正解&解説

エラーは色でないとすれば形か数ですが、数はわかりにくい。
竹ビーズ

二分竹ビーズ2本の間に一分竹が横に入っているモチーフ、みつけました?
一分竹は、わざわざカットして作っているのでしょう。
色なら、ランダムに別色を1個通せばいいのですが、
この場合、一分竹が2本の間に来るように入れなければならない。
数えてみると、ちょうど終わりから50個めに一分竹ビーズが入っているのですが、
これも何か隠された意味があるのでしょうか。
(もしかしたら色の場合もランダムではなく50個めかも?と気になり始めました.
危ない、深みにはまりそう)
端始末

長いオヤを編んでからスカーフにまつりつけているので、長さが余ったようです。
私達、几帳面な(たぶん、一般的には、どちらかというと)日本人なら、
最初と最後が合うように、長すぎればほどいてつきあわせ、体裁を整えますが、
トルコのものは余分もそのまま、二重にしてまつってあります。
Vol1のp55の黒いスカーフは、余った部分で角を飾り、センスの良い作者ですね。

観光地の土産物だと、オヤが短かすぎて、部分的にオヤの欠けているスカーフや、
足りない分、違う色のビーズや糸で編んでいたり、
時には、別のモチーフが足してあるスカーフもあります。
(モチーフを研究したい私には、嬉しい掘り出し物!)

竹の一段目が終わったら、二段目はそのまま、くさりで立ち上がって戻っています。
つまり、黒ビーズを竹より先に通してある!
例の一分竹部分は、「ビーズを寄せてくさり1」を3回してカモフラージュ。

こんな面倒なことをしてまでも、「私たちは、神さまのように完全なものは作れません」
と、表現したいものなのでしょうか。
信仰心の薄い私には解りかねますが、ミステリーや手品のトリックを解明するようで
興味深く、エラーを探すのも楽しみのひとつです。

自分自身は、故意ではないエラーがいくつもあり、至らぬ人間性を露呈してばかり。
だから講習では、「間違っても大丈夫」と、上手なごまかし方もお教えしています。

15日art-bookshop池袋
18日池袋コミュニティカレッジ
19日神保町art-bookshop&cafe
21日エコールプランタン銀座
24日新百合ヶ丘産経学園

で、講習会をします。
どちらもまだ席に余裕があるようです。
時間や内容など、詳しくはCRKのブログをご覧ください。
ご参加をお待ちしています。

スポンサーサイト



  1. 2011/01/12(水) 23:38:05|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

コメント

竹ビーズの数が3なのかと思いましたが、随分と凝った間違いをするのですね!

  1. 2011/01/14(金) 20:52:54 |
  2. URL |
  3. serendipity #okUTWwR.
  4. [ 編集]

長竹373個通してから短竹1で、長竹49個ですよ。
50個めというのが気になりますでしょう?
「ビーズの縁飾り研究会」の、というより私の、
今後の課題が増えました。
  1. 2011/01/14(金) 23:18:36 |
  2. URL |
  3. midori nishida #-
  4. [ 編集]

う~ん・・・・・
私の場合、間違えないように慎重に通しても、(完全なもの)は無いのに。

50のところで故意に入れる(適当なところではない!)のは、人間にもかなり完全な仕事は出来るなんてことになっているような気がします。

それにしても、(50)とはどんな意味があるのか、解明が楽しみです!
  1. 2011/01/15(土) 07:43:05 |
  2. URL |
  3. serendipity #okUTWwR.
  4. [ 編集]

他で間違わないで、そこだけ変える。これこそ、神業ですよね!
50は単なる偶然かもしれませんが、何か解ったらまたお知らせします。
  1. 2011/01/15(土) 12:07:25 |
  2. URL |
  3. midori nishida #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/12-71db419f

Profile

midori nishida

  • まとめ