旅の5 アイドゥンの続き

このような乾物屋さんは、トルコのどの町でも見かけます。
乾物屋

豆類は、煮込み料理はもちろんのこと、スープ、サラダ、メゼ(前菜)に大活躍。
ナッツはピスタチオ、ピーナッツ、クルミ、松の実、アーモンド、ヘーゼルナッツ、
かぼちゃの種、ひまわりの種・・・と、種類が豊富。
余談ですが、去年アンカラで行われた日本語スピーチコンテストで、
「日本人のアーモンドのような目とヘーゼルナッツのような鼻に憧れている」と
いうスピーチがあり、笑ってしまいました。
日本人は大きな目と高い鼻に憧れるのに、いずこも「隣の芝生は青い」のですね。

日本では、ヘーゼルナッツ同様、イチジクもトルコ産が有名ですが
ぶどう、杏、マンゴー、パイナップルなどのドライフルーツ。
ものの本によると、イチゴやメロン、なんとスイカもあるそうです。

手前の乾燥した草状のハーブ。
寒かった小さな村でいただいた温かなアダチャイがおいしかった印象が強く、
アダなるものを1束買ってきたのですが・・・
そのときは感動したものが、日本で見直すと何故買ってきたのだろう?
と思うことって、よくありませんか。

種類の豊富な香辛料。私は香辛料、特に辛いものが大の苦手ですが、
中には、ゆかりに似たお気に入りもできました。
ロカンタ(レストラン)では、日本のそば屋さんの七味唐辛子のように、
数種類の香辛料が置いてあります。(果敢に挑戦するさやかさんでした)

店先に下がる乾燥野菜。
赤い唐辛子やトマト、赤ピーマン、黒いナスやきのこ、緑色のオクラ。
右端は入浴に使うヘチマ。
ピーマンやナスは、中をくりぬいて干してあります。
水に漬けてもどし、ひき肉やお米を詰めて煮込み料理、ドルマスにします。
大概の野菜は日本より大きいのに、オクラだけは小さい。
乾燥させるとまるでネックレスのようです。
旅の最後までオクラにこだわっていたRSさんは、お料理されたでしょうか。

トルココーヒー屋
食後のコーヒーやチャイは、チャイ専門店から運ばれてきます。
トルココーヒーを持ってきてくださったので、カメラを向けたら、このポーズ。


スポンサーサイト



  1. 2011/03/31(木) 12:57:10|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

チャイ屋のおじさま いい顔してますね~ こんなチャイ用のトレイも、欲しくなっちゃいます。碧せんせに、一緒に見てもらって、購入したチャイグラスは、もっぱら日本酒を飲む時に愛用しています! トルコで毎日飲んでいたチャイが懐かしいです~
  1. 2011/04/01(金) 21:15:27 |
  2. URL |
  3. さや #gIYQI5Sw
  4. [ 編集]

まさか日本酒とは、チャイグラスもびっくりしていることでしょう。
アダをお分けするので、是非アダチャイを。
プランタンは、ようやく夜間教室が再開されるとかで、順延の相談をしています。一両日中に、皆さまにご連絡がいくと思います。
  1. 2011/04/01(金) 23:20:52 |
  2. URL |
  3. midori nishida #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/32-31203772

Profile

midori nishida

  • まとめ