テナライのすすめ

友人がテナライ1回目のブレスレットができたと写真を送ってくれました。
2016_1026oya0001.jpg
ほとんどくさり編みなので、彼女にとっては楽勝!でしたでしょう。
初めての方でもこれなら絶対に大丈夫。

送られて来る初回の材料は↓
point01Photo.jpg
数種類のビーズやパーツ、レース針や糸など、必要な材料や道具が揃っています。しかもビーズトレイや使いやすいビーズ通しがついているのが嬉しい。
説明書を見ながらすぐに始められ、わからないポイントは動画を見れば良いようになっています。

完成したらすぐに使えます。
0919_0112.jpg

その後、毎月、材料セットが送られてきます。
0919_0092.jpg

5回目はスカーフつき。
0919_0089.jpg

以上★マークの写真(撮影/白井由香里)はヴォーグさんからお借りしました。
詳しい内容は以下でご覧ください。
http://school.nihonvogue.co.jp/tsushin/tenarai/lace/oya.html

このスカーフは↓のように着けていただきます。
プレーンなセーターやシャツにネックレスがわりに・・・
挿し色を楽しみたいときに・・・
首まわりが寒い日やクーラーの下で・・・

以前、講習したことがあるスカーフ↓
七宝秋
このオヤは、七宝レースと名付けていますが、どの本にも掲載されていないデザイン。

4月1日に七字良枝先生のさくら染め展で講習します。
さくら染め展七宝レース
草木染めのスカーフにさくら染めのシルク糸で編みます。
1時〜3時が満席になったため、3時半から5時半の回を増やしました。
材料はさくら染め展限定。ライムのスカーフはさくら染めのスカーフに替えることもできます。
参加費:¥5,500(材料込み)、レース針8号使用

お申し込みは
電話:0480-23-1496 
Eメール:info@atelier-yarn.com
の七字先生にお願いします。
桜の枝から10日間かけて抽出した染液でシルクのストールを染める「さくら染め」のワークショプもクラスが増えたようです。詳しくは七字先生のブログ
 www.atelier-yarn.com
でご確認ください。


スポンサーサイト



  1. 2018/03/05(月) 22:29:18|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/822-414c7b90

Profile

midori nishida

  • まとめ