つりがねそう

”つりがねそう”のリクエストをいただきました。何につけようか考え、、、
DSCF7665.jpg
秋らしい色味のピンクッションを作りました。

トルコで購入したスカーフ用布。
DSCF7650.jpg
正方形ですが、4辺は裁ちっぱなしなので、このままでは使えません。
トルコの方は、縁を折り込みながら器用に縁飾りをつけていきます。

薄地なので、接着芯を貼り、模様を見ながら10cm大の正方形にカットします。
模様のある所を表面、無地を裏面にし、ずらして合わせるのが私のこだわり。
さあ、これも、講習用にせっせと縫いましょう。

「ビーズの縁飾りVol.1」では、目次用に18個作り、デザイン全ての縁飾りをつけました。
DSCF7668.jpg

ほとんどDMCダンテル80番糸を使いました。
講習会をするうちに、糸が細すぎて難しく感じる方が多いのがわかり、今の講習会では40番糸が主流です。
(今月の池袋サンイデーでは、例外的に特殊な太い糸を使いますが。)
”つりがねそう”はDMCセベリア30番を使いますが、オリムパス金票40番と同じくらいの太さです。
メーカーによって太さも変わるので、番手を信用せずに、試し編みすることが大切。

モチーフのつりがねそうは、「ビーズの縁飾りVol.2」、和のページで紹介しています。
ベリーの編み方をアレンジしたもの。
糸は細めで立体だから、初心者さんにはちょっと難しいかもしれませんが、1輪だけピアスにしてもチャーミングかも。
スポンサーサイト



  1. 2013/09/09(月) 09:30:50|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/325-0b50ab67

Profile

midori nishida

  • まとめ