FC2ブログ

in安曇野−2

ワークショップは一応スケジュールを決めて予約を受け付けましたが、申し込みはまばら。
結果、作りたい方は作りたいものをご自由にどうぞ、、、になりました。

IMG_2143.jpg

お好きな色で”カーネーション”を2つとおまけの”ベリー”を作られた方も。
IMG_2146.jpg

時間切れになり、翌日続きを編まれて”カモミールとビオラ”完成
IMG_2176.jpg

”ひまわり”のネックレス
IMG_2213.jpg

”フルーツボール”のラリエット
IMG_2144.jpg

パトラ糸で編む”ミモザ”のブレスレットもアイテムに加えました。
IMG_2140.jpg

ほとんどマンツーマン状態で教えるクマさん
IMG_2201.jpg

東京から安曇野に遊びに来て、サイクリング中寄ってくださったお二方は、”ビーチグラス”のブレスレットを色違いで編まれました。
IMG_2138.jpg

ママより器用、と自他ともに認める末が楽しみな9歳
IMG_2212.jpg

エコタワシを2年前に編んだことがあるという中学生も”ビーチグラス”を編みました。
ドライブ中、食事したところでここのチラシをみつけて寄ってみたという若い女性2人組に、
「ベリーを10分以内で編んでお見せしますがご覧になりませんか?」と
キャッチセールスして勧誘に成功。”ビーチグラス”を編んでいただいたことも。
ブレ・ノアールにガレットを食べにいらしたご夫婦がふらりと見てくださり、奥方が「編んでみたい」と。
優しい旦那さまは待っていてくださるという微笑ましい例も。
近くの『しゃくなげの湯』の帰りにポスターが目につき寄られた方が、「私にも編めるかしら」と。
私に「編んでください。家に帰って独りでゆっくりやってみます」とおっしゃる方には、編んで見せて見本と材料をお持ち帰りいただくサービスも。
(※東京や横浜のように参加者の多いワークショップではこのサービスはできません)

こうして安曇野の地に蒔いたボンジュックオヤの種はいくつ育つでしょうか。
一様に、編みたくても材料が手に入らないとおっしゃる。東京でも揃えにくいのだから地方ではなおさらでしょう。
せっせとヴォーグの通信教育 テナライ をお勧めしてきました。
毎月、道具と材料セット、テキストが自宅に送られてくるのは便利。ポイントの動画も見られます。
しかもひと月2,600円はお得だと、私も心底思っているので。

なお、同様のワークショップを6月の横浜ビーズアートショーでも行う予定です。


スポンサーサイト

  1. 2019/05/12(日) 16:07:53|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida

  • まとめ