夏のリング

池袋西武サンイデーで、スカピオサのリングとピアス風イヤリングを作られたK・Hさん。
Facebookに素敵な完成写真を載せていらしたので、お願いして拝借することにしました。
11753778_398122783708314_303302981_n.jpg
中央のチェコビーズは透き通っているので、穴を通るシルバーのディアマントが写り、涼しげできれいです。

ヴォーグ横浜校では、ワンポイントとしてピンブローチにしたり、襟元のボタンにつけても、、、などとアイディアが次々と飛び出していました。どんなアイテムにアレンジされるのか楽しみです。

ヴォーグ学園では、10月生の受付が始まりました。
詳しくは
http://www.voguegakuen.com/school.php?f_school_id=1
ページが飛ばなくてすみません。関心のある方はコピペして見てください。
なお、入学金無料キャンペーン中だそうです。
http://www.voguegakuen.com/event.php?prc=news&sid=33

私たち「ビーズの縁飾り」1回目は、前にもご紹介しましたがラメ糸で作るフラワーブーケの秋色(小倉アイス色?)ネックレスです。
フラワーブーケラメ
いずれトルコで購入してきたスカーフも講習を予定しています。

今回のリングもナザールボンジュウをつけてトルコカラー満載。
イスタンブルのエジプシャンバザールを抜けた問屋街をクマさんと楽しく歩き回ったのは4ヶ月前。あの時トルコに行ってきて本当によかった!と、CRKのみんなと話しています。
いよいよきな臭くなってきましたもの。新聞でもトルコ関連の物騒なニュースが時々目に入ります。問題の国境から離れた地域の普通の方たちは普通に暮らしていらっしゃるのは判っていますが、どこでおこるかわからない自爆テロや爆発などを考えるとやはり心配です。
トルコも日本も平和な国としていつまでも仲良くしていたいのに。

スポンサーサイト

  1. 2015/07/30(木) 23:46:32|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

横浜のできごと

前日に吉祥寺ユザワヤに行き、注文していたラメ糸を購入していたので、朝からせっせと糸巻きし、1玉終わったら新作のモチーフの試し編み。
あれ?今日は何曜日だっけ? 土曜? 4週目? ヴォーグだ!!
講習日に気がつき大慌て、冷や汗。着替えて材料をバッグに詰め、5分で飛び出しました。
あ〜、ついに恐れていたポカをしてしまいました。よりにもよって遠い横浜。
電車に飛び乗りクマさんに説明。学園にも連絡して遅れるお詫びと延長をお願いし、寝室の窓の閉め忘れを義姉にメールで頼み、、、(携帯はありがたい)
30分も遅刻でしたが、クマさんがテキストの説明を予めしてくれていて、皆さま温かく許してくださり、感謝です。早く帰られる方も指輪ができ上がり、ホッとしました。
今月は東京校がお休み、来月は横浜校がお休みですが、今度は行ってしまいそうで今から心配。

恒例チェキ
横浜校の方も”フルーツボール”や”パイナップル”などをつけてきてくださっていました。
パイナップルのラリエット
20150725_123108.jpg
ブルーのアクセサリーがないから作ってしまわれたとか。
好きな色で簡単に作れるからいいですよね。

お嬢さまの家にプレゼントした整理ボックスの写真を見せてくださいました。
DSCF9898.jpg
お子さんのタオルなどを入れられるそうです。

ご自分で羽織をリメイクされた洋服には”スカラップ”の縁飾り。
20150725_122917.jpg

講習後、Art Village Party が開催されている赤煉瓦倉庫に。
とよかさん展示会
羊毛刺しゅうをしている高田とよかさんの、温かさがにじみ出る作品を拝見してきました。彼女は私たちが関わっていたビアンフェをずっと大切にしてくださっている友人です。

ーーー
トルコプレートアイスランドシンブル
左)クマさんと横浜を歩いていると旅行気分でつい衝動買い。トルコのイズニックタイルですが、割れ物や重たい物はむこうで買いにくいし、しばらくはトルコにも行けそうにないから横浜でトルコ土産。
右)アイスランドに仕事で行ってきた長男から、バイキング船のデザインのシンブル。私はアイスランドにはきっとこれからも行かないでしょうから嬉しい。それに海外でシンブルを見たときだけは母親を思い出すらしいのも、小さな幸せ。


  1. 2015/07/26(日) 17:56:18|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オヤの本

3月の後半に行ったトルコ旅行は、オヤに焦点を絞りました。
イスタンブルの手芸店で目についたのはイーネオヤの本。2012〜2014年にこんなに発売されていました。
20150528_121853.jpg
手芸本が少ないトルコでは画期的なことかも。

小さな本を仲間に入れ忘れました。パスポートサイズです。
20150723_140710.jpg

オヤ本の中面には日本で何人かの方が本にされているような、美しい編み図つきも。
ネックレスやピアス、ブローチなどのアクセサリー、めがねチェーン、ブックマークなど、スカーフの縁飾りだけではない作品も紹介されています。
4年前までは糸見本のような薄い本しかなかったのに、海外から高い評価を得て自国のオヤを見直している証拠。どんどん前面に出して行こうと動き出した町や村の様子が窺い知れます。
トルコ独特の美しい手芸を世界中に広め、かつ、トルコの若い世代の人たちに伝承して後世に残す意味でも本は有効な手段。因にどの本も糸のメーカーが主なスポンサーのようです。なので、この類いの本を探すなら本屋よりもレース糸を販売している大きめの手芸屋を覗いてみるのがいいと思います。

トルコのオヤに触発された私たち”ビーズの縁飾り研究会”も、日本流に編みやすくアレンジしたり、独自のデザインを考えて来春出版に向けて邁進中!



  1. 2015/07/23(木) 14:59:40|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

リング&ピアス

金曜夜は阿佐ヶ谷の会で今回は8人。材料とテキストを渡せば編める方々ばかりですが、履歴が様々なので作る物はバラバラの、なんと、5種類。
Kさんが着けていらしたこんぺいとうのアレンジはさすが!
こんぺいとうKさん

ひょんなことから、来月はSさんがトルコのバティッキ(室内履き)を教えてくださることになりました。この会は自由そのもの。どんどん様変わりしそうで、私も楽しみです。

土曜日は池袋西武サンイデー。
講習アイテムはスカピオサのトルコリング。
20150719_101633.jpg

全員にピアス分の材料も入れています。ピアスでない方は、イヤリングパーツにつけ直したり、そのままグラスマーカーとして使ったり、プレゼントにしても。
ノンホールピアスのパーツが便利との情報をいただきました。
ノンホールピアス耳に穴があいてなくても見た目ピアスで痛くないそうです。

恒例チェック改めチェキ!をさせていただきました。(チェキメッキ=トルコ語で写真を撮るという動詞)
こんぺいとうのパープルバージョン。
20150718_105520.jpg
パープル系の装いのKさん、紫のレースは既製だそうです。

ペンケースは、「ビー縁3」”お人形のスカラップ”をダンテル80番糸と特小ビーズで。
20150718_141755.jpg
Sさんはタティングレースやボビンレースも作られる方で細かいのはお得意。

夏らしいヒマワリ。
20150718_155851.jpg
このバッグ、Hさんは100均でみつけられたとか。

私はオリムパスキットの紹介も兼ねて↓色違いを着けていきました。
野辺キット茶色
モチーフは易しい”野辺の花”のアレンジ。太めで編みやすいエミーグランデ糸。幅を出すために2段目を工夫して、キットの基になった作品です。
なお、サンイデーで用意してくださったキットは講習にいらした方々でほぼ完売してしまいました。


  1. 2015/07/19(日) 11:12:20|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワサビ・エリシでバラ

大きな台風の影響で電車のダイヤが乱れるなか、世田谷のワサビ・エリシには10名全員が参加してくださいました。
20150716_100711.jpg
静かな住宅街の中の、別世界のようなオシャレな一角にあります。
トルコのオヤのスカーフやアクセサリー、タオルなどの他、オリジナルの日傘、こぎんベア、アメリカで入手したアンティークの食器など、オーナー・Aさんのこだわりで集められた楽しい商品がいっぱい。特に猫好きの方は必見ですよ。
場所やその他のご案内は以下でどうぞ。
http://www.wasabielisi.com/

本日はバラと葉の講習。
ほとんどの方が1輪は完成(Wさん作)。
2輪できたら、ベトナム製のシルクポーチにアップリケしていただきます。
20150716_121747.jpg

”スマホ・リングストラップにつけると可愛い”と帰宅後のSさんから写メールをいただきました。スマホを片手で持つのにリングストラップがとても便利だそうで、”ビー縁で作れない?”と、お嬢様の提案だとか。
1437053469875.jpg
スマホを持つと指輪のようです。
木綿糸の多いモチーフだと手を洗うときに指輪は外したくなりますが、スマホを持って手洗いするわけはなく、可愛くていいかも。
そういえば、私もスマホにベリーのストラップを下げていますが、指の間にベリーを挟むと落下防止になっています。

前回、オリムパスのキットを買われた方ができ上がりを持って来て見せてくださいました。
20150716_103356.jpg
20150716_103212.jpg
↑このタイプを3個作られたそうで、今日のバラなんて余裕!!

オリムパスのキットはワサビ・エリシに置いていただいていますが、池袋サンイデーのフロアーでも購入できるようになったそうです。
サンイデーの講習は明後日の土曜日。トルコで購入のパーツを使ってスカピオサのリングとピアスを作ります。
午前も午後もまだ席に余裕があるそうです。お天気がどうでしょうか。

ワサビ・エリシ、8月は満席ですが、9月からの受付が始まりました。
http://wasabielisi.com/?pid=86561476
でご覧ください。


  1. 2015/07/16(木) 23:16:36|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

秋のネックレス

今日はうだるような暑さ。これからがいよいよ夏本番というのに、秋のネックレスなんて?とお思いでしょうが、講習予定は2ヶ月先行して決めないといけないのです。
9月は一応ヴォーグ学園も新学期になるので、初心者の方も念頭に編みやすく。
でも、継続してくださる方も多いので、作る気の起きるものをと考えるのが工夫のしどころ。

フラワーブーケラメ

「ビー縁3」の”フラワーブーケ”をラメ糸で編みます。
ラメもゴールド系はよくアクセサリーに使っているので、今回は秋らしいプロンズ色。
ビーズも小倉アイスのような色で作ってみました。
2段目のシルバーの特大ビーズがアクセントになっています。

ネックレスのサイズは悩みます。
個人の首周りサイズも異なりますが、チョーカーサイズが好みの方やロングが良い方。
着けるときの服装も影響します。胸元が大きくあいているか、シャツやセーターの上に着けるかなど。
そんなこんなで、今回はアジャスターつきの留め具にしてみました。
20150713_113453.jpg
----
ひみつの絵

前回ご紹介した塗り絵は翌日にとりあえず完成。花はピンクで葉は緑。素直な性格が表れているでしょう?
枚数を重ねるうちに物足りなくなって、複雑な色の組み合わせやアート的になるのかも。そのうちに色鉛筆もきっと増やしたくなる。マーカーでも塗ってみたくなる。
あー、傍に置いておくと、誘惑されるわ。
いけない、いけない!!
あぶない、あぶない!!
時間に余裕のある方、CRKの天の声がちらつかない方々は、どうぞ楽しんでみてください。



  1. 2015/07/13(月) 12:07:26|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

おとなの塗り絵

先日の朝のテレビ番組でもやっていましたが、おとなの塗り絵がブームとか。
火付け役になったのは↓
塗り絵

2013年6月にグラフィック社から出た本で、イギリスのイラストレーター、ジョハンナ・パスフォードさんが手描きしたペン画です。

母が晩年、「大人の塗り絵」を楽しんでいて、それは植物画の見本通りに塗るものでした。おかげで、幸か不幸か水彩色鉛筆や筆が私の手元に揃っています。
色の勉強にもなるし〜、気晴らしも必要だし〜、と独り言い訳しながら始めたら、楽しくてやめられない!
(完成には時間がかかりそうなので、途中で泣く泣くストッップ)
ひみつの花園中面
20150710_165202.jpg
自分の好きな色で塗れるところが楽しいポイント。
それに、必ず昆虫や生物が隠れているそうです。

息子が生まれた頃に買った安野光雅さんの「ABCの本」を思い出しました。
ABCの本
へそまがりのアルファベットという副題で、トリックアートの文字。
そのアルファベットから始まる絵が右ページにあり、ペン画のボーダー柄の中にはさらに他の絵が隠されていました。
例えば、Bなら、バード、ビー(蜂)、ボタン、ベル。
DSCF9888.jpg
昔からこのタイプが好きだったのね〜、ハマるのは仕方ない、と、妙に納得。




  1. 2015/07/10(金) 16:57:57|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トルコの影絵

日夜ビーズ作品を作ってはいるのですが、まだ発表できないので、トルコ旅行こぼれ話を。

3月にトルコを訪れた際、影絵を見る機会に恵まれました。
もちろんオヤの取材がメインでしたが、こんな体験もできてラッキー。
カラギョズ1
トルコの影絵芝居はカラギョズといい、黒い瞳という意味ですが、主人公の名前だそう。
無形文化財にも指定されている伝統文化です。

彼1人で2人分の声色を使い分け、芝居を見せてくれます。
カラギョズ2

最初に登場人物の声で「今日は遠く日本から友達がきてくれたよ」などと言っていたので、アドリブがかなりの部分あるようでした。理解できたのは悲しい事にここだけ。
早口だし筋はチンプンカンプンでしたが、2人でなにやら言い争いをして引っ張ったり、蹴ったり、倒れたり。
言葉が理解できれば、きっと笑ったり、声援を送ったりするところ。
その時の観客は私たちだけだった(というよりも、私たちのために演じてくれた)ので、し〜ンと見ていて申し訳ない思い。でも、日本の紙芝居と同じで、子供達の笑顔が容易に想像できました。
カラギョズ3

こっそり裏側に廻ってみました。棒1本だったとは!
カラギョズ4


  1. 2015/07/06(月) 21:39:59|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

友の縁飾り

同級生で「ビー縁」を楽しんでいるMMさん。
自分の服はもちろんですが、友人(特に海外の)によくプレゼントするのがセーター。
オーソドックスな無地のものを購入して自作の縁飾りを縫いつけます。
世界でたった1枚の、心のこもったセーターで、とても喜ばれるそう。

彼女から、たま〜に、色や材料の相談や編み方の質問があります。相談にのる代わりに「Beaded edge」という英語版も宣伝してとお願いしています。
CRKデザイン作のYouTubeもあるので、フェイスブックに海外からメッセージをいただくことがあります。先日はメキシコからスペイン語で褒めていただき、こちらは英語で返答。かなりアバウトな会話のやりとりでしたが気持ちはなんとか通じたもよう。あとでクマさんに2人のやりとりを見せたら、不思議と成り立っていると笑っていました。(実はスペイン語を少々たしなむクマさん)

MMさんから、今回完成させた2点の写真をメールで送ってもらいました。
「ビー縁2」から”寄せる波”
写真 4
写真 1
1段目に使ったパールが効いていて上品。

「ビー縁3」”雪溶けの雫”。
写真 3
写真 2
メタリックビーズとマガ玉で、雫がしたたり落ちるようできれいですね〜。
台湾の女の子の誕生日プレゼントだそうです。台湾語版も出ていると教えてほしい。


  1. 2015/07/02(木) 23:22:27|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ