モチーフ研究

新宿トルコ文化センターでは、ひと月に2回ずつ講習します。初回は私が材料セットを持って行き、一斉に作る。2回目は、その続きをする方、休んだ分を習う方、新しいモチーフに挑戦する方、スカーフやビーズなど持参でデザインを相談しながら編み始める方など、いろいろです。

すでに、こちらで終わっている講習の中で、
途中から入られた方は、トルコのスパンコールを使った「エルサのポーチ」をご希望。
エルサポーチ
”トウモロコシ”を作りたかった方は↓
トウモロコシバスケット
”パイナップル”の方も。

”ビオラ”を編みたい方は↓ピンクの材料セットですが、、、
20170730_101724.jpg
本と同じDMC12番糸は、本来は刺しゅう用の細い糸なので、編み直すうちに糸がももけてしまう危険性があります。それで練習用として編みやすい金票でワンモチーフを一緒に研究しながら編みました。
金票で編んだ見本は↓
20170725_133749.jpg

DMC12番糸、都内では新宿オカダヤ、浅草橋の神田手芸にありますが、一番色数がありそうな手芸店は八重洲の越前屋さんです。そこにも、ネットで取り寄せる関西のドイ手芸さんにも、さらに大元のDMCジャパンにもない場合、フランスからの船便待ちでしばらくは入手困難。入荷しない場合も。
トーホーギャラリーで行った展示会では、販売用セットとワークショップセットを作るのにとても苦労しました。たくさん入手できた糸があっても、不足の糸のためにセットにできず。
特に、”アプリコット”は、あと1色足りなくて、ベージュがあるだけ小巻のセットにしたら、他の色が糸玉でたくさん残ってしまいました。今ならベージュが入手できるかもしれませんが、、、。
もしこの4色が欲しい方はお申し出ください。
20170730_100732.jpg
”アプリコット”は優しい色合いと、珍しい編み方で大人気。
でも、これも本番前に練習が必要だと思いますよ。

前回の”新種ベリー”は、どの服装にもよく似合って、可愛い!
20170725_134353.jpg
20170725_134342.jpg
20170725_134315.jpg

8月は『縁飾り(オヤ)の見本帳』からフィルケテをします。
スポンサーサイト



  1. 2017/07/30(日) 11:52:10|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/761-79c6dcd1

Profile

midori nishida

  • まとめ