野辺の花のラリエット

”野辺の花”は、「ビーズの縁飾りVol.2」でウエディングドレスやヴェールを飾っているモチーフです。
20140428_102816.jpg

素材をガラリと替え、ラリエットにアレンジしました。
20140426_131709.jpg
(ヴォーグ学園のお教室にあったボディーを拝借)
4mmの四角ビーズや特大ビーズがキラキラしてきれいです。

2時間の講習で完成!
20140421_151111.jpg20140421_150558.jpg
この作品の場合は、布を当てて軽く浮かせてスチームアイロンをかけると、編み地が落ち着きます。
何色にも合いますね。

「月曜日の東京校の方はほとんど出来ましたよ」と、土曜日の横浜校ではプレッシャーをかけておきながら、できたての新刊本を見せたり、クマさんがブローチ代わりにしていたイチゴ(プロセス撮りに見やすいように作った巨大あまおう)とかわいい実物と比べて見せたり、足をひっぱってしまいました。(編まなきゃ、でも、見たい!って)

ホビーショーのトーホーさんのブースで販売していただいた新刊本は、3日間で売り切れたとご報告を受けました。
幸先のよいスタート!!

スポンサーサイト

  1. 2014/04/28(月) 11:04:18|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ついに誕生!

本日は国際展示場でのホビーショー初日。相変わらず、手芸好きな女性たちと、一部、業者の男性で、大層にぎわっていました。
たくさんのブーズでワークショップが開かれ、どこも手づくりを楽しむ方でいっぱい。
平和な空間と時間の流れを感じました。
去年までは私たちも教える側だったのですが、今年はお役御免となったので、クマさんや吉植さんと、ご挨拶回りのみ。(ついでに衝動買いも)

1時過ぎ、髙橋書店の方が、生まれたての本を持ってきてくださいました。
20140424_175345.jpg

早くなるとか遅くなるとか二転三転。ヤキモキしていましたが、ついに感無量のご対面!
まだ刷り出しの数冊ですが、トーホーさんのブースでご購入できます。
(もしかしたら、もうないかもしれませんが)
展示会や講習会のご案内チラシも置いてあるので、是非、お立ち寄りください。

講習会は吉植さんのカモミール&ビオラが大人気!!
10308219_665937213486193_8825200438287526362_n.jpg

早々にキャンセル待ちが出て、最終週にカモミールも増やし、さらに、9日の定員を増やしました。
定員6名というのは、ギャラリー1階のテーブルで行う人数。18名は螺旋階段を上がって2階のテーブルを使用する場合なのです。
カモミール&ビオラは、糸を各色小巻にしなければならないので、吉植さんはせっせと巻き巻きしています。
いったい、何セット作れば良いのか、嬉しい悲鳴!
私もその他の材料セットを日夜作り続け、頭の中は糸とビーズでいっぱいいっぱいです。(部屋の中も、糸とビーズでいっぱいですが)

最終週、トウガラシのブレスレットやカモミールのネックレスも増えました。
期間内に、10種類もの講習をするなんて無謀でしたね。

ワークショップの最新情報は
http://www.toho-beads.co.jp/tbs/wss/2014/001.pdf
をご覧ください。


  1. 2014/04/24(木) 18:51:24|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サンイデー講習

左は見本で、右は時間内にとじつけまで完成された方の作品。
20140419_151043.jpg

比べてみると、若干左のほうが赤い実になるのは、私がビーズを日光にあててビタミンを増やしたから……ではなく、使用するレース糸のせいです。やはり透明ビーズの中に通る糸の色が影響しますから。
DMCセベリア30番 No.816は、唐辛子にも使う濃い赤で、好きな色なので使用頻度が多い糸です。
でも編んでみると「赤い糸と赤いビーズだと見にくい」+「セベリア30番のほうが金票40番より細い」という難点が。それに、大きな玉(高額)でしか販売がないという実情も。
それで、講習会では手頃で万能のオリムパス金票40番813のベージュにしました。
これでも充分かわいいベリーだと思いますが、編み方を覚えたみなさまは、他の赤い糸でもお試しください。ただし、真っ赤な糸だとベリーは赤いけれど、茎も真っ赤ということになります。
(昨日ミックスビーズ5種の番号を聞かれた方、142は241の間違い。ビーズ番号だけは自信があったのですが、過信は禁物ね)

前日にキャンセルが出て、サンイデーの方がご親切にキャンセル待ちの方々に次々と連絡してくださったそうです。連絡がつかない方でストップすると9名になってしまうからと、次の方々にも連絡してくださった結果、11名に。
(サンイデーの方々の心温まる対応にはいつも感謝です)
昨日はちょうど柱の反対側のテーブルがあいていたので、クマさんが離れでじっくり講習。
20140419_150133.jpg

前回の”チョウチョ”のネックレスをしてきてくださった方々。
20140419_150010.jpg20140419_150103.jpg

以前講習したブレードに”野辺の花”をつけたネックレスもきれいでした。
20140419_145851.jpg

来月はモチーフは”野辺の花”のアレンジですが、素材・色・デザインを変えるので全く別もののラリエットになります。
ヴォーグ学園では一足早く、麻糸のラリエットを明日の講習で作ります。


  1. 2014/04/20(日) 14:08:31|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

講習材料セット(どんぐり)

20140419_104601.jpg

ようやく春が来たというのに、写真が妙に秋っぽいですが
白いお皿の上の材料をちょいと(?)料理すればどんぐりができます。
ビーズを入れた焦茶の糸で、葉っぱを作りながらどんぐり拾い。

左の枯れ葉の上が、5月の展示会場で2時間講習で作ろうとしているどんぐりネックレス一連です。

本に掲載しているのはジャラジャラ賑やかな3連のネックレス。
どんぐり3連

一度には揃えにくいガラスカットビーズやコインパーツを入れたセットも販売したいところですが、余力がありますかどうですか……

今日はこれから西武池袋でベリーの講習です。
忘れ物をしないように、指差し確認しなければ。
レシピ、ビーズ、レース糸、バスケット、紙皿、早い方はとじつけられるかもしれないので縫い糸と針・・・
そうそう、来月講習する作品見本もね。


  1. 2014/04/19(土) 11:28:16|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オリジナルビーズ(オリーブとベリー)

トルコのブルチンからいただいた美味しいオリーブ。
中身がなくなった瓶に、グリーン系のビーズを入れてシェイク。
「オリーブにな〜れ!」
DSCF8175.jpg
丸小ビーズを7種類入れます。「金色22番は少なめに」というクマさんの指示に従ってミックス。
小袋に分けて入れ、糸(エスコード)やコインパーツ、留め具パーツなどと一緒にセットします。
「ビーズを編み込むすてきアクセサリー」にはオリーブのブレスレットの詳しいレシピが載っています。

こちらはミックスベリーの素。赤系の丸大ビーズ5種類をミックス。
DSCF8165.jpg
陽にあててビタミンを増やして・・・
「おいしくな〜れ!」

展示会場で左のような瓶に入れて販売します。(ベリーのひもつき)
20140414_174620.jpg
中身は、ベリーが約40個作れるビーズたち。
レシピは「ビーズの縁飾りVol.1」をご覧ください。

どちらのセットも、数が少ないので、売り切れはご容赦を。



  1. 2014/04/16(水) 23:20:29|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

材料セット(薔薇)

5月の展示会では、新刊本「ビーズを編み込むすてきアクセサリー」を全国の書店に先駆けて先行販売します!(何度も言うようですが)
アクセサリーの実物を間近でゆっくり見ていただけます。一部のデザインのワークショップもします。
ご覧になれば、きっと、すぐに編みたくなると思います。(私の希望的観測)

本を購入していただけば、お手持ちの糸やビーズで編めます。ご参考までに、使用した糸やビーズの実物大写真も巻末に載せました。でも、もし、本に載っているあの材料で、あの色で、同じアクセサリーを作ろうとなると、なかなかすぐには材料が揃わないことが多々あります。最近、街の手芸屋さんも減りましたしね。
そこで、今回、材料セットやビーズセットを展示会場で限定販売しようと準備中。

例えば、表紙にもある薔薇。
バラのカラー
オリヅルの手縫い用絹穴糸を使用しています。
気品ある光沢と微妙なグラデーションが美しいでしょう?

本にはカラーバリエーションが数点掲載されています。
その中から、私好みのバラも選んでセットにし、2タイプを販売予定。
20140414_175705.jpg

明日はトーホーに注文したビーズが大量に届くはず。ワークショップのセットもあるので、その数、半端ではありません。クリアーのコンテナケースを新たに購入してスタンバイしているところです。
(最近、見えない箱にしまうと、必ず行方不明になってしまうのが悲しい)





  1. 2014/04/14(月) 19:17:18|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

展示会のご案内

5月に開催する展示会のご案内葉書です。
クリックで大きくしてご覧ください。
DM1.jpg

ポストカードの裏面、会場地図はこちら。
DM2.jpg

浅草橋は、手芸品関係のお店が多いとても楽しい街です。
みなさまのご来場をお待ちしております。
ワークショップを予定している日時には、必ず在廊します。
その他の日でも、なるべく行くつもりにしております。


  1. 2014/04/10(木) 16:09:49|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

お待たせしました!(一部訂正あり)

ビーズを編み込むアクセサリー

このブログで、企画中、製作中、撮影中、と何度かドキュメントしてきましたが、心待ちしてくださったみなさま、お待たせいたしました〜。もうすぐ産声をあげますよ。

4月のホビーショーに間に合うかも、という話だったのですが、諸事情により、やはり5月始めの発売になりました。
(フライングしてすみません)
5月10日発売で、5月7日から始まる展示会↓で先行販売する予定です。

誕生を記念して、ゴールデンウィークあけの7日から30日まで、浅草橋のギャラリーtで展示会を開催します。期間中に11日間「ビーズを編み込むすてきアクセサリー」の中からワークショップを開き、デザインした3人で講習します。
20140407194558e93.jpg
(クリックすると大きくなります)
参加ご希望の方は、ギャラリーtに直接お願いします。




  1. 2014/04/07(月) 21:51:40|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

アメリカでもベリー

先日、CRKに、ベリーの茎が下から出てしまうがどうしたらいいか教えて、と、アメリカのDianeさんから質問がありました。日本でも、このモチーフの一番判りにくいところです。
クマさんと相談しながら茎を実の中に通すポイントをプロセス写真と解説を入れて返信。
何も言って来ないけど判ったかしら、と話していたら、数日して↓の写真がCRKに届きました。
IMG_0346[1]
ちゃんと実が下がった、ありがとう! 次はパンジーの花畑を作ると。
こうしてやりとりできると、遠いところでも我々の本を楽しんでくださっている実感がもてて嬉しい。

以前にもご紹介したことがありますが、「ビーズの縁飾り」(グラフィック社)は海外版が出ています。
20140403_100359.jpg
(ロシア語、台湾語1、2、フランス語、英語1、2)

海外のアマゾンでも★評価をたくさんいただいているし、おおむね好評のコメントをいただいています。マイナス点としてあげられているのは、英語の1巻目、表紙の作品が編めない(これは、あちらの出版社の意向でインパクトのある写真にと変更されたもの)、オールカラーではないが印刷のミスではないか?など。日本では作り方ページは1色に節約する傾向で、なんら不思議はありませんが、海外はオールカラーが普通。

それを意識したわけではありませんが、5月初旬に髙橋書店から発売されるCRKのアクセサリーの本は、オールカラーで、詳しいプロセスつきです。
乞うご期待!



  1. 2014/04/03(木) 10:55:09|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ