FC2ブログ

トルコにおける日本年

2010年もあと2日になってしまいました。
どうしても今年中にお話しておきたいのは、
今年が「トルコにおける日本年」だったこと。

トルコには親日家がたくさんいます。
そもそもは、120年前の事件が発端。
オスマン帝国の軍艦エルトゥールル号が帰国途中、串本沖で台風のために遭難。
587人が尊い命を落としましたが、69人の生存者を漁民が献身的に救助し、
日本から無事に送り届けました。
このことは学校でも教えられ、現在でも日本人は感謝されています。

そして25年前のイランイラク戦争。
フセインが、48時間を過ぎたら、上空を飛ぶ飛行機は打ち落とす、と宣言。
日本の自衛隊は出動できず、民間航空も危険地域には飛ばせられない、と。
イランにいた邦人は出国する術がありませんでした。
そこに、「エルトゥールル号の恩返し」とばかり、
トルコ政府が救出の飛行機を送ってくれたのです。
結果、215名の日本人がギリギリで助かりました。

日露戦争に日本が勝ったこと、トルコの地震に日本が援助したことなど、
エルトゥールル号事件をきっかけに、両国友好の新旧の逸話はたくさんあるようです。

今後も友好関係を続けられるように、もっと日本を知ってもらおうと、
記念の今年は、トルコ各地で、いろいろな日本の行事が行われました。

日本トルコ民間交流協会の石本寛治会長は、日本年実行委員のおひとりで、
今年は5回トルコにいらしたそうです。
そのうちの1回、7月にエレーリとエスキシェヒールで行われた文化祭には、
私も参加しました。文化祭の様子はまたの機会に。

海泡石
今日の写真はエスキシェヒールの特産物で、海泡石の土産物。
海泡石(写真後ろは原石)は、水を吸収させると細工しやすく、
軽いので、アクセサリーに適しています。
特にパイプは有名で、年月が経つと琥珀色になり、味わいが増すそうです。

私のコレクションは、シンブル(指ぬき)。
中央だけは4年前に、観光地パムッカレでみつけたもので、
当時は海泡石の知識もなく、ただ形がなんとなくトルコっぽいと思って購入。
でも美しすぎるので、完全な手仕事の細工ではないかもしれません。


スポンサーサイト






  1. 2010/12/29(水) 23:41:28|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/7-7b976316

Profile

midori nishida