土曜日のミモザ

午前中はヴォーグ横浜校で、夜は新宿トルコ文化センターでミモザのブレスレット。
20171028_184715.jpg

一番下がヴォーグのために作ったセットで、丸大ビーズ31番を使用。
優しいピンク色で年齢や服装を問わずに楽しめます。
糸も針も太かったので、初めて入られた方も時間内にできました。
ビーズ1種を多めに通し、好きなところでパーツを拾う方法や、3連ブレスにしたりマグネット使いで長さ調節など、アレンジをいろいろ提案。

5時から新宿トルコ文化センター。
好きな色の糸で手持ちのビーズや私が用意したスリーカットのPF558で編んでいただきました。
上から4番目は金色のパトラにパールビーズ(カルトラ)2.5mm。
とても上品で、フォーマルドレスでも使えそうですが、ビーズを通したり送ったりするのがやりにくかったとのこと。糸がもう少し細かったり滑らかならこの問題も解決するのでしょうが。
1番と5番は同じ色の糸ですが、ビーズによって糸まで違うように見えますね。
今後、どんな組み合せのブレスレットができてくるか楽しみです。
(チェキする気満々)

新宿トルコ文化センターは途中入会可能。見学もできます。
きれいなトルコランプがいっぱいのサロンに遊びにいらしてください。
なお、土曜日のクラスは時間が4:30〜6:30に変更になりました。

2目だけですが、糸始末の代わりにスレッドーコードを入れたら、スレッドコードの編み方を忘れている方がチラホラ。
糸通しビーズを糸に簡単に移す方法も忘れている方がいらっしゃる。
これらの要素を入れたアイテムを時々しないとだめね、、、とクマさんと話しています。

来月は40番の糸を使うので10号針です。葉っぱに七宝編みが入ります。
はて、七宝編みはどうするのでしたっけね?
20171030_101340.jpg
左は去年ワサビやトルコ文化センター、池袋サンイデーで作ったドングリ。
右がこれから11月にヴォーグで、12月にワサビで作るドングリ。ちょっとコンパクトになりました。
ナザールボンジュウを★に替え、ピンやドングリ、葉のビーズなどをクリスマスカラーに。
ドングリの周囲に金糸を巻くので、袴のサイズも大きくなります。
これからしばらく私は、このセットとビーズアートショーのドングリセット作りに追われます。

トルコ文化センターではチャイとお菓子を出してくださいます。
20171028_173725.jpg
ゴマをたっぷりまぶした素朴なケーキと、甘いカボチャ。
何がかかっているのかしら?と話しながらおいしく完食。ゴマペーストとピーナッツかクルミ?
トルコでは甘いカボチャはデザートです。
私が持っている料理本はトルコで購入した日本語版。
カボチャを甘く煮て、クルミを散らし、クロテッドクリームを添える、とありますが、分量がトルコならでは。カボチャが4.5kgに砂糖が750g!!
(影響されやすいので、昨日はカボチャをチンしてゴマドレッシングのサラダにしました)

チェキ!
20171028_190938.jpg
スポンサーサイト



  1. 2017/10/30(月) 11:30:13|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/788-cfc1960b

Profile

midori nishida

  • まとめ