ラメ糸でスカラップ

先週土曜日と本日火曜日のトルコ文化センターでコレ↓
スカラップネックレス
何にも合うので、私自身も重宝している”スカラップ”のネックレスです。

これは『ビー縁3』で人形の縁飾りとして紹介した編み方。
本ではDMCダンテル80番という極細のレース糸に特小ビーズを入れた今までで一番小さい縁飾り。
それをダルマのラメのレース糸に替え、内角大(No.22)ビーズと特大ビーズ4mm(No.722)を使用。
8号針で編みやすくし、幅も太いネックレスにアレンジしたものです。

最初と最後を除き、特大ビーズと特大ビーズの間に内角大を9個ずつ通します。それを約45回。これが8個だと上手く編めないので、集中してビーズを通します。特に内角ビーズはキラキラして見にくい。
シーン。
編み地を頻繁に返して行ったり来たり、編み進み方がちょっと複雑。
私が話しかけても誰からもお返事がない。途中で止まると、どこを編んでいるのか判らなくなるらしい。
シーン。
というわけで、いつになく静かな講習会でした。

でも、様子がわかってくれば、あとは繰り返しなので大丈夫・・・だと思います。
トルコ文化センターはひと月に2回あるので、来週続きを編むこともできるし。

土曜日はシェケルパーレ(ŞekerPare)というシロップ漬けクッキーをいただきました。シェケルはお砂糖のこと。
20170916_183016.jpg
甘〜いクッキーに熱々のチャイがおいしい。

火曜クラスは終わってから7人全員でトルコのランチ。
20170919_142959.jpg
私が選んだメインは、ほうれん草と鶏肉の煮込み。白い飲み物はアイラン。
その他にスープ、パン、チャイ。リーズナブルなランチです。

トルコでは、ヨーグルトはほとんど毎食用いられる食材。スープなどの調理の段階で入れたり、ケバブやキョフテ(肉団子)、煮込み料理の仕上げに、ソースのようにかけたり。
私は辛味が苦手なので、カレーにも入れてまろやかにすることも。

チェキ!
土曜のIさん、リネンの服に、麻糸のフィルケテのネックレスがよく似合います。
20170916_183048.jpg

火曜のKさん、トルコのスパングルの縁飾りがきれい。
20170919_134012.jpg

スポンサーサイト

  1. 2017/09/19(火) 22:05:41|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ