乙嫁語り

20161230_154842.jpg
6月の展示会@トーホーギャラリーを見にきてくださった方から、このコミックが面白いと教えていただきました。
すっかりはまってしまいました。

19世紀の中央アジア、カスピ海周辺の村の話し。
特にトルコというわけではありませんが、きっと同じような伝統や風習。
花嫁支度、手仕事、民俗衣装などが精密に描かれています。

12月に発売された9巻では、嫁入りの持参品、特に布支度が整わないと結婚できないので、せっせと刺繍する場面があります。
『縁飾り(オヤ)の見本帳』のチェイズを思い出します。

愛しい人のために焼くパンの表面に模様をつけます。
タンポポ=綿毛が風に運ばれるように良い知らせが届きますように、鷹の爪=魔除けで、健康でありますように、縄=良いご縁で結ばれますように、などで心を伝えるのです。
オヤのモチーフにも意味があるものがあります。
ところどころに出て来るこんな豆知識がとてもそそられるのです。

私のこと故、アミル、ライラ、レイリ、タラス、パリア、など次々に登場する女の子の名前が覚えられないし、可愛い顔の区別がつかないときがあるのですが、そのあたりはスルー。

3月3日までポーラ美術館で「シルクロードのよそおい、トルクメンの装身具を中心に」展をやっていると本の帯にありました。
私たちの次の本のためにも、勉強しに行かなくては。

ーーおまけーー
当選しました!
あっ、宝くじではありません。
パン屋さんのエディーズブレッドでいただいた抽選券のうち、1枚が3等に。
賞品は
20161230_154602.jpg
箱の中は新幹線の袋に入ったフィナンシェ
20161230_162318.jpg
賞品が何であれ、終わりよければ全て良しで、今年も良い年だったなあ、とちょっぴり幸せな気分に。

本年も拙いブログにお付き合いくださいましてありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
皆さまにとっても幸せな良い年になりますように!

スポンサーサイト

  1. 2016/12/30(金) 17:04:44|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

忘年会

会場は大滝カメラマンのスタジオ。
去年は『ビーズを編み込むすてきアクセサリー2』のプロセス撮影が年末まで続き、忘年会どころではなかったのですが、今年はCRKもちょっと余裕の飾り付け。
2016忘年会jpg

展示会でいつも大人気のガーランドは、『ビーズの縁飾り Vol.1』P45と同じデザインのもの。
20161228_125115.jpg

ビー縁が出た2008年の夏、ご縁のあった岸朝子様から「高島屋の〇〇さんに本を見せたら、展示会をしたいとおっしゃるの。○日○時に会いに行っていらっしゃい」と言われ、CRKの北谷さんと2人で伺いました。
作品を見せてお話しを聞くだけと軽い気持ちで出向いたのですが、展示会日程や会場がすでに抑えられていて、”天下の高島屋”さんから売り上げ目標額も提示され、ビックリ。(ビーズ番号以外の数字には弱いので額は忘れましたが、私たちはビーズ百何円の世界なのに・・・と思いながら0の数を数えた気がします。)

朝の連ドラ ”べっぴんさん” で、すみれちゃんたちが大急デパートで初めて打ち合わせする場面がありましたが、まさにあの通りでした。(あの初々しさはありませんが、気持ちは同じ)

石本さんにスカーフを販売していただき、ニット作家さんの作品に縁飾りをつけたり、染色作家さんのストールに縁飾りをつけたり。ガーランドやスクリーンはこの時から。
CRKのチームワークの頑張りと友情出品の作家さんたちの協力のおかげで無事に終えることができました。
実はその準備期間、私は2巻目のために2回目のトルコに。
その代わり、イベント期間中は毎日ワークショップを頑張りました。

おしゃれ工房出演の1週間後に企画された展示会だったので、テレビ効果で大盛況。トルコのオヤを初めて目にする方がほとんどだったのではないでしょうか。
雄鶏社の『ビーズの縁飾り』(今は黄色の帯つきでグラフィック社から出ています)はよく売れました。

忘年会の話しに戻りますが、1品持ち寄りの大ご馳走。
おいなりさん、焼きそば、煮豚、千枚漬け、豆のサラダ、グリーンサラダ、マカロニサラダ、人参サラダ、ディップ、柿の白和え、シフォンケーキ、パウンドケーキ、などなど、全部ぜ〜んぶ手作り。
20161227_204059.jpg
左は杏、右はレーズンとクルミ

前菜からデザートまで何品もお持ちくださる方もいらして、私が楽しみにしている大滝さんの手作りピザが焼けるころにはすでに満腹状態。でも、もちろんいただきましたが、絶品ですよ〜。
20161227_202016.jpg

私はトリ団子のパン粉揚げ、プチトマトのサラダ、十八番のリンゴのクリームゼリーを持参。
2016忘年会食事jpg
プチトマトを湯むきしてキューピーのレモンドレッシングで和えて冷やすだけ。孫たちにも、いつも好評です。どうぞお試しください。

ひよこ豆のピューレ(トルコではフムス)とピタパン、豆のサラダは喜んで自宅に(終電で)お持ち帰り!


  1. 2016/12/28(水) 14:54:12|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

クリスマス飾り

昨日は大学時代の仲間がお客様でした。
トイレは賑やかに飾り付け。むか〜し作った人形です。
20161223_204906.jpg

クッションオーナメントは高校仲間のバザーで毎年作っているもの。
20161224_102620.jpg
葡萄はトルコのエディルネという町の名産で石けんです。
実を外すのが勿体ない気がして、しまってあったのですが、とっておいても仕方がない。使えるものは使って減らさなければと思うようになりました。1粒外して使用したけれど、なかなか減りそうにもありません。断捨離には程遠い。

額も掛け替えました。
ん十年も前の作品で、たしか「ハート」がテーマのレッドワークのサンプラー。
20161224_101730.jpg

いただいたワインの瓶が可愛かったので、さっそくワインエプロンをしてみました。
20161223_120032.jpg




  1. 2016/12/24(土) 11:05:18|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月講習終了

今月初旬、風邪で体調を壊しましたが、10日からの講習前日には回復し、穴をあけずに無事にすべての講習を終えることができ、ホッとしています。

今週も、、、
19日(月)=ヴォーグ東京校はワインエプロン
午前も午後のクラスもほぼ完成
20161219_151518.jpg

来月はオーシャンブルーのネックレス。
20161216_153745.jpg

ワインエプロンとグラスマーカーは『ビーズを編み込むすてきアクセサリー2』”グローリアスモスク”の中央部分のパーツを独立させたもの。そしてこのネックレスは”モスク”の両脇チェーン部分。
色や素材が違うと全く別ものになりますね。

チェキ!
大判ストールの両端に房がついているため、長い辺に”プランター”をつけられたOさん
20161219_105319.jpg
色違い”ひまわり”のラリエットをつけていらっしゃいました。
20161219_120119.jpg

20日(火)=トルコ文化センターでは”葡萄”
エミーグランデで編み方をマスターしたあと、Kさんはオヤ糸に挑戦(左)
20161220_133734.jpg
小さくなればなるほど繊細で可愛い!
他のクラスから葡萄のリクエストが出ているので、春に何らかの形にして講習します。

21日(水)=ワサビ・エリシでは”珊瑚”のネックレス。
モチーフの繰り返しなので、手を動かしながら楽しいおしゃべりに花が咲きました。
”ドングリ”のブローチ、”フラワーブーケ”のネックレス、”プランター”のストール、”七宝レース”のミニスカーフ、”ベリー”のメガネチェーン など、作ったものを着用されている方々が多くて、嬉しくなります。

次回1月のワサビ、第3木曜日(19日)=ワインエプロンとグラスマーカー
第4水曜日(25日)=スカラップのネックレス
スカラップネックレス
ワサビ・エリシのHPからワークショップに進んでください。詳しい内容が見られ、お申し込みがネットでも簡単にできるようになりました。



  1. 2016/12/22(木) 00:19:48|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ドングリと葡萄

昨日は池袋西武サンイデーでドングリのブローチ。
ヴォーグにも通ってくださっているKさん。
20161217_145931.jpg
(手ブレ、ピンボケごめんなさい)
ヴォーグでは2年前にブックカバーにドングリをつける講習をしたので、今回のブローチはカリキュラムに入れませんでした。それで、こちらにも参加してくださったのです。
「以前やったモチーフでも、色やアイテムが違えばやってほしい」「途中から入ったから作りたい」などのご意見を他の方々からもいただいています。今後、人気のあるモチーフは考え直そうと思いますが、まだまだ講習していないモチーフがあるのでねー。

サンイデーに長く参加してくださっているHさん。
20161217_150556.jpg
七宝編みも余裕で完成!
横浜のビーズアートショーで知って講習初参加という方もきれいに編めました。

土曜日はかけもちで、次は新宿トルコ文化センター。
こちらではリクエストのあった葡萄です。
私が用意した6人分の材料は
20161217_165512.jpg
糸をピンチに小巻にする方法は、羊毛刺繍の高田とよか先生に教わりました。
糸端を挟めるのが嬉しい。

手加減によって、同じ目数でも大きさがこんなに違います。
20161217_180014.jpg
私の講習は、ある意味「トルコ式」でゆる〜いので、正解はありません。
針は6号でも8号でも。引き抜きでもこま編みでも。目を割っても束でくるんでも。5目でも6目でも。
もちろん、こま編みでないとダメな場合や、目を割らないといけない場合も時にはありますが、だいたいは楽な方法、好きな方法で、楽しく編めればそれが一番!

『ビー縁2』の作品はオリムパスエミーグランデですが、「金票40番の糸では編めませんか?」との質問が。普通、糸が細くなれば、くさりやこま編みの数をふやさないとバランスがとれません。でもビーズも小さくすればOK。
エミーグランデ:丸大ビーズ=金票:丸小ビーズの方程式が成り立ちます。
本でプロセス解説をする場合、見やすいようにしたいので、金票(またはDMC30番)+丸小の作品はエミグラ+丸大でプロセス写真を撮ることがよくあります。同じ色がなかったり、サイズがかなり変わるのでできない場合もありますが。

時間内に材料不足もあって試作をお見せできませんでしたが、帰宅後、作りました。(一応モチーフ研究日なので)
20161218_094525.jpg

ウールのストールやコート、ニットのセーター、フリース、フェルトのバッグや帽子、などには大きい葡萄が似合います。
でも、小さいの、とっても可愛いですよ〜。


  1. 2016/12/18(日) 10:49:14|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

毛糸爆弾

ワサビ・エリシの店先にある大きな欅。
20161215_100907.jpg
温かそうにカラフルな毛糸で巻かれ、ポンポンなどで飾られています。

これはknit bombing(毛糸爆弾)と呼ばれ、海外のFacebookなどで時折見かける光景。
自転車、自動車、ベンチなどがカラフルな毛糸で覆われます。ボートも見たことがあります。
でも、実物を見たのは初めて。

ワサビ・エリシで作品を展示販売される「ニット男子部」の方々が作られ、お客様や近所の子供達が協力して飾られたそうです。詳しくは ワサビ・エリシ 店主のブログ で検索してご覧ください。

看板や、水道、店内のスツール、植木鉢などの小物もニット。
20161215_100926.jpg
ニット爆弾スツール
20161215_101139.jpg

隣のギャラリーも同様。
20161215_100828.jpg
この2階で10:30分から2時間、ワークショップをさせていただいています。

来週水曜日(21日)の講習は満席だそうですが、珍しい毛糸爆弾を見がてら、見学にいらっしゃいませんか?
お店では、オヤのついたヴィンテージスカーフがセール中!
斜め前のおいしいパン屋さんも水曜日はオープンしています。

本日のビー縁チェキ!
ドングリの3連ネックレスを作られたOさん。
20161215_114657.jpg

お手持ちの大判スカーフの周囲に七宝レースをつけられたIさん。
20161215_114607.jpg
ピアスは、先日のトルコフェアで、小島先生のワークショップに参加された作品です。


  1. 2016/12/15(木) 23:07:56|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

葡萄

12月の講習は新宿トルコ文化センターから開始。
10日の土曜クラスと本日13日の火曜クラスで作り始めたのは珊瑚のラリエット。
次回はモチーフ研究日。
「それぞれ、今までのやりかけを完成させる日にしては?」と提案したのですが、やりかけは年末年始のお楽しみにするから新しいモチーフにしたいと。(なかなか楽をさせてはくれません)

ピンクの「ビーズの縁飾り2」から”葡萄”のリクエストが出ました。
20161213_211554.jpg

実物は我が家にありますが、葡萄棚のように下がると素敵。
20161213_211836.jpg

それでも、2時間の講習で、あくまでもモチーフ研究なので、見本に作ったのはワンモチーフ。
20161213_211918.jpg

太いエミーグランデの葡萄とDMC8番の葉です。
”せせらぎ”や”ハート”のようにお手持ちの糸とビーズで編みましょう、というわけにはいきません。
とりあえず私が1〜2個作れるように材料を用意することにしました。
お気に召したら、ご自分で糸やビーズを買いそろえて、バッグを飾ったり、ストールでもベッドカバーでもご自由に。

今日は、トルコのダンテルの教室を始められるギュルシャー先生が参加してくださいました。
来日して9年ということで、日本語は堪能。
両国の手芸用語を教えあったりして、とても良い出会いをいただいたと思います。そのうち、トルコ料理を教えていただく企画も急浮上。
15167445_1040913796036162_512452874321511490_o.jpg
デザインファイルを見せていただきましたが、私も習いたいデザインがいっぱいありました。



  1. 2016/12/13(火) 22:23:26|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オビつき〜

お待たせしました!
20161208_111854.jpg
そろそろ書店に並ぶ頃でしょう。
重版です! 
新刊ではないのでお間違いのないように。

展示会や講習会にみえる方で、「どれかは持っているのだけれど、どれだったかしら?」という方が結構多い。
もちろん「全部持っています」という偉い方(!)もたくさんいらっしゃいますが。
書店でもアマゾンでも品切れ状態が続きましたが、ようやく3巻揃って販売となりました。
インパクトのあるきれいな帯がついたので、これからは「黄色はあるけど、ピンクとグリーンがない」などと認識していただけそうです。

お持ちでない方に買っていただけるよう、持っている方には活用していただけるよう、オヤ伝導を頑張らないと、と決意を新たにしました。

講習会の準備をコツコツしています。
20161208_112807.jpg
この倍は作らないといけません。

先月、「直線縫いを2本するだけなので、ご自分で縫っていただけますよね」と作品を紹介。
そのときの反応が「は〜い!」ではなく、「ふぁ〜い」というニュアンスで聞こえました。
せっかく取り寄せたツヴァイガルトのテープが無駄になる恐れを感じ、せっせと縫っています。
もちろん、ピアスとブローチになさるなど、アレンジはご自由ですが、一応、提案のアイテムはワインエプロンなので。

その他、ビーズやパーツはこんな感じです。
20161208_114805.jpg




  1. 2016/12/08(木) 12:26:44|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

165Bはザクロ

果物屋さんで大きなザクロを買いました。
「ビーズを編み込むすてきアクセサリー2」で作ったモチーフのように切ってみたら
20161205_081815.jpg

今更ながら・・・やっぱりこれはトーホービーズ丸大165Bがぴったり。
20161205_082910.jpg

基本は赤。遊びでカラーバリエーションを作りましたが
20160309_201551.jpg
ピアスやペンダントトップなどのアクセサリーとして考えれば、服に合わせてオレンジ色や黒もアリ。
若い方ならポップなピンクのピアスも可愛い。
それこそピアスパーツをつけて、グラスマーカーにすれば楽しいのではないかしら。

ザクロスペシャルのセット、まだありますよ。
20160603_162037.jpg

トルコではザクロのデザインがたくさん使われています。
石本家にある小さな花瓶もザクロでした。
20160522_195621.jpg




  1. 2016/12/05(月) 11:00:20|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

池袋でのニット展

去年のニット展で購入し、愛用したネックウォーマー。
12498572_772429006223709_647380122_n.jpg
温かく重宝なので、グレー、黒、オリーブグリーンと3色持っています。
今年もそろそろ出番ですね。

去年は見た方から「編みたいからキットが欲しい」「製品を欲しい」という要望続出。
伝えたり、渡したり、仲介ボランティアをたくさんしました。

不思議と私の昔からの友人には”編みたい”人が少なく、製品を欲しがる人ばかり。かくいう私も製品希望組。

学友のIさん
20160119_122809-2-1.jpg
昔のママ友のKさん
DSC_1024.jpg

一方、講習にいらっしゃる方々はほとんどが”編みたい”方でした。やはり自分で作るのが楽しいのよね。

そのニット展、今年はコレ↓
15178044_957657947700813_3318718746782022700_n.jpg15196001_957659087700699_7816099606057088968_o.jpg

清水さんは手が何本あるの?と問いたくなるくらいたくさん編みます。手の動きが2倍速?
マフラー、帽子、クッション、小物などアイテムもいろいろ。
今年もうかがうのを楽しみにしています。




  1. 2016/12/03(土) 16:49:49|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月講習予定

私の講習は第3○曜日、第4○曜日ですが、12月は例外。
24日の夕食時にオヤの講習は寂しすぎる気がして変更したり、27日は年末でせわしないので繰り上げたり。
実際は、イブなんて関係ないし、別に大掃除もしないし(→これは私)、、、かもしれないのですが。

12/10(土)、13(火)・・・新宿トルコ文化センター
15(木)、21(水)・・・ワサビ・エリシ
どちらも”珊瑚”のラリエット
珊瑚のラリエット
内角銀のビーズがキラキラして、クリスマスやお正月、ちょっとだけおしゃれしたいときに重宝します。

すでに実施した阿佐ヶ谷クラス、ヴォーグ学園、サンイデーの方達からは、「留め金がないのが嬉しい」「作ってほしいと頼まれた」「プレゼントして喜ばれた」「長いラリエットも作ってみた」「ブレスレットを作った」「色違いを作った」など、好評の声が寄せられています。初心者の方でも作れます。
ワサビ・エリシは空席があります(→03−6379−2590)

5月の展示会でも、金色のベルトバージョンをブレスレットになさった方が見せに来てくれましたっけ。
20160622_142844.jpg

17(土)、20(火)・・・新宿トルコ文化センター
モチーフ研究(未完成品の持ち寄りになる可能性、大。できるだけ年内に完成を目指しましょ)

17(土)・・・池袋西武サンイデー
”ドングリ”のブローチ
ドングリ3
パーツの色や形を代えればクリスマスバージョンにもなります。
たぶん、まだ申し込み受付中(→03-5949-2607)

19(月)・・・ヴォーグ学園東京校
16(金)・・・阿佐ヶ谷クラス
どちらもワインエプロンとグラスマーカー
エプロン&マーカー

ヴォーグ学園横浜校はお休みです。(←自分に言い聞かせ)


  1. 2016/12/01(木) 14:39:05|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ