’15/トルコ−1

16日、ヴォーグ東京校での午前と午後の講習を終え、新宿御苑前にあるCRK事務所でCさんの心遣いの桜餅をいただき、ひと休みしてクマさんと成田へ。22:30分発、イスタンブル直行便で12時間の空の旅。
17日の早朝(3時過ぎ)アタチュルク空港に到着。タクシーでベイリンブティック ホテルへ。気さくなフロントのおじさんとおしゃべりしているうちに7時をまわり、部屋に案内されました。

ベイリンホテル1
窓からの眺め。”トルコに来たー!”

お仕事を休んで1日つきあってくださるというTomokoさんとシルケジ駅で待ち合わせることに。

ベヤジットジャーミー
ホテル前の坂を上がるとベヤジットジャーミー。白いのはトラム。右の赤い車の奥はグランドバザールのベヤジット門という好立地のホテルでした。地図係のクマさんを頼りに観光がてら歩いてシルケジまで。

途中、日本語で話しかけてきた男性が。日本にも大阪や新宿にイベントで行くことがあるとか、おしゃべりをし、シルケジまでの途中に自分のキリムのお店があるからちょっと見ないかと。時間もありそうだしー。
店に入ると案内した通勤途中だったらしい男性はいなくなり、
ニコニコ顔の店主が、チャイを飲むか?・・・いらない
次々に絨毯を広げて説明・・・きれいだけど買わない

まあ、見るだけ見て行けというので、ブログネタに写真を撮り、のっぴきならなくなる前に友達がシルケジで待っているからと退散。

じゅうたん屋1
↑トルコの美しい絨毯と↓キリム
絨毯や2
買うつもりなら、決して悪いお店ではなさそうでしたが。

クマさんに、「西田さんは人を信用してすぐナンパされる」と笑われました。
その後も、声をかけてくるトルコ人はなぜか、”大阪に友達がいる”と言うみたい。

マルマライ・シルケジ駅
シルケジ駅はオリエント急行終点の古い由緒ある駅ですが、マルマライは去年か一昨年できた鉄道で、海中トンネルでアジア側と結んでいます。

待ち合わせの時間まで、ネコに遊んでもらい、クマさんはご機嫌。
ネコ2
ネコ2の2



スポンサーサイト

  1. 2015/04/02(木) 06:00:05|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ