FC2ブログ

ハートとさやえんどう

昨日は新宿トルコ文化センター
毎月2回めはテーマだけ決め、編み方は皆同じにしますが、材料や何を作るかは自由。

”ハート”の参考作品として私が持っていったのは、ジーンズ。
20160823_133719.jpg
ラメのレース糸に丸大ビーズ。ジーンズにはこのくらい大きいモチーフでも大丈夫。
Kさんはいつもオヤ糸でしっかり編むので、この大きさの差!

20160824_084353.jpg
縫いつけが嫌な人は、こうすれば編みつけられる、という例として白いビーズレースを実演しました。オリムパスの金票と丸小ビーズを使用。
素材の薄さと布のヘリという位置条件が合えば、編みつけも可能です。
反対側は黒いビーズレースをつけてみようという妄想を抱きながら、また編みかけを増やしてしまいました。締め切り期限のない作品は後回しに。後回しがどんどん増えていくー。

今日はワサビ・エリシで”さやえんどう”のバスケット。
テントウムシのボタンをおまけにつけました。
20160824_113146.jpg

ワサビ・エリシでは、ちょうど今日から9月12日(火)まで
「目に麗しい『旅する本屋 古書玉椿』展」が開催されています。
珍しい手芸関係の古書が大集合。手芸百科や世界の刺繍、レース、ニット、フェルト・・・
手芸好きな方々、必見ですよ。

珍しいトルコの刺繍の本があったので購入してきました。かなりレアもの。
20160824_182744.jpg

オヤのことは出ていませんでしたが、伝統的な刺繍の写真と解説(ただしトルコ語)満載。
20160824_182624.jpg
20160824_182437.jpg
↑マラシ・イシという民族衣装によく使われている刺繍です。

来月発売される『縁飾り(オヤ)の見本帳』(髙橋書店)の取材で、昨年トルコでこのような刺繍をたくさん見てきました。掲載する写真に説明をつけるために勉強しましたが、今回、この本と出会ったのも運命。もっと深く勉強しなさい、ということでしょう。トルコ語もね!



スポンサーサイト






  1. 2016/08/24(水) 20:23:01|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/653-44334ffd

Profile

midori nishida