リースオーナメント

DSC_0298.jpg
来月のサンイデーで作ります。もう満席になってしまいましたが、カウンター近くのワークショップコーナーに見本が置いてあるので、お買い物ついでにご覧ください。

DSC_0305.jpg
「ビーズの縁飾りVol.3」ではウッドビーズを使いましたが、今回は丸大ビーズ。金・赤・緑はビーズを揃えた時点でクリスマスです。
受講申し込みされた方には申し訳ないほど作り方は簡単ですが、丸大、マガ玉、内角など、多種類のビーズやフジックスのラメ糸、ベルなどを買い集めるのは面倒なので、材料セットを良しとしてお楽しみいただければと思います。

グラスマーカーにしてもいいのでは?ということで、作ってみました。
20131129_122604.jpg

Yさんから神戸のお土産にリーフチョコをいただいたので、秋らしいケーキを作りました。
DSCF7969.jpg
ケーキ上のおいしい葉っぱはすぐになくなりましたが、庭の落ち葉掃きは当分続きそう。



スポンサーサイト

  1. 2013/11/29(金) 12:29:28|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

タイシルクのスカーフ

タイシルク

12月17日夜7時から、銀座おとな塾(産経学園)で、これ↑を作ります。

どれもグラデーションの美しいシルクスカーフですが、1枚しかない色もあるので、当日ジャンケンで勝った方から選んでいただくようにします。自分では絶対選ばない色でも、挿し色で案外イケルかもしれないし、プレゼント用に作ってもいいのでは? 細い10号(または12号)レース針を使用します。

おとな塾はスポットという制度があり、単発回で受講ができます。
お問い合わせとお申し込みは、直接 銀座おとな塾(03-5250-0725)までお願いします。

本日は一日中ビーズの縁飾り研究会の打ち合わせでした。
来春発売予定の、新刊本の内容がだいぶ形になってきました。
作品はお見せできませんが、我が家での打ち合わせにつきものの「木の実のケーキ」と、Yさん作の「栗の渋皮煮」。
20131125_170354.jpg
大きな栗で、上品な甘さ。大変おいしゅうございました!





  1. 2013/11/25(月) 23:44:01|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

今週の講習会報告

火曜日の夜は銀座おとな塾でした。
2種類の金色ビーズを使ってアイビーを編み、ポーチにつけました。
アイビー・ポーチ
早い方は1時間もたたないで完成。残りの時間で、前回欠席だった”つりがねそう”を作りました。
1月のサンイデーでも↑を作ります。手慣れた方は、また自習道具をお持ちください。

昨日(木曜日)は、朝日カルチャーセンター千葉。
”森の切り株”をリストウォーマーに編みつけました。
ビーズの色は銀や青や白などご自由に選んでいただきました。
20131121_163241.jpg

2時間以内に3名様は片手を完成。
20131121_170028.jpg

ビーズの縁飾りなら、明日〇〇さんに会うからプレゼントを作ろう、とか、明日着るセーターをリメイクしよう・・・も、可能です。
(その割にはプレゼントされない、と友人たちから怒られそう)

参加してくださった方々は編み図の見方と編む楽しさが分かっていただけたようなので、ビーズの縁飾り研究会のYouTubeで、”フランボアーズ”や”しゃぼん玉”を見ながら、今後も作ってくださることでしょう。

千葉で講習するのは珍しいので、最近のブログに載せている作品を中心に、アクセサリーやスカーフなどの小さな作品をお持ちし、見ていただきました。
やはり写真では大きさや輝きが伝わらないですものね。
来年5月には都内某所で展示会も予定しています。お楽しみに!

街はどこもかしこも、すっかりクリスマス。
有楽町プランタンのツリーは、ピンク色の光が気持ちを温かくしてくれました。
20131119_211303.jpg






  1. 2013/11/22(金) 10:53:26|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ピンクッション

先週土曜日はサンイデー。おかげさまで、ここのワークショップはいつも満席です。
1463702_428382733930204_178400098_n.jpg

サンイデーは、西武池袋7階の手芸品売り場にあるオープンスペース。
毎月第3土曜日の午後、同じフロアーに催事場もあるせいもあって、いつもにぎわっています。
「落ち着かないのにね〜」と独り言をつぶやきながら脇を通る方がいらしたけれど、手芸好きにとっては、売るほどある(当然!)手作り材料に囲まれた落ち着く環境。思いきり手芸談義が楽しめます。
常連の方たちはほとんど編み図を見ただけで編めるので、クマさんと私はもっぱら新しくいらした方々に「ビーズを通すときは、、、」と説明しています。

手の中から可愛い”つりがねそう”が次々生まれていきます。
20131116_151554.jpg1393784_428383313930146_766130756_n.jpg

2時間半で、完成!!
20131116_154756.jpg

今までもピンクッションで、バラとプチローズの講習をしたことがあります。「ビーズの縁飾りVOL.1」のコンテンツのように、どんなモチーフもつけられるので、いつかまたどこかで登場させたいと思っています。
バラ・ピンクッション
きれいな待ち針!とトルコで購入したピンは、スカーフピンと書いてありました。ドイリーもトルコで。七宝編みがふんだんに使われています。

余談ですが、デパートの館内放送で♪雨にうたえば♪の曲が流れると、外は雨が降ってきた合図とか。店員さんは、傘袋を入り口に用意したり、ショッピングの紙袋にビニールを被せたり、対応するのでしょう。
先日は♪迷子の迷子の子猫ちゃん♪のあとに、迷子のお知らせの放送が流れました。「ピンクパンサー」が流れることもあります。これはね・・・と妙なことに詳しくなったりして。
来月は21日。ジングルベルやクリスマスソングが流れまくることでしょう。



  1. 2013/11/18(月) 10:08:48|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

教会のベル・スカーフ

グラデーションが美しいタイシルクの細長いスカーフが、今晩の阿佐ヶ谷講習会アイテムです。
素材や色も良いけれど、幅が狭く、フリンジがついていないところがいい。
両端に”教会のベル”を編みつけて、見本を作りました。
DSCF7923.jpg

各自、お好きな色のスカーフを選んでいただいて、、、
タイスカーフ0

用意した糸は絹の穴糸。
ビーズは内角ビーズで、キラキラさせます。
タイスカーフ3
タイスカーフ2

本日の私のケーキは、ダークチェリーのパイ。
ホームメイド感たっぷりでしょ。
チェリーパイ

昼間は、トルコ大使館で開催中の「エルトゥールル号展」に行ってきました。
帰り道、ブラームスの小径にある「ジャルダン・ド・ルセーヌ」でティータイム。
さすがに、プロの作るケーキは美しい!
原宿ケーキ




  1. 2013/11/15(金) 23:37:26|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

カテドラルウィンドウ

DSCF7945.jpg
ステンドグラスのようでしょう?
本当の美しさが私の写真では表現できなくて残念です。(曇天のせい・・・にしたい)

これも、ビーズとビーズの間にこま編みを入れたり、くさり編みを束でこま編みして作りました。
行ったり来たりの編み方が少々複雑になりますが、基本のくさり編み、こま編み、引き抜き編みで作れます。
DSCF7949.jpg
バリエーションを研究するのは実に楽しい。
だんだん単色や2色では飽き足りなくなり、ついに4色使ったステンドグラスに発展したというわけです。

キャンドルを灯してみました。
DSCF7947.jpg
しばし、ウットリ。



  1. 2013/11/11(月) 10:59:15|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

束(そく)で編む

オヤの特徴のひとつ、束ですくって編む方法をご紹介。

普通のレース編みでは、↓のように編み目の中に針を入れてこま編みします。
束の1

「束で編む」というのは、くさり全体をくるむように編むこと。
束の2
↑左手でこのような持ち方をし、くさりのアーチを作ると編みやすくなります。
オヤでは、この方法が大半。

右半分が従来のこま編み、左半分が束で編んだこま編みです。
束の3
束なら、くさり4目にこま編み5目でも6目でも可能です。テキトーで大丈夫。(私はテキトーが大好き)

”フラワーブーケ”のように、さらにもう1度、束で編みくるむこともあります。
束の4

ビーズをまとめている糸、ビーズとビーズの間にこま編みや引き抜き編みすることも大きな特徴。
束の5

ビーズの間にこま編み。
DSCF7939.jpgDSCF7940.jpg
ビーズ4個をまとめてからこま編み。
ビーズとビーズの間にいくつでも(は、言い過ぎですが)入れられるのが不思議で面白いところ。

「レース編みは目が細かいから無理」とお思いの方々に、是非試していただきたいです。
講習会でもよく話すことですが、私は5年前は眼鏡をかけて編んでいました。(近眼をコンタクトで補正しているので、近い小さなものを見るための老眼鏡が必要でした)
でも、ここ数年、すっかり眼鏡は不必要になり、普段でも眼鏡を持ち歩きません。
目医者さんに言うと、老眼は治るはずがない!と一笑されます。
でも、野球選手だって動体視力をよくするために早く動く物を見る訓練をするように(イチロー選手の話だったか漫画巨人の星だか?)、床にこぼしたビーズを探したり、常に小さなビーズを見ていたら、よく見える目になったに違いないと、私は、睨んでいます。



  1. 2013/11/08(金) 13:49:21|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

MMさんの縁飾り

「ビーズの縁飾りVol.3」の”雪解けの雫”。
スキャン 2
青いマガ玉ビーズが雫のように、つららを伝って落ちる様を連想したタイトルです。

ビーズを順番通りに間違いなく通してしまえば、編むのはさほど難しくはない(・・・と、思う)。
トルコのオヤの特徴でもある、「くさりを束(そく)ですくってこま編み」をたくさん編みます。
一定の幅でしっかり編めるので、ウールやニットにもブレード感覚でつけられます。

友人のMMさんが、編みかけと完成した写真をメールで送ってくれました。
マスコミ作りかけ
image.jpeg

いろいろ挑戦して編んでくれていて、彼女の最新作は、Vol.1に掲載の”果樹園”
写真
1段目と2段目に別れているので、それぞれに別の色のビーズを通せばいいわけで、すぐ編み始められます。
編み方も、最も易しい部類のデザインで、超初心者の方向き。

色によって、全くイメージが変わりますね、素敵。
電話でグレーの糸の相談を受けましたが、黒にして正解でしょう?
ただ、黒糸をビーズに通すと、ビーズの色が暗く変わってしまうことがあるので要注意。
↑のように21番の銀色ビーズは大丈夫ですが、数モチーフ分で実験してからが無難です。



  1. 2013/11/04(月) 16:53:56|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ