fc2ブログ

1day オンライン

昨日は10時からヴォーグ学園横浜校でクマさんによる1dayレッスン。
オンラインも同時配信。オンラインの参加者さんにはご希望の色の材料を予め送ってあります。

教室は↓こんな感じ。
IMG_0431.jpg
画面を見ながらリアルに受講されていたのは10人。私はその方達のサポートに。
クマさんの横で、ヴォーグ学園のYさんが画面を切り替えたり、オンラインの方からのコメントを読み上げたりサポートしてくださいました。

糸の通しかた、フリンジの付け方、などの部分動画を撮ってあるので、要所要所にそれを見ていただきながら進めました。
オンライン1

通しかた
手元のアップが見られて分かりやすかった、との感想をいただきました。

講習は、スタートラインは一緒ですが、すぐに差がでます。
1mの糸通しビーズを蛇腹状に束ねてある結び目が、すんなり抜けるものと、きつくて抜けないもの。
パラパラとこぼれてしまうこともあるし(その場合はビーズ通しを使って拾う)、まして2束分。

「ビーズの通しかたがでている本はありますか?」のコメントが。
IMG_0428.jpg
え〜とー
今ならちゃんと回答できます!
『ビーズで楽しむオヤのアクセサリー』p70をご覧ください。
他でもでていますが、一番分かりやすいかと。

ビーズ3個をまとめてくさり3目、前のビーズ3個の間に引き抜いてビーズ3。ひっくり返してくさり3。
途中からはひたすらこの繰り返しなので、出だしの3モチーフくらいが編めれば、楽勝。
しばらくすると、教室内からも「楽しくなってきた〜」と声が漏れ聞こえてきました\(^o^)/

ひたすら繰り返すので、その間に、バリエーションの紹介も。
2色のビーズ3個ずつ順番に通して編む、丸大ビーズと丸小ビーズを3個ずつ通す、片方を4個にしてみる、まが玉を入れてみる、など。

5cm以上編めたところで針を抜き、解けないように安全ピンで止め、フリンジをつけます。
IMG_0430.jpg
片方のフリンジがついたら元に戻ってひたすら編み編み。

テキストを見ればわかるし、後でこの動画も見られるし、、、
編み続けた方はこんな長さまで。
IMG_0427.jpg

「(クマさん)先生のブレスレットが気になります」のコメントに対応。
モザイクブレード
『ビーズを編み込む素敵アクセサリー』に掲載のモザイクブレード。
革細工の手縫いに使う麻糸(エスコード)やボタンつけ用の丈夫な糸(ツレデ)で編んでいます。

オンライン向こう側の方たちは出来たでしょうか?楽しんでいただけたでしょうか?
完成写真や感想、質問などもありましたら、メール(minishi@jcom.home.ne.jp)で送ってください。

参加された皆さま、お疲れさまでした。
これをきっかけに、色違い、サイズ違いなど、いろいろ楽しんでいただければ幸いです。
〜〜〜〜
お待たせしました!
6日から始まる「オヤの見本帳展」でのワークショップ詳細です。

講習時間割
先着順!お申し込み、お待ちしています。

スポンサーサイト




  1. 2022/08/28(日) 12:02:55|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ビーズでヒンメリ

単なる遊び心で作ったのは
IMG_0416.jpg

アップにすると
IMG_0417.jpg

前々から、ヒンメリには興味がありました。
ワサビ・エリシでオンライン講習は以前からありましたが、軽井沢で運よく上原先生から直接講習を受けることができました(8月13日のブログ)。
竹ビーズで作ってみたいな、と漠然と思っていたので、教えていただいた『正八面体」のモチーフを丸小ビーズを加えて作ってみました。
トーホーの竹ビーズは長さ2mmの五厘竹から長さ15mmの五分竹まであります。
先日浅草橋にウッドビーズを買いに行ったついでに、三分竹と五分竹ビーズを購入。
(一分竹と二分竹はたくさんあるので)
講習時にいただいたテキストを見ながら復習。
二分竹ビーズで、角には丸小ビーズを入れて、なんとか形になりましたが、中のモチーフができた時点でまたもや根気と意力がプッツン(。-_-。)(かくして三分竹と五分竹は、次の出番までお蔵入り(T_T))
せっかく作ったのでトルコパーツと組み合わせてネックレスにしました。
銀色でサンキャッチャーもいいな、とまたもや妄想が膨らんでしまいましたが、小さ過ぎますね!
それに、遊んでいる場合ではない!と、何処かから声が・・・

軽井沢で一緒に作ったクマさんのヒンメリは
IMG_0421.jpg
(クマさん、微調整不足の写真でごめんなさい。それほどヒンメリは繊細ということ)

ビーズに針で糸を通して作るモチーフは、オヤにもたくさんあります。『ビーズの縁飾り1』にもいくつか載せました。
だいぶ前に作ったものですが、
DSC_0538-A.jpg
下のギザギザと星がソレです。
IMG_0420 2
この技法は図を見ながらひたすら順番にビーズを通していくので、私たちの講習では致しません。(念のため)







  1. 2022/08/25(木) 10:14:17|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夏合宿のチェキ

東京の今日は曇り空ですが、今までの暑さを考えれば快適。
秋の始まりを感じます。

軽井沢合宿でチェキさせていただいた一部をご紹介します。

合宿に”ビーズボール”のラリエットをつけて参加されたWさんは
IMG_0280.jpg

ワサビ・エリシではさっそく軽井沢で作った”かすみそう”アレンジのネックレスをしてきてくださいました。
IMG_0382.jpg

ヒンメリの前日にいらしたAさんに材料セットを渡したら、宿泊の油屋で編まれ、ヒンメリの夜には完成させ、翌日は白糸の滝など一人旅を楽しまれたようです。服装にピッタリ!
IMG_0346.jpg

Iさんは、『ビーズでたのしむオヤのアクセサリー』”2つの輪”をブローチにされ、
IMG_0288.jpg

バッグには縁飾りと竹ビーズの”エフェ”のチャーム。
IMG_0289.jpg

軽井沢の朝の散歩は肌寒かったので、スカーフを。
IMG_0294.jpg

これは、懐かしい『ビーズの縁飾り1』”デュードロップ
IMG_0402.jpg
2008年に出版したので、あれから14年。
当時の縁飾りはなんて単純な編み方のモチーフでしょうか。
ただ、ビーズを通すのと縁飾りを縫い付けるのは一苦労。
今作るとしたら、編みつける方法をとるでしょうね。
縁飾りの本1〜3を出し、編み方をアレンジしてアクセサリーが主体の3冊。
講習を続けるうちに、2時間以内でビーズを通し完成できるか、繰り返しはご自宅で、、、のアイテムがすっかり増えてしまいました。
今回の”さやえんどう”は久しぶりにバスケットに縫い付ける縁飾りです。
と言ってもチョンチョンと要所を止めれば良いだけですが。





  1. 2022/08/22(月) 12:52:41|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

さやえんどうとバスケット講習

”さやえんどう”は
木曜のワサビ・エリシでも、(Wさん)
IMG_0385.jpg

金曜のエヴィムクラスでも、
IMG_0390.jpg
編めました!(Sさん)
IMG_0394.jpg

このSさんは清水さんで、バスケットは始まる前にご自分で編まれたもの。
他の方々はクマさんや清水さんに要点を教わりながら・・・多分、今頃は完成(!)
フェイスブックにS・Hさんがあげていらした写真を拝借。
300181837_3548409098777661_4497963368072483650_n.jpg

来月のヴォーグ学園の材料セットも
IMG_0397.jpg

講習のメインはさやえんどうですが、コレは比較的簡単。
かなり前ですが何年も通ってくださっている方は、トートバッグにさやえんどうを付ける講習もやりました。
バスケットのテキストは編み図つき。クマさんが動画も用意してくれるはずなのでご安心を。
それでも、不安な方はこちらも編み始めてください。
玉ねぎのように巻かれている麻糸を、かぎ針(レース針ではなく)8号で編みます。編み針は材料に含まれません。ご用意ください。

季節はどんどん変わります。
各クラスとも”さやえんどう”の次は”冬珊瑚”のペンダント。
IMG_0378.jpg

ワサビ・エリシ、9月15日(木)と18(日)の受付が始まっています。お申し込みは

ワサビ・エリシの講習

庭に実生の冬珊瑚が赤い実をつけています。
別名、玉珊瑚、クリスマスチェリー。
ナス科の植物で可愛いミニトマトのようですが、毒性があり食べられません。
IMG_0370.jpg




  1. 2022/08/20(土) 14:04:01|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「オヤの見本帳」展のお知らせ

本日発表!
299691933_6140502239299359_1481385952817660027_n.jpg
↑クリックすると大きくなり、読みやすくなります。

代々木上原のジャーミーに隣接するユヌス・エムレ トルコ文化センターで「オヤの見本帳展」を開催します。
本に掲載した石本さん所蔵のスカーフや刺繍などを展示し、大滝カメラマンの現地写真パネルを飾ります。
ワークショップは、ビーズの縁飾り、ビーズ刺繍、トルコのリフ編みの日程調整中。
詳細が決まり次第、ビーズの縁飾り研究会ホームページやフェイスブックとブログなどでお知らせします。
お楽しみに。

〜〜〜〜〜
軽井沢合宿の記憶が薄れないうちにと、3日連続でブログ報告し終えたら、東京の蒸し暑さもあって、充電が切れたかのごとくボーッとしてしまいました。

今週の木曜日は羽根木のワサビ・エリシで、翌日金曜日は自宅のエヴィムクラスで講習です。
アイテムは”さやえんどうのバスケット”。幸いなことに今回の準備はクマさん担当。
昨日3時頃、材料セットと編み図を持って来てくれました。
ワサビクラスはお約束通り、完成バスケット付きですよ〜o(^▽^)o
IMG_0372.jpg

軽井沢で寝物語?に相談した次回のアイテムは、ボーッとしながらも試作しておいたのですがボツになり、テーブル上にビーズや糸玉を散乱させて、夜の9時過ぎまで試作しました。頭は疲れるのですが、楽しい!!

上田のMさんが送ってくださった新鮮で甘いトウモロコシとキャベツで夕食にしました。
IMG_0367.jpg
トウモロコシご飯、とても美味しかったです。Mさん、ご馳走様 (^-^)/
特にナスが大好物なクマさんを留めおくための焼きナスヽ(´∀`)ノには、自家製の美味しい梅なめたけを添えました。



  1. 2022/08/16(火) 19:43:40|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

軽井沢合宿ヒンメリ

私たちの講習は無事に終わりましたが、赤松邸にもう1泊させていただき、おまけにテラスでオシャレな朝食も用意していただきました。ラフィアでバラが刺繍されたフードカバーの中は、私がリクエストしたスイカです。
IMG_0311.jpg

荷物をまとめて、信濃追分駅まで車で送っていただきました。
駅は無人で、小さな休憩所があるだけ。
しなの鉄道で一駅、御代田(みよた)まで。
IMG_0358.jpg
右側の車窓からの浅間山。
IMG_0353.jpg
(上2枚はクマさんが撮影)

改札で待っていてくださったヒンメリの上原かなえ先生と生徒さんの車に乗せていただいてビニールハウスに。
IMG_0317.jpg
内部は40度以上。刈り取られたライ麦はここで乾燥されます。
暑いので、早々にワサビ・エリシ夏の店に向かい、講習開始。

上原先生より、
ヒンメリとは、北欧フィンランドの伝統工芸。
光のモビールとも呼ばれ、風に揺れるシルエットや映し出される影の美しいオーナメント、、、などの説明を受け、
16584384699559.jpg
いくつか作品見本を見せていただき、
IMG_0331.jpg
作りたい作品を選びました。

6人中、全くの初心者は私とクマさんだけ。
どれも作りたいけれど、最初からリースは無理でしょう? 鳥を編むのは大変そう、とかアレコレ迷いました。
経験者の方々は難しそうな立体を、図を見ながら黙々と作られていました。

私はようやく中の立体を作り、時間と根気が切れそうになっていたら、先生が外枠のデザインを単純化させてくださいました。おかげでなんとか投げずに完成!
IMG_0359.jpg
以前から気になっていたヒンメリがひとつ作れて大満足。
細い綿糸をビーディングニードルで通して作ることがわかり、親しみが増しました。

お昼の健康的なお弁当は、デリバリーしていただいたもの。
地元で作られた季節の野菜のサラダやピクルスと「たんぼね」の発酵玄米おむすびとぬか漬け。どれも美味しくいただきました。
IMG_0325.jpg

IMG_0324.jpg

初めてのものを見聞きし、食したり、作ったり。
とても充実した三日間でした。
準備段階から最後まで、赤松さんには大変お世話になりました。
お疲れ様でした。ありがとうございましたo(^▽^)o





  1. 2022/08/13(土) 13:36:14|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

軽井沢合宿−3

前日は講習中にいきなりの雷雨や急に晴れ間が出たり、降ったり止んだりしました。
9日は青空で木々も洗われ、空気の澄んだ爽やかな朝。
近くの堀辰雄文学記念館にお散歩。
IMG_0278.jpg
平成18年に移築復元された追分宿本陣の門を入ると、右側は妻の多恵さんが植えたカラマツ並木。アカゲラが餌の虫を探して木から木に飛び移っていました。
左側は旧宅の新築祝いに室生犀星から贈られたカエデ並木。
オレンジ色の看板は、12月27まで開かれている萩原朔太郎と堀辰雄展のポスター。萩原朔太郎は没後80年だそうです。名前だけは聞いたことのある方ばかり。

奥に、企画展示室、旧堀辰雄邸、常設展示室、文学碑などがあります。
IMG_0293.jpg
(庭に建てられた蔵書を納める書庫)

11時からの講習参加者は、油屋に泊まられた4人と、ペンションに泊まられた方の計5人。
前日にスカーフ講習を受けられたメンバーばかりなので、デザート感覚の作品(?)かと。
かすみ草をアレンジしたネックレスを作っていただきました。

Tさんはブルーの絹のレース糸に内角銀のビーズを選択。チェーンは短めにして後ろでマグネット止め。
IMG_0282.jpg

Iさんはブラウンの絹のレース糸に艶消し金のビーズ。チェーンは長くして被る仕様になさるか、紐を工夫されるか。
IMG_0285.jpg

講習の間に挟んだのは、らしくダイニングキッチンからテイクアウトのキッシュプレート。
IMG_0287.jpg

早く完成させた4人はそれぞれ時間を有効に活用すべく(軽井沢でお買い物とか?)帰られたので、気持ちの良い屋外のデッキに移ってマンツーマンの講習。
16576784090902.jpg

その後、夕方からいらしたAさんを交えて油屋さんで信濃りんごジュースを飲みました。
IMG_0297.jpg
油屋はもともと中山道追分宿にあった旅館でした。昭和13年に移転されてから、堀辰雄、立原道造など、文士や知識人が好んで執筆に利用したそうです。現在は宿泊施設のほか、ギャラリーやイベント会場も併設。

赤松さんの車で千ヶ滝湯川用水の美しい所に案内していただいたり、川魚の美味しい夕食をいただき、夏休み感を味わいました。
IMG_0302.jpg





  1. 2022/08/12(金) 21:55:31|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

軽井沢夏合宿ー2

昨夜、高速バスで、爽やかで快適な軽井沢に後ろ髪引かれる思いで帰宅しました。
前回のブログは、スマホからブログできないか(クマさんに聞きながら)試してみたのですが、写真のサイズや向きの変更などがうまくいかず、、、でも、ちゃんと軽井沢に行けたことだけでもご報告できたから、良しとして、、、
今回はリベンジで、初日からの報告です。

8日、往きは東京駅から新幹線で軽井沢まで(クマさんは前夜から軽井沢入り)。
清水さんを見習って編みかけを持っていき、車内でウォーミングアップしました。
IMG_0253.jpg
蔵出し一分竹ビーズのネックレスがチュニックの色にピッタリでは?(自画自賛(゚∀゚))

IMG_0249.jpg
私の持ち物には、何かしらビーズの作品がついています。

遠い旅行と思っていた軽井沢まで、今は1時間ちょっとで行ってしまうのですね。
駅まで赤松さんが車で迎えにきてくださって、追分のワサビ・エリシ夏の店まで。
買ってきてくださった浅野屋のパンで昼食をとり、1時より講習スタート。

今回、スカーフの縁飾りはクマさんが考案したので、指導もクマさんがメイン。
IMG_0269.jpg
大判スカーフの4辺に縁飾りをつけるのは容易ではありません。普段の2時間クラスでは到底無理なので、この機会にと企画。もちろん、今回も宿題にお持ち帰り、ですが。
私はウロウロ、変わった建物の店内や皆さまのアクセサリーなどをチェキ。
IMG_0271.jpg
チェキはいずれまとめてご紹介しますが、軽井沢に行かれる、またはすでに現地周辺にいらっしゃる方は、是非、お訪ねください。
私たちが昨日楽しんだ「ヒンメリ」や、「フェルティング」でリスを作る講習もこれからあります。
お問い合わせは、赤松さん(090−7838−8927)まで。

講習後、上田から車で来てくださったMさん、近くの妹さんが車で迎えにいらしたUさん、東京から日帰り参加のKさんはそれぞれ帰られ、油屋に宿泊される方々はお酒や料理の美味しいお店に予約をなさってタクシーで行かれ、大いに同窓会を楽しんでいらしたようですヽ(´∀`)ノ
私たちは夕食を赤松さんが予約しておいてくださった「らしくダイニングキッチン」にて。
私は鶏肉のコンフィ。鶏の皮は苦手なのですが、カリッと、肉は柔らかく、酸味のあるビネグレットソースで美味しくいただきました。野菜のピクルスも「帰ったら真似してみよう」と思いました。
IMG_0275.jpg

今回は、赤松さんの素敵な別荘の離れに、クマさんと泊めていただきました。
琉球犬のレイスは人見知りとか。(顔出し禁止だったかしら?)
16576409247443.jpg
初日のクマさんは「遊びたい!」オーラが出過ぎていたのか、なかなか一緒に遊んでもらえず(´∀`*)
私は性格が同類と認識されたようで、最初から吠えられずに静かに側にきて受け入れてもらえました\(^o^)/。

クマさんと二人でベッドを並べて寝るのは4年前のトルコ旅行以来。
バルケシルで私がベッドから転げ落ちて怪我したのを思い出し、壁側のベッドを私用にしてくれました。
寝ながら取り留めなくおしゃべりして、先に返事をしなくなるクマさん(´∀`*)は変わらず(´∀`*)。






  1. 2022/08/11(木) 17:51:45|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

軽井沢夏合宿

追分のワサビ.エリシ夏の店は、同窓会の様相。
20220808225235ee7.jpeg

今日は大判スカーフに縁飾り。
改めて、トルコ女性の根気に、敬意を払いたいと思います。



  1. 2022/08/08(月) 23:24:56|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

いのちの木のあるところ

先週火曜日、東京ジャーミーに隣接のユヌス・エムレ文化センターでのイベント
『いのちの木のあるところ』(福音館書店)挿絵の複製画展に行ってきました。

IMG_0199.jpg
(コルクット・ギュンゲン トルコ大使に、作者の新藤さんと挿絵を描かれた佐竹さんが説明されています)

約800年前に建てられたトルコの世界遺産「ディヴリーの大モスクと治癒院」をめぐる人々を描く歴史物語です。
IMG_0231.jpg

新藤悦子さんとは最近ご縁をいただいたし、読書は嫌いではない。ましてトルコのもの。
興味があって購入してはみたものの、厚みが3.5cmもあるズッシリした児童書で、500ページを超える内容。
音楽なら聴きながら編むこともできますが、目を使うビーズ仕事と読書は同時にはできず、最近はつんどく書が増えるばかり。
文庫本なら持ち歩いて電車内で読むこともできますが、コレは絶対に無理!
加えて、もともと読書の速度は遅く、気がつくと音読している?と思えるほど。
500ページ?まあ、ゆっくり読ませていただきましょう、、、と思っていました。
よく、間を開けすぎて、初めから読み直さなければならなかったり、毎回、登場人物の相関図を確認するところから始めなければならなかったり(´・_・`)

ところがなんと6日間で読み終えてしまったのです!!
その間に仕事の打ち合わせや浅草橋での材料調達とセット作り、見本を編んだり、zoomに参加し、友人とのランチなどもあったのに、、、
と、我ながら驚いています。

ディヴリーには行ったことがありませんが、トルコで、モスクや治癒院はいくつか見ています。
たくさんのモスクを手がけた天才建築家ミマール・シナンの本もだいぶ前に読んだことがあります。
いのちの木のモチーフも、刺繍やパッチワークなどにもあり、気になることでした。
イメージを膨らませる挿し絵がたくさんあったのも、私を夢中にさせた要因かと。

IMG_0239.jpg

一箇所、付箋をつけたところは、、、

遊牧民で絨毯織りの好きな少女ヤプラクが幼い頃にばばさまに言われた言葉
「じょうずにできなくてもいいんだよ。人間は神さまじゃない。ばばだって、まちがえることはある。だいじなのは楽しく織ることさ。楽しく織っていれば、神さまも喜んで、綺麗なじゅうたんにしてくださるよ」

私たちのビーズの縁飾りも同じです。
上手でなくても間違っても、大事なのは楽しく編むことです\(^o^)/

本のカバーをとった表紙には、モスクの入り口を飾る巨大な冠門に天才石工・フッレムシャーが施した浮き彫りの紋様。
IMG_0233.jpg

もう一度複製画を見に行きたくなりました。
土日限定、カフェで物語に登場するディヴリー料理がいただけるとのことです。
この展示会の会期は7/27~8/21(日)11時〜18時 ※金曜日は休み。


  1. 2022/08/03(水) 21:58:50|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2022年8月の講習予定

暑い暑い8月になりました!
日射病に負けず、コロナにも負けず、頑張りましょう。

☆トルコの大判スカーフに縁飾り
16330972400495.jpg

8/8 (月) 13時〜16時 @ワサビ・エリシ夏の軽井沢店

☆トルコパーツのネックレス(ランチつき)
IMG_0226.jpg

8/9 (火) 11時〜15時 @ワサビ・エリシ夏の軽井沢店

軽井沢夏のレッスンはどちらも若干名参加可能です。ワサビ・エリシにお問合せください。

☆さやえんどうのハンギングバスケット
IMG_2429.jpg

8/18 (木)11時〜 @ワサビ・エリシ
8/19 (金)18時〜 @エヴィムクラス

講習のメインは”さやえんどう”の縁飾りです。
ワサビクラスのバスケットはクマさんが編んでくれています。
エヴィムクラスは各自セットの麻紐で楽しんで編んでくださ〜い (^-^)/

※ワサビ・日曜日のクマクラスはワサビ・エリシ店の都合でお休みです。
※阿佐ヶ谷のメルハバクラスは私の都合でお休みにします。

☆ビーズボールのラリエット
IMG_0235.jpg

8/29 (月)@ヴォーグ学園東京校
講習材料のビーズはブルーのミックス。
参考作品の黒は内角銀ビーズ。白は、クマさんが白系のビーズをミックスして作りました。これも人気です。

☆散歩道のラリエット
seminarpage_202207031207291504434483_7.jpg

8/27日(土) 10時〜12時半 @ヴォーグ学園横浜校(1day レッスン)
※通常のクラスはお休みです。
クマさんによるオンラインレッスンも同時進行です。
申し込み受付中。

〜〜〜〜
昨日はクマさんが来てくれました。
軽井沢でレッスンするスカーフの材料セットを揃えたり、ネックレスの編み図の準備など。
私のメモを見て確認し合いながら色違いで編んでもらったのが上のブルーのネックレス。
手慣れた方々はこれも時間内に余裕で編めそうです。

「さやえんどうと並べて唐辛子もあったらかわいいにゃ〜」とバスケットを置き土産にくれました。
でも、とりあえず・・・
IMG_0230.jpg

市販の造花にトルコのイーネオヤの花を加えて飾りました。
「ワサビの良い子は真似をしないで縁飾りをつけてください(゚∀゚)」
綺麗な花瓶敷きはニットの清水さんからプレゼントしていただいたものです。



  1. 2022/08/01(月) 22:47:40|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Profile

midori nishida