FC2ブログ

トルコオヤ旅−15

チャーバンさんは、”あなたたちのおかげでエディルネは初めて来たがとても良い所だ”とご機嫌。
私たちの買い物に付きあい、荷物を持ってくれたり階段では腕を貸してくれたり。
なにしろ私は片目。石畳の道ではクマさんや誰かしらが手を引いてくれたり、段差!窪み!など声をかけてくれました。

ホテルのオーナーが、「エディルネは良い所だろう? イスタンブールは嫌いだ」と言えば、「僕もイスタンブールは大嫌いだ、イズミールが一番だ」とチャーバンさん。2人して故郷自慢。

1週間一緒に過ごしたチャーバンさんとは、渋滞続きで車線変更&割り込みし放題、クラクションが鳴り響くイスタンブールに戻ってお別れしました。

翌朝からの買出しには智子さんがつき合ってくださって、まずは私たちのパーツ探しにエミノニュへ。
一日中いても飽きない建物。ビーズやパーツ屋さんが集まっています。
IMG_0801.jpg

大判小判がザックザック・・・の気持ち。(実際は大判小判が私の懐から出ていったけれど)
IMG_0805.jpg
例えパーツを100個買っても、もし使うことになれば1ヶ月の講習でほぼなくなってしまう。足りないからといってもまた来て買えるものではないし、同じものがなくなる可能性も大。
でも上手に使えなければそっくり箪笥のこやしに。しかも重い。
材料の仕入れは本当に難しい。

ひとしきり選んで買ったところで、運良く(?)時間切れ。
というのは、金曜日は大きな礼拝があるので、店はその間シャッターを閉めてしまいます。

智子さんがシルケジにあるおいしいピデ(ピザ)の専門店に連れていってくれることに。
途中で、傘をさしてもずぶ濡れになるくらいのにわか豪雨のため、私たちも雨宿り。
雨宿り
エミノニュはボスフォラス海峡沿いで坂下にあるため、道路は川のように。

雨宿りしながらトウモロコシを食べる人も。
モロコシワゴン

私たちは美味しい美味しいピデを頂いた後、布地屋さんへ
布地屋

次は毛糸屋さんへ。
すっかり青空になり、濡れた道路も服も乾きました。
IMG_0840.jpg
スポンサーサイト



  1. 2018/10/09(火) 18:58:55|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/888-8bc47472

Profile

midori nishida

  • まとめ