MMさんの縁飾り

「ビーズの縁飾りVol.3」の”雪解けの雫”。
スキャン 2
青いマガ玉ビーズが雫のように、つららを伝って落ちる様を連想したタイトルです。

ビーズを順番通りに間違いなく通してしまえば、編むのはさほど難しくはない(・・・と、思う)。
トルコのオヤの特徴でもある、「くさりを束(そく)ですくってこま編み」をたくさん編みます。
一定の幅でしっかり編めるので、ウールやニットにもブレード感覚でつけられます。

友人のMMさんが、編みかけと完成した写真をメールで送ってくれました。
マスコミ作りかけ
image.jpeg

いろいろ挑戦して編んでくれていて、彼女の最新作は、Vol.1に掲載の”果樹園”
写真
1段目と2段目に別れているので、それぞれに別の色のビーズを通せばいいわけで、すぐ編み始められます。
編み方も、最も易しい部類のデザインで、超初心者の方向き。

色によって、全くイメージが変わりますね、素敵。
電話でグレーの糸の相談を受けましたが、黒にして正解でしょう?
ただ、黒糸をビーズに通すと、ビーズの色が暗く変わってしまうことがあるので要注意。
↑のように21番の銀色ビーズは大丈夫ですが、数モチーフ分で実験してからが無難です。
スポンサーサイト



  1. 2013/11/04(月) 16:53:56|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/341-240b0c7e

Profile

midori nishida

  • まとめ