手芸屋さん

カドキョイで、偶然、ビルの奥に手芸屋さんをみつけました。
ハート型のナザールボンジュウを購入した店です。
DSCF3471.jpg
店主エリフさんは、ボタン穴あけ、ファスナー直しなども自分でしています。
私がお店にいる間にも、地元のご婦人からファスナー直しのスカートが持ち込まれていました。
好きなものに囲まれて居心地がよく、ついつい楽しく長居し、
チャイまでごちそうになりました。

DSCF4196.jpg
↑このハサミも彼が自分でデコしたそうです。ハサミはイタリア製ですが、
ナザールボンジュウのシールがポチッとあるだけで、私にはトルコ。
(チューリップ柄のシンブルはマイコレクションに加えたくて、新市街の土産物屋で買ったもの。)

DSCF4202.jpg
待ち針ケースです。Steel Plastik Head Pinsや、WARNING などのシールが貼ってあったので、トルコ製でないことは明らか。
待ち針のピンク色が日本では見かけない淡い色、くらいで、針の長さも太さも変わらないのですが、
ケース裏の↓こんなところ、ツボにはまりました。↓↓↓
DSCF4204.jpg

アクリル毛糸製、シャワー時のボディタオル(日本のアクリルたわしのような)が安く売られているのをバザールなどでたくさんみかけます。
もちろん、かぎ針でふんわり編むモチーフもありますが、
クロバーが出している”花編みルーム”のような道具も、丸、角、いろいろありました。
ホテルには、アメニティーに加えて、へちまが置いてあるところもあるくらい、トルコではボディタオルは必需品&消耗品なのでしょう。
道具を購入して、作ってみたい好奇心はありましたが、
1)自分の手は2本しかない(ビーズの縁飾りの研究に励まねば)
2)物は増やさない(充分コマゴマ、増えているけど)
3)トランクに入れるスペースがない(和服持参のせいもあり、往時からトランクは重量オーバー)
などを考えて、今回は自重しました。
スポンサーサイト



  1. 2012/07/09(月) 07:30:14|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/182-91070d50

Profile

midori nishida

  • まとめ