雫ネックレス

穏やかな良いお正月でしたね。

スケジュール的に1歩先を行くヴォーグ東京校では、”雪溶けの雫”をアレンジしたネックレスを作ります。
雫ネックレス
両サイドにビーズ3つずつの直線的なトルコのボンジュックオヤがあります。”電車の線路”と名付けられたモチーフです。今回はそれをアレンジしたもの。
マガ玉ビーズがぶら下がる形なので、短めに編んでから両脇に金属のチェーンをつけます。チェーンの長さはご自由に。

ワサビ・エリシでは、コンペイトウのネックレス。
20160105_123436.jpg
去年、ポルトガル旅行をした友人からお土産にいただいたコンペイトウと一緒に撮影。
そういえば、カステラとともにポルトガル伝来のお菓子と習いました。
直径6、7mmで、日本のコンペイトウよりずっと小さい。バニラの香りがプンプンして、甘さも色も外国っぽいです。
以前にも書いていますが、トルコのオヤでは”レブレビ”といってひよこ豆がモチーフ名になっています。
もし、コンペイトウをトルコの人が知っていたら、こちらの名前を採用したかもしれませんね。

スポンサーサイト



  1. 2016/01/05(火) 13:27:38|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/587-ddd4317b

Profile

midori nishida

  • まとめ