FC2ブログ

ブルグア

横浜ユーラシア文化館で催された
「サウジアラビア、オアシスに生きる女性たちの50年」より

サウジアラビアの一部の地域の女性たちが半世紀前までつけていた飾面、ブルグア
IMG_3445.jpg
(展示パネルより)
暑そう、息苦しそう、、、ですが、直射日光を遮って顔はひんやり涼しいとか。砂漠の砂嵐から守る効果もあるらしい。

ガラスケースに展示されていたので前から撮影
IMG_3444.jpg

1枚の赤い布の目の部分を長方形に切り取り、中央は山形につまんでコインが下がっています。
目の下にはアップリケやステッチ、両脇には房飾り

解説書によるとブルグアの材料には
「ティッルと呼ばれる平銀糸を織り込んだコード状の組紐」
トルコでテルクルマという銀線を使った刺しゅう技法があります。
テルは銀線・・・同じ!! 
初めてクマさんと一緒にトルコに行った時(もう13年も前!)テルが珍しくて購入しました。
ビーズやボタンも我が家にもあるもので作れそう。

後からも撮影。
IMG_3460.jpg
この穴から外の世界を見るわけです。
「見られる私」より「みる私」
片倉もとこさんの、この言葉には”目から鱗”でした。

マネキンがつけていたので横からも。
IMG_3461.jpg

母から子へと受け継がれるもの
下辺にまつり縫いが施されていない箇所があり、これは邪視よけの効果を期待するもの
連続するチェーンステッチの三角形は、家庭内での安定という意味が込められている
等々
トルコのオヤにも似ている。どの国の手芸にも通じることがたくさんあるのが興味深いです。

作るのは楽しそう!
もちろん、作りませんよ。特に今は年末ですものね〜。
それよりも次の講習のアイテムを早く作らなければ。
みなさまには、「お楽しみに〜」とお茶を濁したまま年を越してしまいます。
いっそのこと次回はコレにしてみるとか?なんて(笑)

〜〜〜〜
昨晩はCRKの忘年会。
カメラマン大滝さんのスタジオで。
IMG_3550.jpg

本(ビーズ関連ではありませんが)の入稿が・・・
夕方までプロセス撮影を・・・
他の冊子のレイアウトも抱えて・・・
チョックチョック(超超)多忙のCRKなのに、やるとなったら宴の演出も手を抜かない!
藤井さんのサズのライブもありました。
IMG_3553.jpg

持ち寄りの私の手料理、「トリのマーマレード煮」と「スルタンのお気に入り」は好評だったので、いつか私流(手抜き)作り方をご紹介したいと思います。
11156078500534.jpg 11156079020405.jpg
みなさま、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

スポンサーサイト




  1. 2019/12/28(土) 15:32:16|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月のチェキ

”ハールカ”のポーチ
若い方は いつも持ち歩くi pod を入れるのに便利らしい。
私がいつも持ち歩くのはコレ↓
IMG_3536.jpg

ポーチを縫って頂くときは予想していなかったのですが、なんとペンEが収まるのです。これは便利 !!
実物見本は1月に講習するワサビ・エリシに置いてきてしまったので、もう一つ見本を作っています。

〜〜チェキ〜〜

クリスマスに間に合いました!
Tさんが可愛い写真を送ってくださいました。
"教会のベル”のバスケット。
1577062030636.jpg

Mさんは”小さな扇”のスカーフをワサビ・エリシで作り
IMG_3494.jpg
ビーズアートショーで”クリスマスローズ”のネックレスを作られました。
IMG_3492.jpg

自宅教室で作られたFさんは
IMG_3523.jpg
”デイジー”の縁飾りをつけたバッグに購入してくださったベリーのチャーム
IMG_3527.jpg
母上様にもプレゼントして喜ばれた由。
(もう自分でも作れるのに・・・)

Sさんは”クリスマスローズ”をブローチに
IMG_3524.jpg

Aさんは”野ばら”のピアス
IMG_3509.jpg

Iさんは”マーメイド”のアレンジを縁飾りにしてリメイク
IMG_3496.jpg

Aさん(Tさん?)は”珊瑚”のラリエット
IMG_3475.jpg
学生時代からの仲良し二人は旧姓で呼び合っているので、混乱(´・Д・)」。きっとAさん。

Oさんはオリムパスから市販されているキット [AK20]”清楚なビーズフラワーのネックレス”
IMG_3473.jpg

講習が忙しくて写真を撮れなかったり紹介できなかったものもたくさんありますが、皆様が完成させて自分のものとし、色違いやアイテムを替えて楽しんでくださっているのが実感できて嬉しい限りです。


  1. 2019/12/23(月) 17:23:31|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ベルとリース

昨日はワサビ・エリシで”教会のベル”のクリスマスバスケットを作りました。
IMG_3379.jpg

裏面。手加減によって長さが違うので、まが玉を余分に編んでおき、後ろで結ぶようにしました。
IMG_3175.jpg

開講当初から参加してくださっているWさんとIさんは、おしゃべりしながら楽々と完成。
帰宅後、お手持ちのパーツを加えてリースも作られ、写真を送ってくれました。
11113880788233.jpg

11113858959058.jpg

ワサビさんで出していただいたウフラムール(菩提樹)チャイと一緒に、Wさんが、持ってきてくださったトルコのお菓子を皆でいただきました。
IMG_3498.jpg
ピシマニエという綿飴のような甘〜いお菓子です。
白いのは知っていましたが、これはザクロ。自然の色です。

本日は夕方から我が家でレッスン。
ティータイムのアシュレも用意できたので、ちょっぴりクリスマスの雰囲気に。
IMG_3504.jpg

IMG_3506.jpg

ワサビ・エリシのSale品で、リメイクしてクリスマスのオーナメントを作ったら可愛い、と、古着のセーターを購入してしまいました。(500円だったので、つい)
手持ちの赤い布にアップリケし、先日買い間違えた太いベルプルに下げて、、、と、イメージは湧いているのですが、とにかく今は忙しいので、目に届かないところにしまいました。
来年のクリスマスには飾れるかな?

そして、、、きっと・・・・・忘れる。。。。。。




  1. 2019/12/20(金) 15:07:37|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハールカの丸ポーチ

昨日はヴォーグ学園東京校で”バンブースパイラル”のネックレス。
編み始め部分がちょっとわかりにくいけれど、リズムがつかめれば繰り返し。
綺麗で複雑そう。実は簡単。
だから色違いやサイズ違いをたくさん編みたくなる、プレゼントにも嬉しいアイテムです。

初心者でも作れるようにブレスレットサイズにした単発講習を1月18日に某所で行います。
バンブーブレスレット1
主催者より告知解禁になったら、お知らせします。

本日は新宿トルコ文化センターで”ハールカ”の丸ポーチ。
ハールカ、はトルコ語で輪の意味。
ビニール製の小さなニットリングはセルムと言いますが、5mm以上の輪はハールカ。
ハマナカのプラスチック製ニットリング8mmをモチーフの芯に入れています。
IMG_3479.jpg
今週金曜日の自宅教室、土曜日のトルコ文化センターでも作ります。

今夜はUさんからいただいたドイツ土産のお菓子でお茶にしました。
ジンジャーの香りがほのかにして、やはり異国的な美味しさ(箱も可愛い)。
IMG_3478.jpg

〜〜〜〜
先週土曜日に、横浜に所用があったので、ついでに展示会を見てきました。
IMG_3466.jpg
場所はみなとみらい線、日本大通り駅に直結している「横浜ユーラシア文化館」
この企画展は12月22日まで。
もっと長くやっているものと思い違いしていました。私的所用のおかげ。

女性用マスクのインパクトが強いでしょう?
IMG_3441.jpg
ブルグアというもので、これに関しては写真も撮ったし、図録も購入。
回を改めてご紹介したいと思います。
トルコにはないイスラムの習慣ですが、アイシャドウのルーツがわかったり、興味深い展示でした。
お時間のある方は是非!




  1. 2019/12/17(火) 23:43:53|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

直近のお知らせですが

🌟今晩9時からTBSテレビ「世界ふしぎ発見!」はトルコ。
”天空のピラミッド&驚異の巨大地下都市カッパドキア”です。
カッパドキアでは自然現象の神秘の力、地下都市では人間の持つ力が見られると思います。

🌟日本とトルコの合作映画「海難1890」が無料で見られます(16日まで)
海難1890
まだご覧になっていない方は是非。感動ものですよ。
なぜトルコの方達が親日かよくわかります。

来週は月曜日から私たちの講習が怒涛のごとく続きます。
皆さまが作品を見せてくださったり、着けてきてくださると思うので、
今のうちに、今までのチェキをご紹介。

〜〜〜チェキ〜〜〜

クリスマスバージョンのブローチ。”きのこ”と”どんぐり”
IMG_3176.jpg IMG_3428.jpg

ラメ糸の”アーモンド”と”ヘリンボーン”のブレスレット
IMG_3246.jpg IMG_3268.jpg

”バンブースパイラル”のシルクとバーガンディー
IMG_3262.jpg IMG_3264.jpg

冬の星座
IMG_3267.jpg IMG_3270.jpg

”小さな扇”の三角スカーフ
IMG_3272.jpg IMG_3277.jpg







  1. 2019/12/14(土) 11:30:04|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オスマン帝国外伝 love

駆け足で秋から冬に。
IMG_3423.jpg

「オスマン帝国外伝」は史実に基づいたフィクションの宮廷歴史ドラマ。
私は相変わらず深夜に、ケーブルテレビのチャンネル銀河で観ています。

歴史上の人物や事柄のほか、住居、調度品、服装、装飾品、食べ物、生活様式や習慣、トルコ語など、私にはとても興味深く、勉強になって楽しい。
(BS日テレで2:30から再放送もありますが、「オスマン帝国外伝」でまずは検索をお勧めします)
トルコでは2011年1月から14年6月まで放映されたテレビドラマシリーズで、世界で8億人が視聴したとのこと。

最近では、建築家のミマール・シナンが登場しました。
クマさんたちと去年行ったエディルネにあるセリミエジャーミー(2018年10月3日のブログ参照)を建てた人で、皇帝のお気に入りになるキッカケが判明。シナン(夢枕獏・著)を昔読んでいたので懐かしい人と再会した気分。

大宰相イブラヒムが処刑された後、妻であった皇女ハティジェが意に染まない再婚をさせられることになり、結婚の前夜のクナゲジェシ。
IMG_3385.jpg
左の女性が哀しい歌を歌い、中央の花嫁の周りをろうそくをもった女官たちが回っているところ。
私のブログでもクナゲジェシは何回か登場しています。

イブラヒムとの思い出が詰まった屋敷を去り、子供達を連れて新居に。
IMG_3341.jpg
壁のタイルは「チンテマーニ」のモチーフ。(2019年8月29日ブログにしました)

オスマン帝国最盛期の第10代皇帝、スレイマン
IMG_3435.jpg
ターバンは流石にいつも豪華な装飾。(右・後ろ姿の男性もネックレスにイヤリングまで)

ちなみにスレイマンは宝石を使ったアクセサリー作りが趣味。デザインから起こし、石を削ったり磨いたりしている場面がよく出てきます。
寵妃や愛娘のために指輪やブローチ、ネックレスなどを作りますが、過去には別な女性のためにも作って一悶着あったり・・・。

臣下に裏切られ、偽情報に翻弄され、夢にうなされて本当にお気の毒・・・。トップは孤独ですね。
妃と実妹たちとが憎み合いの揉め事ばかり。長男をも信じられなくなっています。
昨夜は寵妃ヒュッレムが行方不明に。誰かが仕掛けたワナか、はたまた自作自演か、今夜も見逃せない!!

スュンビュル宦官が皇帝やヒュッレムに「スルターヌム」(スルタン=皇帝)、皇帝が自分の娘に「クズム」(クズ=娘)などとよく言っていますが、ムで終わるのは「私の」という意味の語尾が付いているから。
「ヤラン(嘘) ソイレメ」 はウソをつくな。最後のメは否定形の命令。など、少し勉強した成果があります。
それにしても本当にウソつきが多い。誠実さで尊敬できるのはマルコチョールだけですね。

もちろん、まだまだ字幕なしでは分かりませんが、驚いた時に発する言葉などは耳について、もしかしたら自然に出てしまうかも。 
ビーズの順番を逆に通した? 「アッラハッラー」とかね(笑)
ただし、このアッラーはアラーの神のことだと思う。日本でも「あー神様、仏様」と神仏におすがりする場面があるじゃないですか。
もしかして、日本がトルコ語のこれを取り入れて「あらあら」と言うことになったのかしら? 
あれあれ?新たな疑問が湧いてきてしまった。

「良い」「上手」「きれい」は全て ギュゼル です(美味しい、も)。
これは今後、たくさん言いたいと思います。






  1. 2019/12/11(水) 14:34:52|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オンリーワンアクセサリー

ビーズアートショー横浜での初日、午前中は"鳥の目"のブレスレットの講習。

糸はパトラDXから選んでいただきました
IMG_3404.jpg

パトラDXは金属っぽく見えますが、レーヨンとナイロン、芯は和紙なので、柔らかです。
Attachment-1.jpeg
レース針8号を使って、ほとんどくさり編みと細編みだけの超初心者さん向き。
留め具代わりにしたカーネーション他、チューリップやザクロのトルコのパーツが効果的です。
IMG_3317.jpg
時間と材料が余った方は2連を作られました。
IMG_3316.jpg

午後は、”クリスマスローズ”のネックレス。
こちらも糸を3色選んでいただきました。
IMG_3329.jpg IMG_3327.jpg
IMG_3325.jpg IMG_3324.jpg
IMG_3323.jpg
私には思いつかない色選びで、私も楽しい。
両脇にはチェーンをつけるべく材料を用意。これも長短選んでいただきました。

〜〜〜〜〜
池袋のニット展で、清水さんのウィングストールをゲット
IMG_3391.jpg

この色も綺麗ねえ、と迷いました。
IMG_3397.jpg
リフ編みのベレー帽、とてもオシャレに被る方が増えましたよ。

同じ会場でポーチと目が合ってしまった!!アメリカのプリントとか。
IMG_3394.jpg
もちろん連れて帰りました。

ここ数ヶ月で友人たちからいただいたお土産のシンブル
IMG_3405.jpg
左からイギリス(リバプール)、スペイン、イタリア(ベルガモ)




  1. 2019/12/06(金) 21:48:27|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

12月講習予定

11月の最終土曜日、横浜はこんなに良いお天気
IMG_3342.jpg
(日本大通りより)

午前中はヴォーグ学園横浜校で”バンブースパイラル”のネックレスを。
IMG_3348.jpgIMG_3345.jpgIMG_3343.jpg

終了後急いでタクシーで大さん橋まで行きたいのに、なかなか空車が来ない。
結局テクテク歩いて、、、
CRKがシウマイ弁当を用意してくれていたので、美しい海を見ながらいただいて
IMG_3352.jpg

2時からはスカーフの講習
IMG_3349.jpg

大イベントが無事に終わりました。
IMG_3360.jpg
(みなとみらいの夜景)

そして12月。
第4週は何かとせわしないので講習予定日を繰り上げたら、第3週はびっしりになってしまいました。
少し不安ではありますが、間違えないように、風邪をひかないように、転ばないように気をつけます!

今月のアイテムは
”ハールカ”の丸ポーチ
ハールカ”の丸ポーチ

ハールカはトルコ語で輪のこと。5mm以上のニットリングをこう言います。
ちなみに、5mm以下の小さいリングはセルム。
表布はトルコのプリント。柄からイメージした縁飾りをニットリングを利用して作りました。
ポーチの口は出し入れしやすいパッチンバネ式。
iPodやイヤホン、カードやキーなど、こまごましたものを入れてバッグの持ち手にかけておくと便利です。

ありがたいことに、全部のクラスで作れるように、Seikoさんがせっせと縫ってくださっています。
10977317124910.jpg

”バンブースパイラル”のネックレス
IMG_3380.jpg
思いの外簡単と好評。クリスマスプレゼントに間に合うでしょう。

“教会のベル”のバスケット
IMG_3379.jpg

16日(月)
ヴォーグ学園東京校で午前と午後クラス
”バンブースパイラル”のネックレス

17日(火)
新宿トルコ文化センター
”ハールカ”の丸ポーチ

19日(木)
ワサビ・エリシ
”教会のベル”のバスケット

20(金)
自宅教室
”ハールカ”の丸ポーチ

21(土)
新宿トルコ文化センター
”ハールカ”の丸ポーチ
※ヴォーグ学園横浜校はお休みです。






  1. 2019/12/02(月) 23:39:11|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida