FC2ブログ

スノーフレークのコツ

”スノーフレーク”は『ビーズを編み込むすてきアクセサリー』1巻目に掲載しているモチーフです。
IMG_5244.jpg
本ではDMCのディアマントで編んでいます。糸割れしやすくて少々編みにくいのですが、目が揃っていると金属のチェーンのようでとてもきれい。
軽くて服に合わせやすいアクセサリーとして人気のアイテムです。

「スノーフレークのネックレスを作ったのですが、モチーフの竹ビーズが揃わないのが悩みです。
斜めになったり開いたりするのは、やはり緩さや、強さが均等ではないのかなぁと思いますが、何かコツがあれば教えて下さい」
と、Oさんから写真↓付きのメールをいただきました。
DSC_1383.jpg

”スノーフレーク”はクマさんが考案したものなので、写真を転送してクマさんに指導してもらいました。

〜〜〜
竹ビーズが揃わない、とのことですが
写真を見た限りなので、推測が間違っているかもしれませんが。
以下の点に注意して編んでみてください。

1 ビーズをまとめるくさり編みはできるだけきつく編む。
  きつく編んだら、次の目を編むときにゆるまないようにそのきつさをキープする。
  割る前の割り箸のようにくっついた状態に!
A.jpg

2 花芯の6個のビーズの間にこま編みをする際、竹ビーズをまとめたあと
  ジャマにならないように「向こう側に払うようによける」。
  これが「手前に」よけてしまうと形がくずれます。

3 ビーズの間に編むのはこま編み。
  引き抜き編みにすると、ビーズが斜めになる原因になる。
  こま編みを編んだあと、こま編みの目をキュッとを引き締めると
  竹ビーズの間にビーズを編みつける際、ゆるみにくくなる。

4 ビーズ1個の外側に、中心を合わせた状態で竹ビーズがつく。
  編むときにいちいち確認する。
B.jpg
編んでいる面

C.jpg
裏(でき上りの表面)

5 外側のビーズ3個のつけ方が安定していない。
  青の丸はOK、赤の丸は確実にNG。
  竹ビーズの間にこま編み→ビーズ3個を寄せてくさりでまとめる→同じ竹ビーズの間にこま編み。
  ビーズ3個が竹ビーズの間(中央)につくように確認しながら編む。
  赤い丸の部分は、3個をまとめたあとのこま編みを忘れている(たぶん)。

D.jpg

6 ビーズ3個を編みつけて隣の竹ビーズにくさり3目で渡るとき、
  モチーフの間のくさりをはさんで渡るところ。
  2目めのくさりを編むときは、針はくさりの上、指にかけた糸はくさりの下に。
  必ず2目めのくさりでモチーフの間のくさりをはさむように!
  編み終えて糸始末をしたら、はさんだくさりを両側から引っ張って整える。

このモチーフをきれいな6角形に編むには、目のきつさが一定である事が大事です。
写真で拝見するところでは、もう少しきつめに編むといいかな、と思います。
また、くさりは「編んでから引き締める」ととても汚くなります。
針にかかった目(輪)が針先1cmより奥に行かないように注意してください。
針の軸は奧に行くほど太くなるものが多いので、針の動きが大ぶりになって目が奥まで移動すると
それだけで目の大きさが変わってしまいます。
(引き抜き編みやビーズの間に編むこま編みは、あとで引き締めても大丈夫です)

E.jpg

なかなか文章では伝わりにくいかと思いますが、疑問点がありましたらまたご質問ください。
〜〜〜

なるほど!さすがクマさん・・・と私も改めて納得した丁寧な解説でした。
その後、Oさんより届いたメールです。
〜〜〜

ポイントも画像もたっぷりでこれ以上無いくらいに分かり安かったです。
自分が問題とすら思っていなかった(!)鎖編みの改善までも。
コマ編みの所がよく引抜き編みになってたり、随分雑に編んでいたことが分かり、たくさんのご指摘で気付きがあり勉強になりました。
  
ご指導メールを手元に置いて一目一目丁寧に、とにかく引き締めつつ編んでみたら、綺麗なスノーフレークが出来ました!(自分比)

DSC_1472.jpg

DSC_1471.jpg

〜〜〜〜
見事に欠点が解消されて綺麗なモチーフになっていますね。

不揃いでもそれで良しとしている方や、同じようなお悩みをお持ちの方にも役立つ情報と思うので、Oさんの了解を得てやりとりをご紹介させていただきました。
早速、私も作ってみよう!という気になっています。





スポンサーサイト




  1. 2020/05/28(木) 00:01:27|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida