トルコへの誘い

テントの中にラクダ? なんとも混沌とした不思議な室内。
DSCF5973.jpg
照明はトルコのモザイクランプ。
DSCF5967.jpg
ベリーダンスの衣装も。
DSCF5969.jpg
スパンコールがキラキラしたリボンやテープがメーター売り。
DSCF5974.jpg
靴を脱いで絨毯に座り、ロクムや干しアンズなどをつまみながらチャイをいただきました。

ここはトルコではありません。
先週、お花見を兼ねて谷中に墓参し、谷中銀座に寄り道したおりに偶然みつけました。
DSCF5976.jpg
きっと、トルコが私を手招きしているのね。

5月21日から、日本トルコ民間交流協会が企画の、トルコで日本文化を紹介する旅に参加します。アンカラとサフランボルで文化祭をします。武術、和太鼓、茶道、書道、折り紙などを紹介し、ワークショップも開きます。ボランティア仕事で忙しいですが、親日のトルコの方とのふれあいがクセになる楽しさで、私は4回目の文化祭参加。
短期の方は29日帰国。(燃油サーチャージ、空港TAX別で20万円)

長期グループは、普通の観光ツアーでは行かない、カスタモヌ、アマスヤ、サムスン、イスタンブルを廻って6月4日帰国予定(費用未定)。
のんびり旅して、オヤを訪ねてみたいと思っています。

参加者をまだ募集中とのこと。特に、お花を教えられる方大歓迎ですが、その他の講習やお手伝いのみ希望でもOKだそうです。
ご興味のある方は、至急、私宛(以下)にご連絡くだされば詳しくご説明します。
minishi@jcom.home.ne.jp
スポンサーサイト



  1. 2013/04/08(月) 11:36:15|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/268-9cebb50b

Profile

midori nishida

  • まとめ