トルコ報告1

DSCF6854.jpg
ーーサフランボルのフドゥルルクの丘でサフランチャイを飲みましたーー

あっという間の充実した旅でした。書きたい話が山ほどあるのですが、まずは帰国のご挨拶。
日本でもニュースになっていたのですね。みなさま、ご心配いただき、ありがとうございました。

イスタンブルの新市街の中心にある緑豊かな公園の木をすべて伐採してショッピングモールを建設するという政府方針に対して、市民が反対の声をあげたのが発端。
独裁的なトップで、富裕層だけが儲かる新事業がどんどん増加し、市民の鬱積した思いが形になったので、イスタンブルだけでなく、イズミル、アンカラなど60以上の街でもデモがあった模様。死者も2名。負傷者は1000人以上とか。

たまたま最後の宿泊地がイスタンブル中心のタクシムで土曜日夜。
昼間、暢気にアジア側で楽しんでいた私たちは、騒乱が一時収まり、催涙ガスが消えた夜中2時過ぎに、ガラスの破片やコンクリートの散乱する石畳の道を1時間半ほど歩いてホテルに戻るという大変な経験をしてきました。誰もいない風を装った真っ暗なホテルに着いて、久しぶりの湯船でゆっくり休んでいたら、外でドカンドカンと大きな音がし、無事をアラーの神さまに感謝。

石本さんも40年以上トルコを見ていて、こんな騒ぎは初めてとおっしゃってました。もしかしたら、歴史に残る事件に遭遇したのかも。
「飛んでイスタンブール」ではなく「とんだイスタンブール」。

トランクが壊れ(これは飛行機と安物のせい)、散乱した荷物と時差ぼけの頭と撮りためた写真をゆっくり片付けながら、順次ご報告しますね。
スポンサーサイト



  1. 2013/06/04(火) 00:12:38|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/282-3e1a37b1

Profile

midori nishida

  • まとめ