旅の7 ナーズィリからオデミシへ

博物館には、貴重な手芸作品がたくさんあるのに、
タオルだけを紹介して先に進むのは、かなり乱暴ですが、先を急ぎます。

翌朝、出発前に宿泊施設の近くを散策。
庭にレモンの木が普通にあるのは、羨ましい。
レモン
食事には必ず生野菜サラダが出ますが、オリーブオイルとレモンを絞るのが通例。
こんな土地柄なので、レモンは日本のように薄切りや8つ切りではなく、半分にカット。
それがガーゼで包んであることも。(フォークで刺して汁を絞る時、種を出さない知恵)

シミット屋さん
途中で出会ったシミット屋さん。
私は、ゴマが香ばしい、このパンが一番好き。

広い公園の中の、オープン寸前の老人施設を視察訪問。
日本では考えられない素敵な環境で、
長生きするならナーズィリで・・・と、私達も思ってしまいそう。
ナーズィリの公園
イスマイル先生が、所長さん以下、スタッフを紹介。
イスマイル先生
おいしいお菓子とチャイをいただきながら、意見交換。
スタッフの女性たちが作ってくれた焼き栗がおいしく、
その優しい心遣いが心に残りました。
実際に介護を経験している私達の意見が、今後の参考になればいいのですが。

旅の任務のひとつを遂行し終り、午後から、あの派手なバスでオデミシに向かいます。
スポンサーサイト



  1. 2011/04/11(月) 21:59:54|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/35-7f792165

Profile

midori nishida

  • まとめ