3)トルコの家族

ブルチンさんの家では大歓迎を受けました。
おばさまや従姉妹さんもみえて、美味しいお食事会。
DSCF6367.jpg
予測できたので、ホテルのバイキング朝食は控えめにしておいたのですが、
お心づくしの手料理を少しずつ一通りいただくだけで、おなかがいっぱいに。

私のためにレース編みを実演してくださいました。
おばさまたち

もう少し長く編んで縁をつけて、お祈りの時に敷くそうです。
真っ白なのにもったいない気がしますが、やはり誰かのチェイズ用とか。
DSCF6365.jpg
レース針の持ち方はナイフホールド。
DSCF6369.jpg
左手の人差し指に糸をたくさん巻き付けるのにはびっくり。
糸がゆるむ方は1〜2回巻き付けることをおすすめしていますが、こんなに巻くとは。
レース編みだけなら、糸玉がころがらなくて良い方法かもしれません。
人差し指巻き

おばあさまも、編みためた赤ちゃん用のかわいいニットをたくさん見せてくださいました。
DSCF6378.jpg

去年、日本に遊びにいらしたお姉さんが、英語で通訳してくださったので、なんとかなりましたが、まだまだ私のトルコ語は未熟で、決まりきったご挨拶や返事ができる程度。

言葉が通じなくても、お互いの温かな気持ちは十分伝わるものです。
私もすっかり実家に帰った気分になりました。

スポンサーサイト



  1. 2013/06/06(木) 21:31:00|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

ブルチンの家族と素敵な一日。
家族の暖かさが伝わってきます。
  1. 2013/06/16(日) 11:40:35 |
  2. URL |
  3. ゆみ #qwKvtbg.
  4. [ 編集]

そう、とても素敵なご家族でした。愛情たっぷりに育てられたから、あんなに素直なお嬢さんなのよね。
  1. 2013/06/16(日) 11:50:58 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/284-efd90746

Profile

midori nishida

  • まとめ