fc2ブログ

シルク糸のクロスステッチ

毎日、コツコツ・・・そして完成!

IMG_8245.jpg

絹糸は細いので3本どりに。
糸が絡まりやすいので長さを短めに切って刺しました。
あちこちで間違って解いた跡が絡まったりして、作品の裏側がかなり見苦しい状態。
裏布をつけないといけないかな?と思いながら刺していたら、ベースのテープ(☆)を半分に折りあげて二重にすればいいと閃きました。ベルプルを通すのにも好都合。
両端は2枚を合わせ、生成りの縫い糸で縫い止めています。
☆(cosmoのクロスステッチ コットンテープ 100mm幅 約5.5目/1cm)

IMG_8255.jpg
BURSA(ブルサ)IPEK(絹)IPLIK(糸)

図案を自由に選んで刺していったので、どこで終わりにしようかと考えていたところ。
否応無く長さが決まって助かりました。
モスグリーン3色のうち、一番濃い色1カセ分を使い切ってしまったのもタイミングでした。

図案は『クロスステッチ フォークロア』(誠文堂新光社)と、『トランシルヴァニアのクロスステッチ・パターン集』(folklora press) から。
花と葉をメインにしたかったので、トルコだけでは足りずに、ブルガリア、ルーマニア、セベリア、ポーランドの図案も入れています。

IMG_8253.jpg
パターン集の方は1色なので、どこの部分を何色にするか?は自分で考えなければなりません。

クロスステッチは脳の活性化に役立ち、認知症予防になるとか。
ユザワヤでもクロスステッチのキット販売コーナーにそのような説明がありました。
確かに、数を数えたり、色を変えたり、、、
このところ、私の脳は活性化しすぎ、寝ていても動いていた気がします
(´∀`*;)ゞ
かと言って、物や人の名前がすぐに出てくるようになったわけはなく、
相変わらず、「ソレはアノカタのアレ」ですが(^∇^)
最近、嬉しいことに、クマさんには「アノ時のアレ」で通じます。
彼女はネコの翻訳アプリでネコ語も理解でき、
ある意味バイリンガル以上\(^o^)/
スポンサーサイト






  1. 2021/10/28(木) 22:58:29|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/1214-a2b04921

Profile

midori nishida