FC2ブログ

私の手作りマスク

手芸関係の友人たちが次々とマスクを作っています。
ダブルガーゼで・・・ヘンプ(麻)で・・・オーガニックコットンで・・・晒で・・・手ぬぐいで・・・リバティプリントで・・・

CRKの仕事のお手伝いが一段落したので、ようやく私も参入。
折しも講習会が流れ
外出自粛要請があり
おまけに雪が降り、、、

ヘンプで
IMG_4913.jpg

友人から頂いたキッチンクロス用ガーゼ製品をリメイクして
IMG_4911.jpg

お気づきでしょうが、紐はボンジュックオヤで、付け替え式
IMG_4915.jpg

マスクは外して洗うので、スペアーを縫っておけばいい。
手作りマスクで検索すると、型紙や縫い方の動画がたくさん出てきますよ。
縫うのが嫌いな方は、ハンカチを折っても使えます。

ソフトゴムやリボンを持っていないわけではないのですが、そこは私らしく😄
IMG_4916.jpg

以前、袖をつまみ上げるために、ミモザのモチーフでもう少し短いのを作りました。
今回は、少し細くしたいので、”散歩道”と”ミモザ”をミックスしたアレンジ。
ゴムほどではありませんが、ほんの少し伸縮もします。
クリップは「帽子止めクリップ」を使用。

ビーズは糸通しビーズがあればそれが簡単。
ビーズ通し針がなくても、ビーズの仮糸とレース糸を繋げてザーッと移しておきます。

編み方
1)作り目してくさり1目
2)クリップの輪にこま編み3目を編み入れ、1のくさりに束でこま編み1目
3)ビーズ3個を寄せてくさり1目でまとめ、くさり2目
4)ビーズ3個をまとめ、3のビーズを1個と2個に分けるように中長編み2目
5)ビーズ3個をまとめ、4のビーズの間に中長編み2目
6)編み地を手前に右から左へ返しながらこれを繰り返し、好みの長さまで編んだらクリップの輪にこま編み3目編み入れ、根元を束でこま編み1目で包む。
7)糸端を紐にくぐらせてカットする

テレビをつければ暗いニュースばかり。
自宅にいるのが、自分とみんなのため。それが国のため、世界のためになると。
自宅にこもっていても楽しく過ごせる私たちは幸せですね。

スポンサーサイト




  1. 2020/03/29(日) 22:27:37|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

トルコのスイーツ

また、お知らせから。

☆阿佐ヶ谷教室
今週末の不要不急の外出は避けるようにとの方針を受けて、明日の自宅教室はお休みにします。

☆ヴォーグ学園横浜校
明後日(28日)の予定ですが、中止になりました。
東京校と同様、新たな振替日は作らず、4月25日の講習時にクマさんと2アイテムを講習する予定にさせていただきます。

☆ワサビ・エリシ
ワサビ・エリシでは、4月と5月のすべての講習をお休みすることになりました。
4月の分はアイテムもお申し込みくださった方のお名前も、とりあえずそのまま6月18日にスライドさせておきますとのこと。ワサビ・エリシのHPやFBで日程をご確認ください。

大都市ロックダウンが避けられますように
先が見えない状況から早く抜け出せますように
心から、インシャラー!

〜〜〜〜〜
火曜日の新宿トルコ文化センターのレッスン後、恒例のトルコ料理・チャンカヤに行きました。
ランチを各々が頼み、デザートに「キュネフェ」を注文。

☆キュネフェ
IMG_4904.jpg
私はこれが好き。トルコでも食べたかったのですが、逃してしまったので、、、

キュネフェとは、小麦粉で作られる細い麺状の生地(カダユフ)に新鮮なチーズを挟んでカリッと焼き上げ、仕上げにシロップをかけ、砕いたピスタチオなどのナッツをかけるスイーツ。
トルコの南東部、シリアと国境を接するハタイ県のアンタキアという街の名物だそうです。
調べてみたら、イスタンブールのエミノニュに専門店があるのがわかりました。
プレーン、クロテッドクリームを添える、アイスクリームを添える、の3種類あるらしい。どれも美味しそう!!
さんざんウロウロしていたのに気がつかなかったのは迂闊でした。
ホテルのビュッフェスタイルの朝食をしっかり食べていたので、きっとお腹が空いてなかったのでしょう。

バクラバほど甘すぎず、細い焼きそばのような表面はパリパリし、中からチーズがとろーり。
もし、トルコ料理屋さんに行くことがあったら、そしてデザートのメニューで見つけたら、オススメです。

☆チョコレートケーキとアップルティー(エルマ チャイ)
IMG_4326.jpg

エジプシャンバザール近くの喫茶店でいただきました。
ケーキの形は、モスクや近くのハマムなどによくある建物を模しているのではないでしょうか。
↓の写真の右側のような。
IMG_4328.jpg

甘くて美味しいケーキですが、私には大きすぎます!!




  1. 2020/03/26(木) 18:19:15|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

オリーブのブローチ

まずはお知らせから

☆16日のヴォーグ学園東京校が中止になったため、来月4月20日のレッスンで2講座まとめて(3月分のスイセンも)講習することにしました。
4月のアイテムは近日中にお知らせできると思いますが、どちらも比較的簡単なはず。
クマさんと2人で午前午後とも30分は延長覚悟で臨みますので、よろしくお願いいたします。
3月で終了予定の方も、4月20日の午前でも午後でも、もしご都合がつけばどうぞいらしてください。

なお、3月28日の横浜校は、実施する予定になっています。

☆3月30日に予定していた千葉県柏のNHKカルチャー1日講習「トルコ『オヤ』の技法で作る2ラップブレスレット」は残念ながら中止にさせていただきます。
〜〜〜〜〜

先週、ワサビ・エリシではリストウォーマー。5名の方全員が”ペイズリー”を選ばれました。
IMG_4895.jpg
昨日、一昨日の陽気では「もう秋まで出番はないかしら」と思いましたが、今日の気温ではそんなことはありませんね。上着やコートが薄くなった時こそ出番でしょう。
※リストウォーマーのベージュとネイビー、少量ずつ残っています。ご希望の方はご連絡ください。

トルコの話や手作りマスクの情報交換など、いつものように賑やかでした。
遅まきながら、実は私もマスクを作りたくてウズウズしています。

土曜の新宿トルコ文化センターでは”オリーブを啄む小鳥のブローチ”
オリーブのブローチ

嘴の端糸始末が短いため、後でボンドで止めてから、糸端をカットすることに。
IMG_4888.jpg

嘴は DMC DIAMANT GRANDE で編みます。
IMG_4894.jpg

ディアマントはダイヤモンドを意味するのですが、「ディアマンテ」と言い間違える方が多い(イヨマンテからの発想でしょうか😏)
6本撚りで、25番糸4本どりと同様の太さ。これまでのディアマントの約2倍だそうです。

明日の新宿トルコ文化センターと27日の阿佐ヶ谷教室でもこれを編みます。
ワサビ・エリシは来月です。
今回、トルコでこのブローチピンを探したのですが、ゴールドもシルバーももう製造していないとのことでした。私の手持ちもほとんどなくなります。
ヴォーグの方々の分がなくて、、、ごめんなさい。作りたい方は来月のワサビ・エリシにお申し込みください。

〜〜〜チェキ〜〜〜
IMG_4881.jpg
先月の”スイセン”のペンダントをしてきてくださったNさんはバッグも
IMG_4879.jpg
”アイススパイラル”のトートバッグに”ハールカ”のポーチ。
日常的に活用してくださって嬉しいです。

Tさんはすっかりオヤにハマったご様子で、オリジナルを楽しんでいらっしゃる。
IMG_4882.jpg
動画でもご紹介している”しゃぼん玉”のモチーフ。
縁飾りを、つけるとつけないとでは、見た目も気分的にも大違いです。





  1. 2020/03/23(月) 13:55:44|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2020トルコの旅14

☆5日/最終日

イスタンブール発は6日01時55分。これに乗って6日の夜19時40分に成田着。
5日はゆっくり朝食、荷造りしてお昼にチェックアウト。
荷物はまたホテルに預けて夜まで3人でフリータイムです。
買い足りなかったお土産を購入したり、もっと見たかった店などをぶらぶら。
立地条件を最優先で決めたホテルならでは。

徒歩圏内にスターバックスが2軒あります。
世界のご当地スタバのマグカップを集めている人もいるそうですね。
私が集めているのはシンブルだから 小さくて軽いし壊れない。
IMG_4886.jpg
右はラクダの骨で作られています。

グランバザールやエジプシャンバザールは、カラフルで、見ているだけでも楽しい。
IMG_9776.jpg

IMG_4533.jpg

キッチンカウンターの上に何枚か置きたいそうで、、、迷っています。
IMG_4547.jpg

ラッシュのトラムでホテルに戻り、ロビーで荷物の詰め替え。トランクは25kgくらいにしておかないと超過料金がかかります。
お勤め帰りの智子さんがホテルに来てくださったので、私たちがロビーでおしゃべりをしている間に、ともちゃんとアミは近くのミグロスというスーパーマーケットに。外国のスーパーって楽しいですよね。
IMG_5744.jpg

この日に再び立ち寄ったエミノニュのナザールボンジュウの店では、旧来の知己のようにニコニコ迎えられ、おまけをいただき、、、
このたくさんのナザールに守られたかのような、楽しい旅。
何よりも幸運なタイミングでした。
今現在、トルコではコロナで色々な制約がかかっている様子。1週間遅ければ、グランバザールやエミノニュをこんなにぶらぶらできなかったでしょうし、レストランもクローズしていたかもしれない、と智子さんからのメールにありました。

IMG_4549.jpg
近代的で広い新イスタンブール空港の写真で旅のブログを終えます。
毎日振り返っているうちに2週間たちました。
疲れも、時差ボケもほぼなくなっているはず。今後のボケはリアルで心配になりますが。

昨日はワサビ・エリシで講習してきました。明日は新宿トルコ文化センターです。
ブログもこぼれ話を交えながら、週2のペースに戻します。
毎日一緒に🇹🇷旅してくださった皆様、ありがとうございました。😊



  1. 2020/03/20(金) 15:43:18|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2020トルコの旅13

☆イスタンブールの続き

ガラタ塔の近くは土産物屋が軒を連ねますが
IMG_5360.jpg

タクシム広場に通じる道は新市街の目抜き通りで歩行者天国。
IMG_5380.jpg

カフェやおしゃれな店、ブランド店があります。
IMG_5384.jpg

テュネルに乗って
IMG_9324.jpg
私たちが坂道や階段で登ったところを1区間だけで、約2分でカラキョイに戻りました。
トラムに乗りかえてベヤジットに。

☆スレイマニエ・ジャーミー

IMG_9357.jpg
1550~57年、スレイマン大帝のために天才建築家ミマール・シナンによって建てられたイスタンブールで最も大規模なモスク。

内部の窓は249もあります。 
IMG_9346.jpg

金角湾を眼下に望む高台に造られています。
IMG_9375.jpg
対岸の左側に、数時間前に昇ったガラタ塔が見えるでしょうか?

私が夢中になって観ていた「オスマン帝国外伝」のスレイマン大帝やヒュッレムの廟もありました。
とても身近なジャーミーに感じました。










  1. 2020/03/19(木) 00:02:15|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2020トルコの旅12

☆再びイスタンブール

10時にエミノニュのイエニジャーミー側のカフェ『サライ』で智子さんとギュリンさんと待ち合わせ。
今回は迷わずに行けました👍
智子さんとはトルコで眉間の怪我やいろいろなハプニングで大変お世話になってから1年半ぶり、ギュリンさんとは日本で一緒に染め体験や浅草に行ってから1年ぶり。

いつものパーツ屋さんで買い物し、他の材料店も案内していただき、
IMG_4451.jpg

エジプシャンバザールを通り抜け、ガラタ橋を歩いて金角湾を渡る。
IMG_4459.jpg
(いつも魚釣りのおじさんでいっぱい)

カラキョイからガラタ塔を目指して、階段や坂を登り
IMG_5314.jpg

エレベーターでガラタ塔に昇る。
IMG_4468.jpg

IMG_9290.jpg
(遠い目)

ガラタ塔がバックに入る撮影ポイントの坂を下る
ガラタ塔バック

昼食は美味しい黒海料理をいただき、アミをモデルにしてスカーフの被り方を3タイプ教えてもらいました。
IMG_4485.jpg

エネルギッシュに案内してくださったギュリンさんとはここでお別れすることに。
IMG_4487.jpg








カラキョイ


  1. 2020/03/18(水) 00:10:13|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2020トルコの旅11

☆ヒエラポリス
”聖なる都市”という意味。

パムッカレの石灰華段丘の一番上にある遺跡で、ローマ帝国の温泉保養地として栄えました。
1354年の大地震で完全に廃墟となります。
点在する遺跡の間の遊歩道をガイドさんの説明を聞きながら、足元に注意しながら歩きました。
IMG_4406.jpg

半円形の野外劇場は圧巻。
IMG_4396.jpg
2世紀に建設された直径100mの劇場は現在でも年に1、2回は使用されることがあると言う。
斜面を利用して作られた観客席には15,000人を収容できるそうです。

遺跡温泉
IMG_4403.jpg
温泉プールで、水底にはローマ時代の敷石や円柱がゴロゴロ転がっています。

☆パムッカレ
ともちゃんとアミにこの石灰棚を見てほしかったの!!

石灰を多く含んだ大量の湧き水が台地を流れ、溢れ、長い年月の間に沈殿し固まって白い棚田のような景色を作りました。
IMG_4429.jpg

以前は流水が全てを覆い、空が映り、青と白のスケールの大きな美しさでしたが、現在は保護のために流水をコントロールして一部分だけにしています。
ゴツゴツして痛かったりヌルヌル滑りやすかったりするので、私は控えて靴と荷物番。
IMG_4418.jpg

親切な方が「撮ってあげようか?」と。
IMG_4417.jpg

2人は充分楽しんだ様子❤️
IMG_4431.jpg

飛行機でイスタンブールに戻り、リムジンでスルタンアフメット広場に。
ブルーモスクとアヤソフィアのライトアップ。
IMG_4443.jpg

IMG_4445.jpg







  1. 2020/03/17(火) 00:01:16|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2020トルコの旅10

☆イスタンブールからデニズリへ

さて、4日目。
10時頃、トランク他大きな手荷物をホテルに預け、いったんチェックアウト。
一泊旅行用のボストンバッグを持って出かけました。
16時10分にイスタンブール空港から約1時間半のフライトでデニズリに行きます。
前夜、イスタンブールに在住の智子さんから電話でアドバイスをいただきました。
午前中はグランバザールなどを見ながらエミノニュへ行く。お昼頃トラムに乗ってスルタナーメットへ。そこからリムジンバスで空港に行くことに。国内線といえども新空港は広いから早めに行かないとね。

イスタンブルカード 
IMG_4871.jpg
このカードは券売機または大きなバスターミナルや駅の専用ブースなどで購入します。カード自体は6TL。20TLで購入すれば14TL分使える訳です。
チャージ式で、トラム、メトロ、テュネル、バス、フェリーなど共通で使え、しかも改札でタッチして1人入り、同じカードでタッチして2人目が入り、、、と1枚で何人でも使えるのでとても便利。トラムは下車駅にかかわらず、2.6TLと決まっているので、降りる駅の改札はスルーです。ちなみにリムジンは一人分18TL。
足りなくなるとチャージしながら3人で便利に使いました。

グランバザール(カパルチャルシュス)
IMG_4309.jpg

私たちが歩いていると、
「ニーハオ、アンニョンハセヨ、コンニチワ」と店先から声がかかります。どれかは当たるだろう、というところでしょう。
「スズキ、マツダ、ホンダ」と呼ぶのは日本語初心者ね。
「オネーサン、オチタヨ」と、立ち止まるのを期待したり。
「ヨリドリミドリキミドリサツキミドリ」と早口言葉のように声をかけたり。
誰が教えたのでしょうね〜。私の名前はニシダミドリと教えてしまおうかしら😀
危ない、危ない、そんなことをしたらあちらの思う壺。

デニズリでは日本語を話せるトルコ人ガイドさんが迎えてくれて、ホテルは5つ星の近代的なテルマル ホテル パム。
屋内、屋外にプールがあります。
屋内、屋外にネコもいます。

IMG_4345.jpg

IMG_4379.jpg

IMG_4357.jpg
トルコのネコはどの子も人懐っこい。

部屋も広めできれい。壁面の鏡
IMG_4360.jpg
実はテレビ!
IMG_4362.jpg

バイキング式夕食の品数も多いし美味しかったけれど、なんと言っても嬉しかったのはバスタブ付き。(無い部屋もあるようですが)
トルコではほとんどシャワーだけなので、久しぶりにゆっくり浸かって疲れを癒しました。
しかも蛇口の片方からは温泉が出ます。
洞窟ホテル以外は2人部屋と1人部屋にしたのでフロアーも違ったのですが、翌朝は3人一緒にバスタブ足湯を楽しみました。







  1. 2020/03/16(月) 00:12:15|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2020トルコの旅9

☆イスタンブール

トルコでの3日目。
イスタンブールのホテルは勝手知ったるベヤジットのベイリン ブティック ホテル。
チェックインして早速3人でぶら〜り街歩き。

日曜日なので、あいにくグランバザールはお休み。周辺はひっそりとシャッター通り。
問屋街のあるエミノニュに向かって坂を下り、、、
ビーズ店やパーツ屋さんが集まっている私の大好きな建物もお休みでした。
IMG_4249.jpg

買い物がだめならモスク見学、と方針変更し、タイルが美しいリュステムパシャモスクへ向かうことに。
トルコの方には何人にも何回でも聞くべし。
「あっちだ」「この先を右」「まっすぐ行って曲がればすぐだ」などと親切には教えてくれますが、、、簡単すぎて、方向音痴は結局迷路に入り込む。
「こんなところに中庭があるのね、ほら、ネコがいる!」などとハプニングも楽しみながらようやく到達したのに・・・改装中でした。

エジプシャンバザールは開いているので、近くになるにつれ、営業している店が多くなります。
IMG_4321.jpg
ともちゃんとアミは、友達へのお土産を探したり、選んだり、迷ったり、買ったり。
とても楽しそう。

ナザールボンジュウの店。
IMG_4255.jpg
講習でどう使うかアイディアもないままとりあえず購入。
気になる物を見つけて、買える範囲内なら迷わず買う。これが長年の海外旅行で得た私の心得。
再び同じ場所に戻れないかも、2度と出合えないかもしれないから、”あの時買っておけば良かった”と後悔しないためです。
もちろん、その後もっと良いものや同じものがもっと安く売られていたりすることも多々ありますが、”最初のご縁が良いご縁”と、それは見なかったことにする😄

エジプシャンバザール(ムスルチャルシュス)は、かつてはエジプトなど北アフリカからの香辛料を扱うバザールだったためこの名前に。ムスルはエジプトのこと。
1660年にイエニジャーミーの施設の一部を改装して作られたL字型の市場で、今でも香辛料やスパイスが多く売られています。

IMG_8273.jpg
GIRISは入り口。警備員が一人、入場チェックをしています。

IMG_4258.jpg

香辛料の量り売り
IMG_4257.jpg

カラフルな石鹸。香りもいろいろ。
IMG_4367.jpg

ロクムはターキッシュディライトと呼ばれ、お土産に人気
IMG_4355.jpg

バザールの出口では日本でもお馴染みとなったドンドルマ。
上手にお客を(アミも)からかい、楽しませて販売しています。
IMG_4264.jpg

ひょんなことから予定外のボスフォラス海峡サンセットクルーズをすることに。
IMG_4277.jpg
(対岸の中央はガラタ塔)

これが、大正解でした!!
IMG_4287.jpg

IMG_4282.jpg





  1. 2020/03/15(日) 00:19:10|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2020トルコの旅8

☆セリメ カテドラル

IMG_4144.jpg
昼食を挟んで、もう一箇所 頑張って見学。

岩をくりぬいて、チャペルができています。
IMG_4150.jpg

外からはうかがいしれませんが、内部はしっかり教会そのもの。
大好きなトルコに来られたことへの感謝を。
IMG_4084.jpg
今考えると、本当にギリギリのタイミングで行って来られ、ラッキーでした。

修道院
IMG_4146.jpg

キッチン
IMG_4152.jpg

IMG_4158.jpg

ここはスターウォーズのモデルになった場所だそうです。
監督がここでインスピレーションを受け、イメージを膨らませたとか。
実際には許可が下りなくてロケができず、インドネシアで行われたとの説明でした。

ツアーにお決まりのジュエリーショップや土産物屋に寄ってホテルに戻りました。
翌朝、飛行機でイスタンブールに行きます。





  1. 2020/03/14(土) 00:07:34|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2020トルコの旅7

☆ウフララ渓谷

旅3のマップ、⑧〜⑨全長13kmの IHLARA VALLEY。
IMG_8021.jpg
エルジエス、メレンディズ、ハサン山の噴火で噴き出た溶岩や火山灰の土地に亀裂が入って岩壁ができ、その谷間にメレンディズ川が流れています。

IMG_8071.jpg

ガイドさんから「3km歩けるか?」と聞かれ、「多分、大丈夫」と根拠のない返事。
ここで「インシャッラー」と答えれば良かった、と後で思う。
バスは先にハイキングコースの出口に行き、運転手はバスから離れると。
皆が戻ってくるまで、バスで独りで待つのは寂しい。あいにく手仕事は持ってきていないし😆
初めての場所なので行きたい、アミたちと楽しみを共有したい。
その好奇心が勝り、ちょっぴり無謀の英断だったかも?

IMG_8068.jpg

IMG_8070.jpg
400段と言っていたかしら?無事に下りきった時には、膝が笑っていました。

教会がいくつかあります。
内部はフレスコ画が綺麗に残っていて、その明るい色彩からも村民が仲良く平和に暮らしていたのが伺えます。

IMG_8075.jpg

IMG_8073.jpg
右下隅にはナザールボンジュウ模様も。

せせらぎの音を聞きながら流れに沿って歩き
IMG_4164.jpg

フレッシュなオレンジの搾りたてジュースで小休止。その美味しかったこと!!
IMG_8091.jpg

足の速いガイドさんに追いつくのが大変でしたが、私の前をアミ、後をともちゃんが歩いてくれたのは心強いことでした。
もし再び来られるなら(ちっとも懲りてない!)、新緑の季節に来てみたい。川沿いだけをゆ〜っくり歩きたいスポットでした。







  1. 2020/03/13(金) 00:01:20|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2020トルコの旅6

☆グリーンツアー

ミニバスがホテルまで来て我々をピックアップし、次々とホテルに寄って申込者を乗せていく。
日本人は私たちだけ。全部で9名、若い方ばかり。トルコ人のガイド男性が英語でご挨拶とコースの説明。
何分後にバスに戻って来い、という要点だけ抑えられれば良いと割り切ってミステリーツアーを楽しむことにしました。

最初に降りたのはギョレメ一帯の眺望台地。
IMG_7962.jpg
遠くに見える高い岩山は、ウチヒサル。村の中心にそびえる要塞からはカッパドキア全体が360度見渡せるらしい。

こんなに綺麗な青空ですが、前夜から朝にかけては雨が降り、カッパドキアにはつきものの色とりどりの気球が浮遊するところは見られませんでした。(私は前に見ていますが)

デリンクユ地下都市
IMG_4140.jpg
1963年に発見されたこの地下都市は、ヒッタイト時代、ローマ時代、ビザンス時代に渡って使用されていたもので、世界中の地下都市では一番大きいとされています。

敵から身を守るためや、キリスト教徒迫害から逃れるために作られた都市。
55mの深さで地下8階まであります。
井戸のように掘られた通気孔もあり、不自由なく暮らせるように作られていました。

まるで迷路のようになっていて、落とし穴や敵の目を欺く偽の通路なども。
IMG_4133.jpg

IMG_7971.jpg

IMG_7981.jpg
こんな感じで、人ひとりがやっと通れるくらいの狭い通路がくねくねと蟻の巣のように続きます。
時々止まっては「地下1階部分は紀元前2000年から1750年のヒッタイト以前に馬小屋として使われていた」「2階には学校と教会」などと説明が入る。3〜6階はキッチンや食料庫があり、5000人が生活できたという。

私は、頭をぶつけないように、転ばないように、、、とついていくのでいっぱいいっぱい。
「階段を下に降りた地下7階には教会や会議室がある。見てから戻ってくるから、ここで休んで待っていたい人はいるか?」との問いにはすかさず私だけ挙手。満足そうに頷いたガイドの指す指先には腰掛がありました。
薄暗い中で手持ち無沙汰と心細さを紛らわすためにスマホゲームをしながら待ちました😅
いくつかのトルコ人やヨーロッパ人の団体が目の前を通り過ぎ、やっとアミたちの顔が見えた時はホッとしました。
先ほど私を見て手を挙げた人は私たちのガイドさんだったのね。ひげを生やしているトルコ人は皆同じに見えます。
ともちゃん(お嫁さん)は特に地下都市が見たかったから楽しかったとのこと。良かった!

最初にトルコに行った2006年には、9km離れたカイマクルの地下都市を見学。その3年後の友人とのツアーでもカイマクルだったので、私はパスして土産物屋で取材を兼ねたおしゃべりをしながら待ちました。『ビーズの縁飾り3』に反映できました。
今回は別な地下都市でしたが、ずっと大きく、見るべきものは大差はなく、、、もういい😁

ミニバスに戻り、次はウフララ渓谷に向かいます。

〜〜〜お知らせ〜〜〜

『ヴォーグ学園では、政府が発表した新型コロナウイルス対策の基本指針を受け、3月20日(金・祝)まで 全ての校舎で休講期間を延長することに致しました。
受講生の皆様の安全と安心を最優先した対応ですのでご理解をお願いします』

との通知をいただいたので、残念ですが、16日の東京校はお休みになりました。
振替日を設けるかは横浜校ができるかによって判断させていただきます。
こんな時、家の中で楽しいことができる私たちは幸せですね。
何か材料が欲しい方はコメントでご連絡ください。在庫があればお送りします。






  1. 2020/03/12(木) 01:36:56|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2020トルコの旅5

☆レッドバレー

旅3のマップの①ギョレメの右手にRed Valley(赤い谷)があります。
ムハッレムさんが「夕陽スポットだから是非ここを見てほしい」と。

IMG_7802.jpg
波打っている谷に夕陽が当たって赤く染まり、ほ〜んとうに綺麗。
夕陽が沈むのをうっとり眺めました。

ナザールボンジュウのなる木も
IMG_3974.jpg
お天気も良く、ネックウォーマーとリストウォーマーをつけていれば我慢できないほどの寒さではなく、、、

映えてる?
IMG_7824.jpg

カッパドキアはヒッタイトの言葉で「美しい馬たちの国」という意味だそうです。
数千年前は火山地帯で、繰り返し起きた噴火により火山灰と溶岩が混ざって堆積物となり、それがまた長い年月の間に風雨や川の流れ、湧き水などで浸食されてできた地形。
アナトリア地方の中でも、最も早くから人間が住み始めた地域と言われています。
柔らかい岩を掘って住居や動物小屋を作り、教会もたくさんあります。

翌日の観光ツアーでご紹介します。
3ツアー
グリーンツアーをお願いしました。







  1. 2020/03/11(水) 02:32:35|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2020トルコの旅4

☆陶芸体験

「やりたい!」と、アミが挑戦。
恐る恐る電動ロクロ・・・「楽しい!」
IMG_3927.jpg
粘土を手の甲に ペタ 、鼻の頭に チョン とつけられ、「キャー!」

タイミングを見て、スレイマンさんが手直し。「すご〜い!」
陶芸3
彼は10歳から始めて25年続けているそうで、上に伸ばしたり広げたり自由自在。

「嬉しい! 出来た〜」
陶芸4

楊枝の先で模様をつけて
陶芸5

完成です!
陶芸6

若い娘の素直なリアクションと表情に、スレイマンさんは嬉しそう。
見守る私たちもハッピーに。
なかなか器用でセンスあるじゃない!とババ馬鹿。
この花瓶は焼いて、翌日、ホテルに届けられました。
とても親切にしていただきました。
もしギョレメにいらしたらafacanlarに是非!

気がついたら2時。トルコの伝統料理のレストランに案内していただいて昼食。
メインは料理を入れた壷を焼き、目の前で壷を割るパフォーマンス付きのテスティケバブ。
私は以前クマさんとイスタンブールのホテル内レストランでいただいたことがありますが、ここの名物料理だったのですね、、、納得。

夕方、いよいよ雄大なカッパドキアの夕日スポットに行きます。
ちなみに、まだ初日です。

〜〜〜お知らせ〜〜〜

ヴォーグ学園は14日まで全て休講になっています。私たちの講座は16日(東京校)、28日(横浜校)なので、今のところは実施する予定です。
ワサビ・エリシ、トルコ文化センター、自宅教室は、私が元気な限り、実施いたします。

3月30日(月)13〜15時 NHK文化センター柏教室 で、ワンデイレッスンの予定です。
トルコ「オヤ」の技法で作る 2ラップ ブレスレット
柏NHK
受付とお問い合わせは 04-7148-1711


  1. 2020/03/10(火) 10:31:14|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2020トルコの旅3

☆ギョレメの焼き物工房

現地のツアー会社から頂いたカッパドキアのマップ
IMG_4560.jpg

中央の⑥は空港のあるネヴシェヒル
①がホテルのあるギョレメ
②はアヴァノスで、そこに横に流れている川が「赤い川」として知られる”クズルウルマック”。
この川から取れる赤土と粘土で作られる陶芸が、ヒッタイト王国時代から続いているという。
この辺りには工房や陶芸店が点在しています。

ムハッレムさんと話して行きたい所や見たいものなどを決め、友達のジャンさんが車でオススメの場所に連れて行ってくれました。
最初は車で約10分、スレイマン・アファジャンさんの工房。
IMG_7743.jpg

小さい部屋がいくつかあって、どの部屋もきれいなものがいっぱい。
IMG_3910.jpg

IMG_7729.jpg

IMG_3907.jpg
左は輪の中に腕を入れてワインを注ぐポット。

心惹かれるものばかりでしたが、価格、壊れにくい形状や重さ、実用性など、、、諸々考えて↓を購入。
チャイカップ
自宅教室でチャイグラスが不足していたし、、、

IMG_4854.jpg
↓のように横線だけ当たりをつけ、フリーハンドで描かれます。
IMG_3912.jpg






  1. 2020/03/09(月) 21:21:53|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2020トルコの旅2

☆カッパドキア に

IMG_4338.jpg
イスタンブールに到着前に朝食が出て、国内線でまた朝食。
出発前、9時頃に成田で夕食して機内で夜なかにまた夕食をいただいたので、何が何だか、何回食べたのかわからない。
約1時間半でネヴシェヒル空港へ。

カッパドキアというのはアナトリア高原の中央部にある広大な面積の奇岩大地。
インスタ映えする最有力候補地はココでしょう!
ということで都内在住で友人のムハッレムさんに空港からの送迎、ホテル、観光ツアーの予約をお願いしておきました。
ホテルへの送迎ミニバスには色々な国の方が乗っていて、それぞれのホテルに寄って下ろしながら、私たちの宿泊するエミット・ケイヴ・ホテルに。支払いは各50tl。tl(テーレー)はトルコリラ。1tl は約20円。
2006年、私が初めてトルコに行った時は約90円でした。それが行くたびに70円、50円、と下がっていき、2年前は23円で換算していました。ついに20円を割りました!
日本からの旅行者にはとても嬉しい。でも、トルコの物価はそれなりに上がっているので全てが得というわけではありませんが。

エミット ケイヴ ホテル

IMG_3901.jpg

IMG_3902.jpg

IMG_7721.jpg
手前にもうひとつベッドがあり、3人で泊まりました。

洞窟ホテルは、4世紀頃この地方に移住したキリスト教徒によって作られた岩窟住居をシャワーやトイレをつけたホテルにリノベーションしたもの。この辺り一帯には洞窟ホテルやレストランがたくさんありますが、ムハッレムさんはエミットケイヴホテルを友人と一緒に経営しています。

屋上テラスからは
IMG_7725.jpg
夜景も夜空もきれい
IMG_7850.jpg

日本でLINEやFBのメッセンジャーしか使っていなかったのですが、トルコではワッツアップ(WhatsApp Messenger)が主流で便利とのことでインストールし、それを使って東京のムハッレムさんとも連絡して通訳をしていただいたり。彼には大変お世話になりました。










  1. 2020/03/08(日) 16:07:14|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2020トルコの旅1

☆出発

以前のように危ないことや怖いことも、前回のように痛いこともなく、昨夜、無事にトルコから戻りました。
今回は、私が元気なうちに孫娘にトルコを見せたいのが主目的だったので、トルコ観光旅行と思ってお付き合いください。

2月27日夜、23:00分発、、、の予定が、
IMG_7676.jpg
中国関係は全て欠航。そのせいか、私たちの便の出発時刻が30分も繰り上げ。

成田の出発ロビーも不安になる程ガランとしています。
IMG_3886.jpg

28日朝5:45分 イスタンブル新空港着。
広いのなんのって! 去年オープンし、今のところ世界一とか。
13時間もじっとしていた後、こんなに歩かされたら足が持たない。
ようやく国内線ラウンジで一休み。

早速アミはインスタ用のケーキをチェキです。
IMG_3895.jpg

IMG_3892.jpg

次は8時45分にネヴシェヒルに向かいます。






  1. 2020/03/07(土) 20:39:36|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida