チャイと仲良し

火曜日は新宿トルコ文化センター、木曜日はワサビ・エリシで ”アイス・スパイラル”。
明日、土曜日もトルコ文化センターでコレ。
ドンドルマ

私の練習していたときの写真なのでレース糸は異なりますが、こんなふうに編みます。
20170716_182423.jpg
これにビーズを通した糸で2段目を編むと上のように美しいスパイラル模様になるのです。

来週水曜日(25日)のワサビ・エリシはまだ空きがあります。
スパイラルをつけたバッグの講習は、おそらくこれでひと通り終わります。
作り方が気になる方は是非お申し込みください。

なお、ワサビ・エリシでは30日まで「TACOの秋の服」を開催中。
20171019_130143.jpg
カラフルなガーゼを主体にした服や下着で、身体と心を開放させるような軽さと着やすさに魅了されたリピーターさんも多いようです。

トルコ文化センターでは、アシュレ(AŞURE)というお菓子をチャイとともにいただきました。おかわりが欲しくなる美味しさでした。
20171017_131415.jpg
「ノアの方舟(はこぶね)」とも呼ばれています。
ノアは大洪水の後、トルコのアララット山に辿り着くのですが、わずかに残っていた乾物や穀物を1つの鍋で煮て、皆で分けて飢えを凌いだという言い伝えがあります。
そのお話のように、材料は乾物で種々雑多。
私が持っているトルコ料理の本による材料は、
麦、白いんげん豆、ひよこ豆、干し杏、干し葡萄、干し無花果、オレンジピール

本日夜は自宅教室。”ホームメイドのお菓子でティータイム”を売りに(自己満足の世界ですが)しているので、これも良いかなと我が家の船底?を点検。豆やドライフルーツはいろいろあるのですが、肝腎の麦がない。それに、豆類は前夜から水に浸しておかなければならないので断念。いつかきっと作ってみます。
ある材料で手軽に作れるお菓子・・・”木の実のケーキ”はたしか前回作ったから、ローテンションで”アップルグラタン”に。無塩バターをボウルに入れて室温に放置してからこのブログを書いています。
旅先で購入してきたロクム代わりのクルミゆべしもあるし、友人からいただいたハーブティーをチャイグラスに淹れましょう。

昨夜はトルコ語が会場の都合でお休みだったので、先生と一緒に新宿のトルコレストラン「パムッカレ」で会食。
20171019_190905.jpg

乾杯したアイランやご馳走(ピデ、マントゥ、ボレッキ等)は撮り忘れました。デザートのドンドルマです。
20171019_211318 のコピー

火曜日のレッスン後にいつものチャンカヤでトルコのランチをしたし、ワサビ・エリシでもチャイをいただきました。
明日も新宿で出していただけるでしょうし、今週はチャイグラスで、ほぼ毎日おいしいチャイを飲むことに。

スポンサーサイト

  1. 2017/10/20(金) 11:21:44|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ