セミの話

夏、真っ盛り、どの百日紅(さるすべり)も、花が満開。
さるすべり
蝉の鳴き声が暑さを増します。
ミーンミーンと鳴く、アブラゼミ
シャーシャーと鳴く、クマゼミ
オオシイ ツクツクと鳴く、ツクツクボウシ
そのうち,カナカナと鳴く、ヒグラシも聞こえるでしょう。

日本語は擬音、擬態語が多いですが、
トルコでは、強いて音を表現してもらうとするならば、
その人が聞いたまま、感じたままの音を言うので、
人それぞれだそう。

セミはトルコ語で「アウストス ボジェーイ」。
アウストスは8月のことで、ボジェーイは虫。
種類を問わず、セミは「8月の虫」。
※トンボはなぜか「クズ ボジェーイ」(女の子の虫)。

トルコの、このおおらかさが、私は大好き!
きっと、アバウトで細かいことにこだわらない(覚えられないとも)
AB型の私の性格に合致するのでしょう。
余談ですが、2人の息子のお嫁さん達も偶然AB。(統計では少ないはずなのに)
私達3人の、正確さに欠ける楽しいおしゃべりに、
Aの次男は、あきれています。
(きっちりしたABの方がいらしたら、ごめんなさい)

2008年にトゥルキャン先生が来日され、講習の助手をつとめた時、
こま編み?と見せながら聞くと、「タマム」(オーケーの意味)、
引き抜き編み?と引き抜いて見せても「タマム」。
どちらでも良いらしいことに驚き、
”教える立場としてはどちらかに決めないと”と、困りました。

「ビーズを寄せてまとめる」のは、くさりの裏山にビーズが入るわけで、
「引き抜き」ではなく、「くさり編み」です。
どちらにしろ、まとまれば良いのですが、講師の立場上、一度は説明しています。
「でも、引き抜くのでしょう?」と、言葉にこだわる日本の方々。

トルコで講習したとき、こま編みと言いながら、やり方を見せても、
引き抜き編みでどんどん編み進むトルコの方たち。(もちろん、逆も有り)
そこは、こま編みのほうがしっかりするから、、、とトルコ語で言えない私、
まあ、いいか! 「タマム、タマム」の連続でした。

8月20日(土)アートブックショップ池袋店で、ビーズをくさり編みでまとめながら、
”森の切り株”を作り、バスケットの縁飾りにします。
(お申し込みは、直接お願いします)
切り株バスケット2

スポンサーサイト



  1. 2011/08/15(月) 08:36:03|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

ミンミンぜみ

残暑お見舞い申し上げます。
事務所の庭の大きな木に今年もミンミンぜみ、ツクツクボーシが
やってきて夏らしい騒々しさの中、日夜働いております。
ところで、ミンミンぜみとアブラぜみは別の種類みたいですよ?
疑問に思って調べてみたらおもしろいサイトを見つけました。
鳴き声も聞けますよ。
http://www.hitohaku.jp/wave/s_semi.html
  1. 2011/08/25(木) 12:57:47 |
  2. URL |
  3. CRKのC #-
  4. [ 編集]

おもしろいサイト、見て聞いてみました。
ミーンミーンと鳴くのはアブラゼミかと思っていました。ミンミンゼミなのね。
それにしても、「八月の虫」にはずいぶん種類がある。Cさん、ありがとう。勉強になりました。
  1. 2011/08/25(木) 15:22:20 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/74-3f438dff

Profile

midori nishida

  • まとめ