FC2ブログ

’14/トルコ−6

6-ボドゥルム(2)

いよいよ日本文化祭が始まります。
ワークショップ組は、坂の上のレストランが会場。準備中の一部をご紹介。

書道はエキンとスメイヤがお手伝い。
DSCF8357.jpg
特訓中ですが、上手ですねえ。

木目込み。
DSCF8351.jpg
講習は貝の根付を作ります。アシストしてくれるエジェは、去年も手伝ってくれました。

絵手紙。
DSCF8360.jpgDSCF8358.jpg
セリメは初めての絵手紙におかあさんへ感謝のメッセージを。

私と弘子さんの折り紙組には、エルハンという強力な助っ人が。
彼はYouTubeを見ながら、パーツを組み合わせてスワンなども作ってしまう折り紙好きです。
DSCF8363.jpg
DSCF8350.jpg
窓には家・蝶・鶴を飾りました。
私は旅行寸前までギャラリーでの展示会があったため、準備不足を見兼ねて芳子さんがたくさん折ってくれていました。友はありがたい!

テラスでは、その他,茶道、華道、ご縁亀。

午前中は会場で準備をし、昼、全員にサンドイッチとジュースが配られましたが、若い人に食べてもらうことにして、坂下のマックで腹ごしらえ。
DSCF8354.jpg
箱がかわいい

2時からいよいよワークショップ開始。
老若男女が入れ替わり立ち替わり折り紙を楽しみに訪れてくれました。忙しかった〜
20140608_155305.jpg
小さい子には家や蝶、奥様たちには香箱、希望する方には鶴など、臨機応変に。
シモジマや100円ショップで購入してきたドットとストライプの両面折り紙は家や飛行機にするとかわいいし、両面和柄の紙は香箱が美しいと好評でした。

前夜は町の中心に作られた特設舞台で開会式。ボドゥルム市長代理、イスタンブルから来てくださった日本領事の福田様、石本さんのご挨拶。
その後、アンカラ大生による元気なソーラン節
町に響きわたる和太鼓「大太坊」の演奏はさすが! 私はいつもトルコで和太鼓に感動します。

DSCF8347.jpg
もう一つの和太鼓グループは華やかな「蓮」。文子さんの桶太鼓が破れるというハプニングがありましたが、慌てず騒がず裏返してにこやかに続けて偉い!

武術は技の型の披露
20140607_210505.jpg

ホラネロのお二人によるフルートとギターの素敵な演奏。尺八も紹介されました。
進さんの歌with華岡さんのフルート
トルコ語の歌には聴衆も口ずさみ、やんやの喝采でアンコール!でした。

私たちは和服で参加。和服着用は義務ではないのですが、着物を着ているだけでも、珍しがられ、興味を持たれ、話しかけられ、写真を撮られ、文化交流の一端となります。

-----
一昨日のサンイデーには、講習風景の撮影や、インタビューなど、某媒体の取材が入りました。受講されたみなさま、快くご協力いただきありがとうございました。掲載が決まったらお知らせします。




スポンサーサイト






  1. 2014/06/23(月) 08:25:58|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/410-a8074e16

Profile

midori nishida