を試してみようかと。

インターウィーブ社は、「ビーズの縁飾り」の英語版を出している出版社。
嬉しい広告が載っていました。
DSCF6238.jpg



  1. 2013/05/06(月) 00:56:50|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ミックスビーズ

ビーズ屋さんでも、ミックスビーズを売っていますが、自分で色を混ぜて作るのも楽しいものです。
私が以前に調合したビーズはシルバーとブルー、グリーン系の↓
DSCF6226.jpg

DMCのディアマント銀糸で編んだものと、オリムパス金票40番で編んだもの
DSCF6228.jpg
糸の色や太さによっても印象が全く変わります。

SSさんは、お嬢さんの意向を受けて、発色の良いポップなカラーをミックスしました。
DSCF6193.jpg
ディアマントでまとめたら、キラキラした可愛いブレスレットができそう。
DSCF6201.jpg

STさんは不思議な色の調合。オリムパス金票455番でくくっているので、落ち着いた色合いになりました。
DSCF6205.jpg
透明ビーズだと中に通る糸によっても色が変わるし、編んでみないと分からない面白さがあります。

編み方の見本にしたのは、私のネックレス。
DSCF5982 2
編み図がないので、「ビーズ3個のココに引き抜くの、ソコじゃなくて、ココ」と、トルコ式に口頭伝授。

この日のおやつは、Hさんに教えていただいたヨーグルトゼリーに自家製のマーマレードを添えました。
DSCF6199.jpg






  1. 2013/05/01(水) 10:48:13|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ