チューリップ/キリム

自宅用に購入したトルコのクッション(正しくはクッションカバー)。
DSCF2553.jpg

一昨日、友人たちと自由が丘に行ったら、偶然キリム(織物)の店を発見。
青山にあるとばかり思っていた「キリムズジャパン」が、
ベネチアをイメージした、ラ・ヴィータの中にありました。
店内には、素敵なキリムがいっぱい。
201110171526000.jpg

チューリップ模様の、本物のキリムの写真を撮らせていただきました。
本体はウールですが、チューリップだけは絹で織られています。
滑らかな曲線を描くのは、高度な技術が必要。
上品な絹の光沢、繊細なチューリップでした。
201110171517000.jpg
どこで、どんな出会いがあるかわからない、
カメラは常に持って出るべき、と反省。


店主のSさんが、オスマントルコの王様は大変なチューリップ好きで、
新種をたくさん作らせたというお話をしてくださいました。
チャイグラスも見せてくださったので、後日、紹介します。

所用があり、トルコ大使館に行きました。
(原宿からなら確実に行けるのに、神宮前から見当違いな道を行き、
40分ほど迷いました。方向音痴の不思議)
その後、外苑前の日本トルコ協会でトルコ語の勉強。
月曜日は、すっかりトルコの一日となりました。


スポンサーサイト



  1. 2011/10/19(水) 11:28:05|
  2. ビーズの縁飾り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beadededge.blog119.fc2.com/tb.php/97-c7c06649

Profile

midori nishida

  • まとめ