ニードルワーク・ツール

友人がプレゼントしてくれたのは、いかにもアメリカンなシンブル。
DSCF9041.jpg
我々世代には懐かしい「ルート66」ですって!

シンブルが好きな事はたびたび書いていますが、このシンブルドームには、陶製、ガラス製、皮製、金属製・・・マイセンがあるかと思えば、浦安のディズニーランド土産など、脈絡なく飾っています。友人達から外国旅行土産にいただくことが多く、おかげさまで数も増え楽しんでいます。でもコレクターになるつもりは毛頭なく、決して催促ではありませんからね。

シンブルだけでなく、ニードルワーク・ツールが好き。
ニュージーランドで購入したドングリのミニソーイングケースとニードルケース。
DSCF9051.jpg
ニードルケースは講習用のバッグに入れて便利に愛用しています。

イギリスで購入したシンブルケースとニードルケース。
DSCF9056.jpg
トップに丸カンがついています。
もちろん、なくさないようにチェーンで首から下げてもいいのでしょうが、私はしていません。
エリーちゃんのシンブルなら可愛いけれど、このケースはゴッツイもの。

日本でみつけたアンティーク風のピンクッションとトルコのピン。
DSCF9054.jpg
きれいなマチ針!と思ったら、スカーフを止めるためのピンでした。

手芸好きの方ならよくご存知、サジューのお針箱から糸巻きとメジャー。
DSCF9050.jpg
メジャーは布製。ケース上のつまみを回して収納します。
糸巻きは、たぶん糸より高価なので使っていません。撮影の小道具などの勝負糸巻きにするかな。

珍しいのは、友人の南米土産の棒針。
DSCF9053.jpg
サボテンの棘で、土産物屋のおばあさんが使って編んでいたので譲ってもらったそうです。
固くて滑りもよく、編みやすい。
素朴な手づくりの原点を見る思いがします。
スポンサーサイト



  1. 2015/02/12(木) 13:49:19|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/490-d86a66d2

Profile

midori nishida

  • まとめ