FC2ブログ

13)アマスヤ

次はアマスヤで2泊。今回、私が一番行きたかった街です。
アマスヤ城址から見下ろすと(高い所がみんな好きで)
アマスヤ風景
岩山に挟まれた谷間にイエシル・ウルマック(緑の川)が流れています。
DSCF7091.jpg
この川は黒海に注ぎます。
屋根の色が統一されているので、どの街も上から見ると奇麗ですね。

アマスヤ夜景
ディナーで魚を久しぶりにいただき、橋を渡っているとちゅうでタイミングよく噴水が吹き出しました。川沿いの木造の古民家がライトアップされ、川面に写って、なんとも幻想的な光景。

割礼式を終えた少年が、靴を履き替えているところに遭遇。
男の子1男の子2
リクエストに応えて、可愛くポーズしてくれました。

主に昔の医療器具の展示と、診察・治療・手術風景などのイラストがあるユニークな博物館を見学。
ここの売店で、思いがけずたくさんの素敵なイーネオヤスカーフに出合いました。
スカーフ1

2年前に原宿のトルコ大使館バザーでトゥーオヤつきの長いストールを購入。色も気に入って愛用しているのですが、それはmade in AMASYA。
トルコのオヤつきスカーフといえば、正方形のプリントばかり見ていた私にはとても新鮮でした。
どんな街で作られているのか、どんな人たちが作っているのか、その好奇心から、訪ねることに。
突き止めるまでには至りませんでしたが、期待に違わず、新感覚のイーネオヤがたくさん作られていて、手仕事の盛んな土地との印象を持ちました。





スポンサーサイト




  1. 2013/06/16(日) 00:01:48|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Profile

midori nishida