フラワーブーケの由来

もともとはトルコのボンジュックオヤ。
それの編み方を解明したら・・・くさりのループをこま編みで編み包み、ビーズ2つをつけたら、こま編みでさらに編み包みながら戻る。
レース編みはたいてい、目をすくうのに、ほとんど束(そく)に編むだけでもアバウト好みの私には嬉しいのに、もう1回束で包むとは、、、この技法は新鮮でした。
ビーズを花にし、くさりを茎に見立てたら、花束を大事に包んでいるイメージが浮かび”フラワーブーケ”と命名。
花部分はピンクのランダムな濃淡で、時々葉のグリーンを入れるように、白いラッピングの下に覗く2つのビーズは茎だから緑に。こうしてできたのが、「ビーズの縁飾りVol.3巻』に載せたコレ↓
DSCF0175.jpg

子供のパンツの裾は太めの糸で丸大ビーズ↓
DSCF0178.jpg
着やすいように2段目を省略し、左右のパンツの縫い目で前後を分けて縫いつけました。
DSCF0176.jpg

ビーズをランダムに拾うのは簡単に思えるでしょうが、濃い色が固まり過ぎる?とか考えてしまうのでかえって面倒。しかも下2つは緑と決めたので、7つおきに緑2を入れる。襟ぐりくらいならいいのですが、CRK・Cさんが用意したアイテムで指示されたのはブラウスの前面。(なんでフラワーブーケにしたのか、ちょっぴり後悔も)
DSCF0174.jpg

講習ではビーズ通しにあまり時間をかけられないので、糸通しビーズ1色で。
そのかわりに、編み糸に凝ってネックレスに。
一昨日ワサビ・エリシで作ったネックレス↓
DSCF0181.jpg

以前は、パピーのイリオスで作ったのを講習↓
DSCF0180.jpg
こうして、素材や色を変えることでイメージがかわるのがビー縁の面白いところです。

クイズ
見本帳のボンジュックオヤから同じモチーフをみつけてください。
その名前”ネズミの歯”に笑ってしまいます。
私も見本帳編集に携わって初めてこのトルコのモチーフ名を知りました。もし先に知っていたら、”フラワーブーケ”は生まれなかったかもね。
スポンサーサイト



  1. 2016/09/30(金) 10:20:22|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/665-8a419281

Profile

midori nishida

  • まとめ