展示会3日めの講習

ホビーショーでいち早く本を購入された方が、カモミール&ビオラのラリエットをつけてきてくださいました。
20140509_144750.jpg
早くも、ビーチグラス、ひまわり、フルーツボール、パイナップル、梅などの新しいモチーフを編まれて、見せてくださったりFacebookやブログでお披露目してくださっている方々がいらっしゃいます。
嬉しい大きな反響です。

9日の1コマめはグミ。
201405082128508dc.jpg
トルコのオヤ独特の技法で、ひっくり返して持ち直し、の連続で編みます。
「ビーズの縁飾り」”フルーツバスケット”に似た配色。マスカット色の164、巨峰色の332、赤は165Bという新登場の透明色。おいしそうな3色のビーズたち!!

2コマめはカモミール&ビオラ。
当初、定員6人だったのが、キャンセル待ちが出るほど希望者が多く、2階のテーブルを使用することにしました。朝は14人だったのが、昼には18人の満席に。大人気ですね〜。
新刊本で主に花モチーフを作った吉植さんが講師で私はアシスト。
20140509_161357.jpg

ギャラリー2階は壁面いっぱいにビーズの引き出し。増え続けるビーズの整理に頭を痛めている私には夢のよう。
途中で、雷が鳴り、あられが屋根を打つ音にも、集中しているみなさまはビクともしませんでした。

6人テーブル3つで、初めて講習に参加される方が左右のテーブルにいらして、中央テーブルメンバーは本を見ながら黙々と、ほとんど自習状態。申し訳なかったですが、本のプロセスを見るだけで編めるということを見事に実証してくださいました。プロセスを担当したクマさんの苦労が報われますね。

20140509_161734.jpg
髙橋書店の「ピタッと開く本」というキャッチフレーズも実証。見ながら編むのにはとても便利です。
スポンサーサイト



  1. 2014/05/11(日) 00:11:36|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/05/11(日) 07:10:01 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

春のモチーフ

Michieさん、すっかりハマってくれていますね。嬉しいです。スミレは立体的な形が可愛いでしょう? チョウのピアス金具は、貴和製作所で販売しているトルコのパーツですよ。
  1. 2014/05/11(日) 08:35:37 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/06/07(土) 09:35:59 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

鍵コメントCさんへ

こんにちは。
「ビーズを編みこむ・・・」のご愛読、ありがとうございます。
ただ今おくさまがトルコで薔薇と戯れているので、クマが代わりにお答えします。
一部コメント内容を引用しますが、ご了承ください。

> カモミールの花芯なのですが、説明のとおりに編んでいくと、花芯完成写真のようになりません。編み終わりの糸端が、編み始めの糸と揃わないのです。最後の糸端は長編み2目一度の頭にくると思うのです。 完成写真は糸をくぐらせて編み始めの糸と同じところに持っていった状態なのでしょうか?

A.編み終わりの糸端は、写真では最後の長編み(の玉編み)の足に糸をくぐらせています。
 糸を切る・糸始末の記述はプロセスでは省略してしまっています。説明不足ですみません。


> 編み図も確認したのですが、編み図では頭で終わるようになっているので、、、

A.①の編み始めは花芯のビーズを指しています。
 (作り目→ビーズ6個をくさり1目でまとめる…なので、いちばん最初に寄せるビーズを指しました)
 なるべく多くの写真をのせたり、記号図の省略を最小限にするため、図が小さくてなってしまいました。
 見難くてすみません・・・。

糸始末についての補足です。
花芯の糸始末の方法を二つご紹介します。ご自身の手にあった方法でお試しください。
1.
上記の通り、本では最後の長編みの足に通して編み始めと同じ位置に糸を持ってきます。
その後、ビーズの中を通したり他の長編みの足に通して始末します。
たまに作り目のすぐ後にビーズをまとめると、ほどけないか心配・・・とおっしゃる方がいますが、
そういう場合は編み始めと終わりの糸端同士を結んでから始末してもらいます。
(茎を編みつける際に隠れます)
2.
ワークショップでは初心者が多いので、なるべく簡潔に糸始末をします。
それぞれの糸端を外周にザクザクと絡めておき、花びらを編む際に一緒に編み包むようにしました。
(編み始めは編み進む方向に、編み終わりは戻るように絡める)
編み終わりの長編みが緩まないか心配な場合は、くさりを1目編んでしっかり引き絞ります。
または、糸を切った後、長編みの頭から針を入れて糸端を引き抜きます。

紙面の都合やレベルに合わせて説明を簡潔にしている場合があります。
記号図にある目をプロセスでは記述していないこともあります。
なるべく記号図をお読みになって編み進めてください。
またご不明な点がありましたら、CRKdesignのブログのメールフォームからお問い合わせください。
でき上がった作品は、ぜひfacebookの「ビーズの縁飾り」ページでご紹介ください!
  1. 2014/06/08(日) 02:51:27 |
  2. URL |
  3. 代打・クマ #-
  4. [ 編集]

ありがとうございました!

クマ様

分かり易いご説明を頂き、ありがとうございました。
理解できました!

「ビーズを編みこむ・・・」は、疑問点が写真で判断できるので、本当に分かりやすいです。
スノーフレーク→フルーツボール→スミレと編んできて、すっかり手順写真に頼り切ってしまっていました(^^;;

一冊の本でこんなにたくさんの種類を編んだのは初めてですが、他にもまだ作ってみたいものが幾つもあります。
今後も楽しませていただきます。
本当にありがとうございました<(_ _*)>
  1. 2014/06/08(日) 07:56:12 |
  2. URL |
  3. chaw #092NAegw
  4. [ 編集]

Chawさま

疑問が解消されてホッとしました。
文章ではなかなか分かりにくいですよね・・・。
実際、この本でも修正を要する箇所がいくつか発生しました。
(たぶん)本日中に訂正箇所をアップしますので、CRKのブログもご覧ください。
また何か疑問が生じましたらご連絡ください!

  1. 2014/06/08(日) 13:11:17 |
  2. URL |
  3. 靴屋の大グマ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/398-07af4176

Profile

midori nishida

  • まとめ