アメリカでもベリー

先日、CRKに、ベリーの茎が下から出てしまうがどうしたらいいか教えて、と、アメリカのDianeさんから質問がありました。日本でも、このモチーフの一番判りにくいところです。
クマさんと相談しながら茎を実の中に通すポイントをプロセス写真と解説を入れて返信。
何も言って来ないけど判ったかしら、と話していたら、数日して↓の写真がCRKに届きました。
IMG_0346[1]
ちゃんと実が下がった、ありがとう! 次はパンジーの花畑を作ると。
こうしてやりとりできると、遠いところでも我々の本を楽しんでくださっている実感がもてて嬉しい。

以前にもご紹介したことがありますが、「ビーズの縁飾り」(グラフィック社)は海外版が出ています。
20140403_100359.jpg
(ロシア語、台湾語1、2、フランス語、英語1、2)

海外のアマゾンでも★評価をたくさんいただいているし、おおむね好評のコメントをいただいています。マイナス点としてあげられているのは、英語の1巻目、表紙の作品が編めない(これは、あちらの出版社の意向でインパクトのある写真にと変更されたもの)、オールカラーではないが印刷のミスではないか?など。日本では作り方ページは1色に節約する傾向で、なんら不思議はありませんが、海外はオールカラーが普通。

それを意識したわけではありませんが、5月初旬に髙橋書店から発売されるCRKのアクセサリーの本は、オールカラーで、詳しいプロセスつきです。
乞うご期待!
スポンサーサイト



  1. 2014/04/03(木) 10:55:09|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/386-49b52ad6

Profile

midori nishida

  • まとめ