こんぺいとうのネックレス

6月のヴォーグ東京・横浜&池袋サンイデーの講習はこちら。
こんぺいとう-正面

七宝編みや立体が入るので、少し難易度があがります。
でも、ベース部分は編まずに既製のブレードを使い、七宝編みからゆっくり取り組んでいただけるように工夫しました。
こんぺいとう-接写
トルコのパーツも入ります。

このモチーフ、トルコでは”レブレビ”(炒ったひよこ豆)。
3月に訪れたカドキョイの市場でレブレビなるものをみつけたので購入。
DSCF9847.jpg
モチーフ名はなるほどと思わせる形とサイズです。
因に味は「節分の豆」に似ています。後引き豆で、年の数だけ(?!)食べてしまいそう。

2008年、「ビー縁2」で製作しましたが、レブレビはもちろん、ひよこ豆自体も馴染みがなかったので、”こんぺいとう”と命名。色も甘いパステルトーンで作りました。
DSCF4457.jpg
こんぺいとうなら日本人はだれでも知っていると思うのですが、今の小さな子供たちも知っているでしょうか。

スポンサーサイト

  1. 2015/05/31(日) 20:43:44|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イーネの花

イーネオヤのかわいい花モチーフ。
DSCF9846.jpg
DSCF9844.jpg

お断りしておきますが、私が作ったのではなくトルコで購入したもの。
トルコでは、頭に被るスカーフの1辺に花10個の計算で、大抵40個の花モチーフが1連で売られています。裁ちっぱなしのスカーフ布の周囲にこれらのモチーフをつけながら(捨て紐から外し)縁をかがっていくのです。
花を繋げてある白い紐はあくまでも捨て紐なので、美しく繋がっているからといってこのままラリエットやブレスレットのように身につけるのは大きな間違い。
スカーフの縁につける前提での1連なので、その需要のあるお店(手芸屋やオヤのバザール)にしかありません。
最近は外国人に人気が出て来たので、土産物屋でもあるかもしれませんが、手が粗いのが多いのでご注意を。
縁をかがることが出来る人は、同じ結び方なので、大抵花も作れます。たぶん、スカーフの色柄に合わせた糸で好きな花モチーフを作るのが楽しみでしょうから、トルコの地元の方はあまり買われないのでは? もしいるとしたら、結婚式がせまって急いで作る必要がある方達かも。 
今は、イーネオヤを作らない人(私のような)が、花をパーツと見てアクセサリーを作るために買う場合が多そうな気がします。

きれいなスカーフも、しまっているだけでは可哀想なので、2枚をシンプルな花瓶に活けて飾ってみました。
20150527_110401.jpg
遊びにきた友人たちからさっそく「可愛い!」と褒められ、みつめられて、オヤも喜んでいるでしょう。


  1. 2015/05/27(水) 21:17:32|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

 中華街の中のトルコ

第4土曜日のヴォーグ横浜校も豆。1時間半が過ぎ、ビーズと糸から生まれた豆を集めて(有志のみ)撮影した”豆ガーデン”です。
えんどう豆
手早い方、丁寧な方、ふっくら豆、固い豆、赤ちゃん豆など、よく見るといろいろありますが、売るものではないし、比べるものでもありません。自分で育てた豆が一番かわいくて美味しそう。
1モチーフできて、「かわいい〜」とニコニコされる笑顔で私たちも幸せに。
今頃、バスケットにつけてお部屋やキッチンに飾ってくださっているものと思いますが、縫いつけが苦手な方は小皿に入れて飾っているか、手首に巻いているかも。

講習後はクマさんと中華街で食事をしたりショッピングするのが横浜の楽しみです。
ここは中華街の中に最近できたトルコ雑貨のお店 [Ambiente]
20150523_162350.jpg

ナザールボンジュウ、バッグ、陶器の器、チャイグラス、ランプ、、、もちろんオヤ技法の可愛いアクセサリーもたくさんあります。
20150523_164624.jpg
店内のBGMに大好きな曲「メムレケティム」(ふるさと)が流れていたので、すっかりトルコにいる気分で長居してしまいました。

20150523_165947.jpg
カボチャのプリン。
近くのカフェでケーキセットをいただきながら、諸々打ち合わせをし、充実の一日。


  1. 2015/05/24(日) 10:28:03|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

テントウムシ

ワサビ・エリシで”さやえんどう”を講習。
テントウムシ

帰り道、井の頭線線路脇の他所のお宅の玄関先でテントウムシをみつけました。
20150521_134724.jpg
「テントウムシのボタンかビーズをつけると可愛い」と話したばかりだったので、偶然とは思えません。
可愛いナナホシテントウではなかったのですが、ググってみたら、ヒメカメノコテントウという名前でした。
ワサビ・エリシの前回は月桂樹のネックレス。
20150521_123131.jpg
Kさんはお揃いでピアス、、、だけでなく、
コサージュも作られました。どんどん発展しますねえ。
20150521_123141.jpg

トーホーのキットに引き続き、オリムパスのキット4種類もワサビ・エリシさんで販売していただくことにしました!



  1. 2015/05/21(木) 23:32:14|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マメの講習

先週土曜日の池袋西武サンイデーと、今日のヴォーグ学園東京校は”さやえんどう”
20150516_135633.jpg
(さりげなくキットの宣伝)
この2日間で約50人にマメを作っていただきました。自然界さながらの不揃いもアリで、可愛い豆が次々生まれました。

恒例、みなさまのビー縁チェック!
先月はフルーツボールのラリエットだったので、爽やかな完成品をつけてきて下さった方が多かったです。

中には、本通りのグリーン配色
20150518_112200.jpg
ピンクのバリエーション
20150516_135405.jpg
ブレスレット
20150518_112054.jpg
ストールのフリンジに
20150518_140242.jpg
ピンクッションに
20150518_112340.jpg

その前のバラをペンダントに
20150518_135351.jpg
もっと前のマーメイド
20150516_105832.jpg
かなり前のパイナップル
20150516_111408.jpg
ずっと前の散歩道
20150516_135450.jpg

今日は、豆を作りながらおしゃべりをする余裕も。
CRKと私が関わっていたビアンフェやスピネットなどを知っていた方もいらして感激でした。
美大生がアルバイトで来て、当時流行り出したトールペイントで、クマばかり描いていたことから「クマ」という呼び名になった話なども。
生活クラブで「ビー編み」本が推薦されていたという情報
6年前の「おしゃれ工房」でビー縁が載っていたページを大事に持っていらした方など
いろいろな嬉しい出会いやご縁を感じました。



  1. 2015/05/18(月) 21:33:06|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トルコ風夜食

阿佐ヶ谷教室の日ですが、仕事が忙しい方が多く、なんと5人も欠席。
皆さまお疲れさまです!
ゴールデンウィークのおかげで、第何週目か間違えそう。私も手帳やカレンダーを見て確認しながらの毎日ですが、連絡のなかったお1人はもしかして来週と勘違いされたのでは?
そんな中、本日来宅された4人とクマさんはラッキーかも。いつものティータイムより手がこんでいます。
20150515_211622.jpg

昼間、Cさんとクマさんが某社と打ち合わせだったので、慰労の気持ちでナスのサラダを作り、クラッカーにのせました。
フードプロセッサーにかけ過ぎたので柔らかいペースト状に。
そういえば、前回も次はフォークで潰すか包丁で叩こうと思ったことを後で思いだしました。

タルハナスープはトルコの定番。今回の旅でも何回かいただきました。
十八番のリンゴのクリームゼリーとチャイで、トルコ風夜食セットが完成。
私たちはこれで夕食代わりにしても良いほどでしたが、もしトルコの夕食ならスープがこの4倍と食べ放題のおいしいパン。なすは前菜。グリーンサラダやトマトがたっぷりにサラダとしてのピラフ。デザートの前にメインの肉や魚料理があります。思い出すだけでおなかがいっぱい。

トルコでお土産にいただいたタルハナスープの素。
20150515_172355.jpg

小麦粉、ヨーグルト、トマト、唐辛子、ミント、玉ねぎ、塩が入っています。
細かく刻んだ野菜と肉(今日は有り合わせのキャベツ、トマト、鶏肉)を炒め、水1リットルを加えます。沸騰したらタルハナスープの素を1カップ入れてダマにならないようにかき混ぜ、15分煮ます。
具が多かったり、何度も温め直したせいもあって、かなりドロっとしてしまいましたが、味はトルコ。レモンを搾って美味しくいただきました。

袋の裏面。賞味期限が分かりやすいですね。
上段の数字が月、下が年、つまり2015年12月ということ。
20150515_172500.jpg

もちろん阿佐ヶ谷教室は食べる会ではありません。
ちゃんとそれぞれお好きなものを選んで編んでいただきました。



  1. 2015/05/16(土) 00:06:06|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ツール・アクセサリー

CRK・Cさん、クマさんと恵比寿で打ち合わせの帰り道。
引き寄せられるように入ったアンティークショップで、Cさんはアンティークのホッチキス、クマさんはネコのシガレットカード、私はラッキーチャーム=高さ1cmのミニシンブル、と、三人三様の衝動買いをしてしまいました。
シンブルチャーム
マッさんのエリーではないけれど、たまたま持っていた緑の石付きチェーンに通して、だいじに自分のお守りにしようと思います。

手芸好きだった母と一緒に子供の頃から刺しゅうに親しみ、ずっと手芸関係の仕事に携わってきたので、ニードルワークのツールが大好きです。
探してまでコレクションする気はないのですが、みつけてしまうと(衝動買いできる範囲の価格であれば)つい・・・

ブローチもいつのまにかハサミがたくさん・・・
DSCF9837.jpg
DSCF9834.jpg
アイロン、糸車、ミシン、メジャー、ボタン、ボビン、小さな糸巻きやルレットもあって、楽しい。
DSCF9838.jpg
下の輪に眼鏡が掛けられます。


  1. 2015/05/11(月) 09:39:24|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

5月の講習はマメ

      今月の主役は
      DSCF9108.jpg

「ビー縁3」の企画時。トウガラシのオヤは怒っている感情表現という話が面白くて、オリジナルの編み方で唐辛子を作れないかと模索していました。先にひらめいたのが、この、”さやえんどう”。その後、玉編みにした”ピリピリ唐辛子”も完成しました。私の中ではかわいい弟と厳しい姉のような存在です。

以前の講習ではバッグにつけました。
20140306_120745.jpg

5/21(木)新代田のワサビ・エリシ
ワサビ5月

5/16(土)池袋西武サンイデー
5/18(月)ヴォーグ学園東京校
5/23(土)ヴォーグ学園横浜校
20150307_224454.jpg

どちらもバスケットはつきますが、植物はつきません。
キャンディーやカトラリーを入れる等、お好きにお使いください。もちろん、レース糸や編みかけを入れておくのにも重宝です。



  1. 2015/05/08(金) 11:15:10|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゴールデンウィーク

気候も暖かくなり、新緑や花を見るには最高の季節。
20150503_124240.jpg
山中湖に行き、昼前の散歩のつもりが大平山の頂上まで。

公園の桜はこんなに美しく咲き・・・
20150504_164824.jpg

芝生の上に寝転んで空を見上げれば、
20150504_151701.jpg

ウン?なんか仕事を思い出す、、、
20150503_134538.jpg

若者がバドミントンに興じている間木陰で、レストランの順番待ちは覚悟のうえ。
もちろん、いつでもどこでもこのセットは持ち歩いていました。
DSCF9819.jpg


  1. 2015/05/06(水) 11:38:56|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

花嫁さんの髪飾り

やっと暖かさが落ち着いてきて、薄着で外出もできるようになりました。
でも、必ずスカーフを持参します。夜になって急に冷えたり、冷房が効きすぎていることもありますし。
DSCF9818.jpg
トルコでは、つい、オヤの華やかなスカーフに目が行きがちですが、今回、自分のために購入したのはコレ。
シンプルなモノトーンだと実用的に使いやすくて気に入っています。
これくらいなら自分で作れるのでは?とお思いでしょうが、それがなかなか、、、。

トルコの取材旅行中、いくつか目にした華やかなものをご紹介。
20150328_171609.jpg
20150326_115131.jpg

博物館には古いイーネオヤのゲリンタチ(ゲリンは花嫁、タチは冠)がありますが、オスマン時代の宮廷からの風習。
現在もこのようなティアラをつけることがあるようで、今もこのように作られ、売られてもいます。
因に薔薇の花は愛情を表すので、モチーフには薔薇がよく使われます。




  1. 2015/05/01(金) 11:21:10|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ