見本帳のトルコ語

『〜トルコの伝統手芸〜 縁飾り(オヤ)の見本帳』(髙橋書店)
石本寛治・智恵子著 
もうすぐ書店にお目見えします!
アマゾンなどでのネット予約も始まっています。
よろしくお願いします m(_ _)m

本では紹介しきれなかったアイテム、gelin tacı(ゲリンタジュ)。
ゲリンタジュ
(クリックすると倍の大きさになります)

gelinは花嫁、taç(タチ)は王冠。つまりティアラのことです。
今でも花嫁が頭につけることが多く、手作り品が販売されています。

ーートルコ語の勉強ーー
çはチ、cはジ、点のないアイıは軽くウと発音。
タチがなぜタジュになるかというと、二つの名詞が一緒になる(複合名詞)と、前の名詞につくという意味あいで語尾にiがつくのです。
トルコ語には母音調和があり、そのルールで、語尾の直前の母音が
e,i →i
ü,ö→ ü
a,ı→ ı
u,o→ u
さらに、なぜ
çがcになるかというと、子音調和があり、
ç,k,p,t,nk
で終わる語に母音がつくと
c,ğ,b,d,ng
となります。

わー、面倒くさい!!と思われるでしょう?(飛ばして読んだ方も多いのでは?)
でも、1本(っぽん)が2本(ほん)、3本(ぼん)になる日本語と比べれば、ルールは規則的。
本は kitap ですが、見本帳→見本の本となると、kitabı になるわけです。
(私とCRK・Cさん間のメールは、それを漢字変換して「北部」でしたが)
トルコ語/日本語の辞書にはkitapはあるけれど、kitabıは出ていません。

モチーフ名は日本語トルコ語併記にしたので、このルールが実にたくさん出てきます。
20160904_113712.jpg
p47、yıldız çiçeği(ユルドゥズ チチェイ)

複合名詞だから最後にiがつく。ユルドゥズは星、花のチチェッキのkがğになる→→星の花!!
星の形をしているわ、輝いているし、と納得。
それが、なんと、なんと、「ダリア」だったのです。
こういうことが解ったのは、イスタンブール在住の智子さんの多大なる協力のおかげです。
でも、中には、純粋に 星の花 と名付けたであろうモチーフもあるはず。

こんなことが頻繁にあって、しかも普通のキーボードにはない文字があり、頭の中は大混乱でした。

ーーメイキングクイズ(1)ーー
20150325_141311.jpg
これは何ページにでてくるでしょうか。
何気ないカットも、こうしてこだわって撮るCRKと大滝さん。
スポンサーサイト



  1. 2016/09/04(日) 11:45:53|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/657-fb6bf93e

Profile

midori nishida

  • まとめ