FC2ブログ

オヤとケセ

ワサビ・エリシの講習に来てくださっているWさんは、イーネオヤも作られるし、アンティークの素敵なオヤをたくさんお持ちです。先月、一部を持ってきて見せてくださいました。

花嫁さんのゲリンタシュ(ティアラ)
20141127_125819.jpg

20141127_125900.jpg
花芯には銀紙を使っています。シガラオヤといって、タバコの銀紙を使うオヤです。
現在のように、ペップやビーズがない時代の、女性達の工夫ですね。

花婿さんのパラケセ(コインケース)
20141127_125711.jpg
結婚式に招かれた親戚や近所の人は、花婿の胸につけられたケセにご祝儀金を入れたそうです。

ケセは小袋のことで、トルコの博物館ではたいてい、オヤの他、編み込みニット、レース編み、刺しゅうなどアンティークのケセが見られます。↓は今年の5月に行ったエディルネの博物館に飾られていたものの一部です。
パラケセ-3
パラケセ-1
パラケセー2
パラケセ−4
自分や家族の者が日常持つ品なので、お守りの意味も込めて手づくりしたのでしょう。

今月のワサビ・エリシでの講習会は、かわいいベリーをバスケットにつけます。
ベリーは今までで一番人気の高いデザイン。
18日(木)10:30から。まだ少しお席があるようです。
スポンサーサイト






  1. 2014/12/13(土) 15:08:27|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/471-48b498e0

Profile

midori nishida