fc2ブログ

バスク屋さんのマスク

バスク屋さとこさんは、トルコつながりの親しい友人です。
そもそもバスクとは、スカーフなどに模様をつけるトルコの木版のこと。
ここ数年、私たちの展示会では、木版を押す講習会を開いたり、トルコのスカーフや布、雑貨などの販売で、協力、お手伝いをお願いしています。

さとこさんは先週からトルコのプリント布でマスクの材料セットをネット販売するように。

バスク屋さんオンラインショップ

色柄が華やかすぎるのでは?と思いましたが、白や無地布がそろそろ飽きてきたのでお試し気分。
送っていただき、さっそく仕立ててみました。

IMG_4993.jpg

「ムムッ、楽しい!」
きれいな色柄は沈んだ気持ちを明るくしてくれますね。

裏布まで綺麗なカラーなのです。
IMG_4995.jpg

〜〜〜販売セット〜〜〜

11747230008729.jpg

・トルコのスカーフ用のプリントコットン布(ボイル、またはシングルガーゼくらいの薄手)
・白無地の手ぬぐいまたは晒
・トルコのスカーフ用の色無地コットン布(ボイル、またはシングルガーゼくらいの薄手)
<布はすべて20cmx30cm>
・マスク用のゴム(50cm 1本)
※型紙、レシピはついておりません。
〜〜〜〜〜〜

私は気に入っている型紙で縫っていますが、 ”手作りマスク” で検索すると色々な形や作り方、型紙が出てきます。
もちろんプリーツやタックを折るタイプも。手縫いでもできます。

ゴールデン明け、自粛要請が終わっても、まだまだマスクは必要でしょう。
(武漢のように、終わった!とマスクもなしに観光地に押しかけるのだけはやめましょうね)
その頃には巷にも使い捨ての白いマスクが溢れているかもしれませんが(インシャラー)、着ける方も飽きている頃。
外出には服装に合わせておしゃれをしたくなる気分では?
巣ごもり中に作り貯めておくのも良いかも。
プレゼントしたら喜ばれそう。
実は、ついに晒布とマスクゴムのネット購入をポチポチっとしてしまったのです。
ミシンは目につかないところに片付けようと思っていたのに・・・

ここまで書いたら隣の義姉がきて、
「あら、きれい!」と赤とグレイの2つを所望。
プレゼントしても良かったのですが、「買う」とのことなので材料代600円2個分をいただきました。
くれぐれも、友達から引き受けてこないでね、と念をおしました。
周りにはもっと上手に縫って分けている方がたくさんいらっしゃいますもの。
それに、私の本業はビーズですから、、、

バスク屋さんでは小さくカットしていないプリント布も販売しています。
11747203335132.jpg

食事など外した時にしまうマスクケース(ポーチや巾着でも)を作りたくなりました。
「本業はビーズ!」と頭の中で唱えながらミシンをかける日々が続きそうです。
(実を言うと、私の愛用の型紙は小さめなので材料セットで2つ分取れたのです。ゴムはないので、ポチっとなった訳)
やれ忙しい! 😅

ヴォーグ学園(東京校・横浜校)の生徒の皆さま!!
ひとつ前のブログのお知らせを見てください。
スイセンの材料をプレゼントしますよ。
本日、さっそくお手紙くださったお2人にお送りしました!

 



スポンサーサイト






  1. 2020/04/12(日) 21:03:42|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/1049-b2903552

Profile

midori nishida