ワサビ・エリシで樹氷

なぜかワサビ・エリシの木曜講習日は雨が多い。
店舗の隣にギャラリーがオープンし、その2階が講習用スペースになっています。
白い”樹氷”のネックレスを作っていただきました。
Wさんは帰宅されてから完成したネックレスの写真をFBにアップされたので、お断りして拝借。
13700083_943500522427985_5882993177466099772_n.jpg
ほんの少しラメの入った糸と、スリーカットのビーズがキラキラして、樹氷のように見えます。

くさり編み→前のビーズの間に引き抜く→ビーズをまとめる→くさりをくるむようにこま編み
ほとんどこの動作の繰り返しなのですが、頻繁にモチーフを返すのが、初めての方には判りづらい箇所のようです。

来週の水曜日(27日)は、もっと簡単なラリエット。
散歩道
こんなつけ方もできます。
20160722_091515.jpg

定期講習を開始する時は、たいてい初回のアイテムに選んでいます。糸や針が太めなのと編み方が単純。何より、どんな服にも合わせやすく、身につけるのも楽。最近、首の後ろでネックレスを留めるのに時間がかかるようになりました。私の年代の方々は「そう、そう」と頷かれていらっしゃることと思います。

初心者の方、まだ作っていない方は是非ご参加ください。席に余裕があるそうです。
電話:03-6379-2590
来月は
トウモロコシのバスケットを第3木曜日(18日)
サヤエンドウのバスケットを第4水曜日(24日)
※サヤエンドウのほうが簡単です。

昨日のティータイムはカランフィルのお茶にロクム。
カランフィルはカーネーション、ロクムは世界的にはターキッシュディライトの名で知られ、トルコの代表的なお菓子です。食感はゆべしのよう。色々な味があるのですが、私の好きなピスタチオでした。
Wさんは、つい最近トルコに旅行に行かれたので、そのお土産を皆で美味しくいただいたのです。
あの、クーデターの2日前に帰国。本当に無事でよかったです。

自宅でお茶を撮り直し
20160722_090737.jpg

カーネーションが水中花のように開いてきれいです。
食用に栽培されている花なので、殺虫剤など散布されているかもしれないカーネーションで試してはいけないと、植物に詳しいKさんのご忠告でした。今度、カーネーションの花をドライにしてみようか、と私の心を見透かされたかのよう。
下に敷いたのは、お土産にいただいたトルコのタオル。
白いタオル、クロスステッチ、イーネオヤ・・・これはもったいなくて使えません。

Wさんはこんな方です。お顔を出してよいか、お断りするのを忘れたので、、、
20160721_122316.jpg


スポンサーサイト



  1. 2016/07/22(金) 10:30:12|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/644-ad522f6d

Profile

midori nishida

  • まとめ