FC2ブログ

トルコオヤ旅−10

翌日はバルケスィルからギョネンのオヤバザールへ。
『見本帳』p.165,168,174 で協力していただいたナズミエさんに会えたら本を渡したい。
そのために早朝出発の予定。
6時前に設定した携帯アラームをとめようと身体の向きを替えたらベッドから落下。
右目のあたりをサイドテーブルの角にぶつけ、病院で眉間を3針縫うというアクシデントに。
(海外ホテルのスプリングの良い高さのあるベッドにはご注意ください)
幸いなことにMRIで頭に異常はなく、目をアイパッドで閉めてホテルに帰りました。
私のカタコトトルコ語ではなかなか通じないところ、グーグル翻訳を駆使したクマさんとチャーバンさんには大変お世話をかけました。

前夜のメッセージのやりとりで、予定通り出発していたら会えなかったはずのセルディルさんと感動の再会。
怪我の功名とはこのことを言うのでしょうか。
018,9,4:2
見た目が痛々しくお見苦しいので帽子で隠していますが、
トルコのアイパッドは↓
IMG_1071.jpg

これは女性用。初めに買ったのは男性用で一回り大きい楕円で眉間の傷も隠れました。
見る方はギョッとするかもしれませんが、使う身としてはズレない、取れない、紐で耳が痛くなることもない。日本でも扱っている薬局はあるけれど、ほとんどの方が眼帯を選ばれるらしい。トルコでは眼帯は見かけないそうです。
パッドの大きさに男女の差があることに驚きましたが、トルコの方に夫婦湯呑みを贈った時、男女の差に驚いていましたっけ。所かわれば、、、

お昼頃ギョネンへ。私はバザールは見ずにおとなしくチャイを飲んで待っている・・・のはずでした。
ナズミエさんはいなかったけれど、ナズミエさんの隣のブースだったという方が現れたから、と、すぐに連れ出され、ナズミエさんは引っ越したけれど連絡はとれるという家族に紹介してもらって本を託せました。

市場に行ったからには、片目で急いでお買い物も。
イーネオヤはしないのに、エフェオヤの新しいモデルをたくさんみつけてしまった。
お口直しにご紹介します。
IMG_1081.jpg IMG_1080.jpg

IMG_1079.jpg IMG_1078.jpg

IMG_1077.jpg IMG_1076.jpg
気持ちが下がっている私が片目で選んだせいでカラーが地味ですが、本場ではもっとカラフル。
いつかどこかで展示会をすることになれば、美しい実物を見ていただきたいです。
選んだのは中心にパーツを使うモチーフ。
ビーズを入れるデザインもできそう・・・
その後のパーツ探しの幅が広がりました。

ヤロワから車ごとフェリーでマルマラ海を渡り、イスタンブールに。
ホテルでは智子さんが待っていてくれました。

スポンサーサイト

  1. 2018/09/30(日) 02:19:42|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ