fc2ブログ

ミュゼ

21日はワサビ・エリシで、23日はユヌスエムレ文化センターで、トルコから来日されたギュリンさんの講演がありました。
彼女はイスタンブールのミュゼ・ショップというブティックのオーナー。オヤのコレクターでもあり研究家。地方の女性たちが自分や家族のためだけに作っていたオヤを収入に結びつけられるように支援し、オヤの素晴らしさを世界に発信しています。
来る3月23日のTBSテレビ「世界不思議発見」でもオヤの話しやクイズを出されたそうです。

また、オヤを現代に蘇らせて素敵なドレスやアクセサリーにしているデザイナーでもあります。
IMG_1746.jpg
IMG_1745.jpg

ギュリンドレス1
IMG_1756.jpg

イェメニ(スカーフ)のオヤは、アナトリアの女性の感情表現で、色によって、モチーフによっていろいろな意味を持っているというお話。『縁飾り(オヤ)の見本帳』でかなり勉強しましたが、まだまだ知らないモチーフや意味がたくさんあり、興味深い楽しい講演でした。

これは「コウノトリ」
IMG_1726.jpg
”こんにちわ、赤ちゃん”のメッセージ

重ねてある下の紫は、クマさんの好きなナス
IMG_1732.jpg

古いヤズマにキラキラしているのは銀線刺しゅうのテルクルマ。黒海に面したアマスラのものです。
IMG_1731.jpg

”カランフィル”(丁子・クローブのこと)
花嫁は丁子を浸したお湯で身体を洗い(香りが良いため)、その後、柔らかくなった丁子は糸を通してオヤに使います。
IMG_1751.jpg

ワサビ・エリシでは3月4日までこれらの展示と販売をされています。
プレゼントに手頃なアクセサリーも。
IMG_1749.jpg
貴重なオヤを直に見られ、入手できるチャンス!

なお、27日(水)10:30から、”ウェイブ”のラリエットの講習をします。こちらもご参加をお待ちしております。申し込みはワサビ・エリシにお願いします。
IMG_1572.jpg

スポンサーサイト






  1. 2019/02/23(土) 22:53:23|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/926-90e48bfe

Profile

midori nishida