FC2ブログ

いちごのバングル

昨日16日は自宅教室で ”いちご” を作りました。
早速つけて帰られた方も。
IMG_2764.jpg

ティータイムはアップルグラタンのみいバージョン
IMG_2763.jpg
冷蔵庫にあったりんごと、他の材料(バター、砂糖、卵、小麦粉、ベーキングパウダー、レーズン)で、猛暑の中、買い物に行かずに作れました。
トッピングもアシュレ用に常備しているくるみ、アーモンド、松の実で好評。

〜〜〜〜〜
この3日間、家にこもってクーラー漬けの生活。
新しいアイテムのための情報インプットと試作で至福の時を過ごしています。
甲子園の熱戦も楽しい! 今日の関東一高も素晴らしかったですね。

昔から海外の手芸本を見るのが好き。
IMG_2766.jpg
左はトルコで見つけたアクセサリーの本。トルコは書店が少なく、手芸本も滅多に見つからない。というか、日本人が特に本好きで、本を見て作る人が多いのでしょう。いつかトルコからいらした方を書店の手芸本コーナーにご案内したら、とても驚いていらした。

右はポーランド。
ヴォーク学園では手芸材料や道具、本の販売をしています。玉椿さんの洋書コーナーで見つけた本。どこの国の本かわからなかったのですが、友人の協力でポーランド語と判明。
そうとわかればGoogle翻訳で単語は探せます。便利な世の中ですね〜。
「タオルの縁飾り」があり、トルコと同様に、タオルの両端にレース編みをつけるらしい。

ポーランドも記号はほぼ同じ、かぎ針の持ち方も日本と同じ。
IMG_2767.jpg
編み図のあるもの(少ないけれど)は楽に編めました。
が、どうやらこの本はイタリアの本をポーランド語に訳して出版しているものらしい。

こうして推理しながら他の国の手芸を解読していくのが好き。
思えばオヤとの出合いもアメリカの雑誌『ピースワーク』からでしたもの。

それにしても、日本の、特に私たちの本は、編み図やプロセス写真が豊富で丁寧。
写真も綺麗だし、紙質や製本が良い。
こんな本は世界中探してもないのでは?と自画自賛。


スポンサーサイト




  1. 2019/08/17(土) 23:01:43|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida